迫真の演技

書かずにはいられない!

「坂の上の雲」第7回の「子規、逝く」における香川照之の演技。
香川照之の正岡子規

カリエスの痛みにもがき苦しみ這いずり回りながらも「生きていたい」という気持ちがちゃんと伝わってきた。

カメラワークも良いのだろうが本当に胸打たれた。

この1年、NHKに出ずっぱりで常に顔を見ていた感がある。
「剱岳 点の記」のぐっと押さえた誠実な山案内人と対照的な「龍馬伝」のオーバーアクション。
そして今回の短いながらも凝縮された人生を生き抜いた正岡子規役。

歌舞伎界の若様たちが色々物議をかもしているが、市川猿之助はこの子を手離したのが今になって口惜しいだろうなあ。

neko
Posted byneko

Comments 0

There are no comments yet.