父さん、厨房に立つ!

スーパーで買ったのではない里芋が一袋あった。

「どうしたの?何か作って欲しい物があるの?」と訊いたら
「いや、いいからそのままにしておけ」との事。

次の日は冷凍のイカが一杯冷蔵庫に鎮座ましている。

「何に使うの?」と訊ねると
「いいからほっとけ」との答え。

そして知らぬ間に里芋は皮を剥いて冷凍保存されていた。
「ハハーン」と思ったけどそ知らぬ顔をしていた。

プールから帰ったら大きな鍋にイカと里芋の煮物が出来上がっていた。

     旦那さんの作った煮物

「おお、お父さん、やるじゃん!」と早速試食した。

イカの皮は付いたままだが、大きなままの里芋にじっくりと味がしみている。
大いに褒めてからどのように作ったかを訊ねた。

調味料を煮立てた中でイカを少し煮て取り出し、冷凍の里芋を放り込んで煮る。
最後に先ほどのイカを入れる。


というやり方だとの事。

「調べるとあまりにも色々なやり方があるので迷ってしまった」との事だが
「満点ですよ!」と言っておいた。


10年以上前、定年を前にして退職せざるを得なくて鬱々していた旦那さん。
その旦那さんと入れ替わりにパートにで出した自分。
主婦が外へ出るのは結構こぜわしいものだ。
食べる事に関してだけでも、朝自分の弁当を作り(多めに作って残して旦那さんの昼用にした)帰って来て慌しく夕食の支度をするという日々だった。

どれ位過ぎた頃か記憶にないが、夕食の一品を作ってくれているようになった。
嬉しかったので褒めちぎっていたら「ただ今」と帰ると食卓に全て並んでいるようになった。

職場で「どうしても今日中にこれだけはやって欲しい」と言われても夕食の支度をしなくていいので快く残業が出来るようになった。

その頃はまだネットで検索する事は出来なかったのでテレビや雑誌などで情報を得てあれこれと作ってくれた。

アルバイトに出る様になって夕食作りは終了してしまったが、今でも昼食は自分で作って食べているので自分は時間を気にせず出かけられる。

スーパーに行く事も苦にならないようなので、食に関しては自分が先に逝っても何の心配もしなくていいと、あの頃の旦那さんの経験を喜んでいる。


neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

みよ  

男の人がお料理を作れるのは本当にいいですね。我が家も娘一家のことで何日も家を空けても大丈夫になりました。初めはご飯の炊き方だけ教えて、家を空けたのですがのでが、、、、、。

2010/10/28 (Thu) 12:27

neko  

みよさん こんんちは。

昔の姑さんが見たら歎いたことでしょうね。
今では大意張りで公表してます。

2010/10/28 (Thu) 15:34

散歩道  

お料理の出来る旦那様はいいですね。
家も定年になったときに
そんなチャンスがあれば
褒めちぎってみようと思います。

2010/10/28 (Thu) 17:23

neko  

散歩道さん こんばんは。

「おだてりゃ何とかも木に登る」というわけではありませんが、どんなに高価な材料を使おうと、見たこともないような調味料が並ぼうが、ぐっと我慢して教育しましょう!

そうすれば明るい老後が待ってます。(笑)

2010/10/28 (Thu) 18:34

いも子  

nekoさん 我が家の主人にも見習って貰いたいのだが、こればかりはとんと駄目です。

定年退職してからずっと掃除機を使い掃除だけはしてくれていますので、何の文句も言えません。

でも、先日豆アジの南蛮漬け作ろうと思ったら、揚げるのは要領を教えてくれたら自分がするから、外の野菜準備やあわせ酢の準備をしたらと手伝ってくれました。
揚げた数も半端ではなかったですけど・・・お陰で予定より早く作り終えました。

自分で作って食べる事はしないのですが、出かけるにいたっては、心配しないで出かけられるようになりました。(コンビにも近いですから)

2010/10/28 (Thu) 19:13

neko  

Re: タイトルなし

いも子さん こんばんは。

> 定年退職してからずっと掃除機を使い掃除だけはしてくれていますので、何の文句も言えません。

そりゃそうです。

> でも、先日豆アジの南蛮漬け作ろうと思ったら、揚げるのは要領を教えてくれたら自分がするから、外の野菜準備やあわせ酢の準備をしたらと手伝ってくれました。
> 揚げた数も半端ではなかったですけど・・・お陰で予定より早く作り終えました。

あの沢山の時ですね?
やさしい旦那さんじゃありませんか。ご馳走様!

2010/10/28 (Thu) 19:39