不作です!

昨年自家製玉葱から種を採り、秋に蒔いて苗を作り植え替えし、やっと収穫時期を迎えた玉葱。

はっきり言って不作である。それも超が付く。

まともなのは30本位で後は小さいのやらとう立ちしてしまったのやらと言う散々な結果となった。

原因は
① 苗が悪かった。これが最大の元凶であろう。
  100本の苗を作りたかったのに、まともなのは60本しかなく残り30本は小さな苗だった。
② 肥料が適切でなかった。 ぼかし肥料を最後にやる時期はちゃんとしたが、その他は?・・・

         栽培メモ

半年を経てひとまずこれだけ収穫した。(もうちょっと大きくならないかと残してあるのもある)
          玉葱まず30個

極、小さいのと、とう立ちしたのをコンソメスープで煮込んで食べよう。
沢山収穫できたらこれらは廃棄処分の対象になったものである。
食べてやればこれらも成仏できるだろう。

小玉葱子玉葱を煮る


種を採ろうと準備中だ。
今年はもっと沢山の苗を作って、来年の初夏には高笑いできるようにしたいものである。(鬼と一緒に)

neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

いも子  

 おはようございます。

不作もあれば豊作もあります。
来年のための勉強になったと思えばそれで良しとしましょう?(えらそうな事をいいました。)

2010/06/08 (Tue) 09:18

みよ  

そういうこともあるさ。ですね。
私も1月に追肥をやり3月になってちょっと痩せていたので、いもまめ専用の肥料をやりました。
いい色になってきたので喜んでいたら5月になりぽつぽつとうが出始め抜いてて食べていました。これでいいかなーと思っていたらだんだんひどくなり毎日毎日嫌になるくらい抜いて皆さんにわけを話し食べたもらいました。どうしてとうは立つのだろうか?

2010/06/08 (Tue) 10:51

neko  

いも子さん

おっしゃる通りです。
雨の日もあれば晴の日もあります。
又来年を楽しみます。

2010/06/08 (Tue) 20:02

neko  

みよさん こんばんは。

10%のとう立ちは普通らしいですね。
子孫を残したいと思っているとか?

あちこち調べると余計に分からなくなってきました。
しかし我が家は肥料が不足していたようです。

2010/06/08 (Tue) 20:08