古い古いメモノートその2

中学生の子が生まれてないような昔の事が書いてあるメモノート。

今回はスイミングスクールでの練習の具合や注意された事などが書いてある。

1987年8月にスクールに入校したとある。
(内職の途中に大忙しで出かけ、そっこうで戻って又仕事をしたものだった。)
しかし最初の3年間の記録はない。

3年近くかかってようやく上級クラスになった。

ある年の5月6日

アップ            100
クロール プル+キック    50×4
クロール50+ブレスト50  500連続(泳げたが前の人より50m遅れ)
バックのキック         50×3
バックのスイム        50×4 (肘を残してプルをする事)
ダウン             25

とある。
この日はバタフライがなく、持久力アップが念頭に置かれていたようだ。

他の日の注意事項では
バタフライにおいて
 ① 腰が落ちている
 ② キックとか片手バタでお尻を上げる練習をするとよい
 ③ 呼吸をするのに頭が立ちすぎる。前へ出す感じを掴むこと
等も書いてある。

そういえば水中カメラで映像を撮り、それを見ながら注意事項を指摘されたこともあったっけ。
(おお!トドがあばれているの図)

15年後の今ではそんな注意事項は何処へやら、ただ前へ進みながら泳いでいるだけになってしまった。
バタフライなんぞしようものなら即足が攣ってしまうだろう。

その頃のメンバーの中で今もスクールに入って練習されている人が2人みえる。
またスクールは辞めたけど泳ぎに来ている人は結構多い。

「あの頃は若かったねえ。今じゃもうちっとも泳げんわ」などと言いながらもボチボチ泳ぐのである。
戦友のような感じの仲間かな?

neko
Posted byneko

Comments 0

There are no comments yet.