栽培キノコを干して調理する

キノコ類は好きだが栽培物しか食べられない。
それらを美味しく食べるにはちょっと干して、余分な水分を飛ばし、香りを増し、歯応えやうまみを増すのがポイントだとか。

「ほうれん草のキノコあんかけ」とあったので早速やってみた。

マイタケをバラして陽に当てる事2時間。
熱した油にニンニクとマイタケを入れ炒める。
いい色になってきたら調味料(オイスターソース、酒各大さじ2・醤油小さじ1・砂糖小さじ半分)を加えて30秒ほど煮る。
水溶き片栗粉でとろみを付け、最後にごま油小さじ1を入れ、茹でて切ったほうれん草にかける。
     ほうれん草キノコあんかけ
キノコ餡をからめたほうれん草は結構な味だった。
しかし、マイタケを干した効果は分からなかった。


同じようにハタケシメジも干したので単独で炒め煮にしてみた。
こちらは良い効果が出たような気がした。
         ハタケシメジ


neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

いも子  

キノコ 鍋に入れる以外は、少しの時間だけ干して使いますが、nekoさんの言われる通り何処がどう違うの・・・と思うほうがほとんどです。

2010/10/30 (Sat) 18:58

neko  

いも子さん こんばんは。

味音痴の自分だから違いが分からないのかと思ってました。
いも子さんにも分からないのが殆どだと聴き、安心しました。

2010/10/30 (Sat) 21:01