nekoの日記帳

Archive2020年02月 1/1

未練の河津桜

伊豆の本場の河津桜は落花盛ん~葉桜らしい。一宮市の桜を二ヶ所見に行ったけど片方は遅かったし、片方はまだつぼみだった。今年の事はもう仕方がないと思いつつもまだ未練があり、車で15分くらいの岐阜市の公園へ乗せて行って貰う予約をしておいた。スポーツクラブはあまり長居はせずに帰ろうと思いスマホを見たら、Kさんから「図書館が明日から3月15日まで臨時休館だよ」と知らせて下さっていた。「用意できた本があります」と2...

  •  4
  •  -

無水エタノールと精製水で

3月1日開催予定だった公民館まつりはなくなった。(中止で参加賞を貰った)図書館では前回行った時にはもう入り口やカウンターにアルコール消毒液が設置されていたし、返却の本は外側はアルコールで拭いているとあった。プールにもあちこちにアルコール処毒液が設置されている。しかし、クリニックはなにもなかった。スーパーへ行ったけど入り口出口に何も設置されていなかった。外出から帰ったらすぐに手洗いを丁寧にすべきなのだ...

  •  4
  •  -

暖かいので気になった

風は強かったが気温は高く、背中に陽が当たると暑いくらいだった。工事現場で大きなクレーンに見とれる。横目で見ながらだと転倒するといけないので下りて口を開けてぼーっと眺めた。この暖かさで開花はどこまで進んだか?三重県のいなべ梅林の様子をライブカメラで見た。「うひょうー!」である。ここへは行きたいから、焦ることはないがのんびりし過ぎていてもいけないな。玉ねぎを使って二種類仕込んだ。酢玉ねぎは酢を一度沸騰...

  •  4
  •  -

走り回ったのちテレビと本読み

午前中はアッシー君も頼んだりして駆け巡った。毛染め・プリンターのインク・日用雑貨・土肥料など重いものなどあったので、あちこちとまとめて乗せて行って貰った。その後のクリニックは自前の足で行って来た。午後は録画ドラマ 若き日の「刑事モース」の最新版を2本観た。何年ぶりかのモースは1969年の話だった。(アポロが月面着陸をテレビで放送している場面があった)誰かが殉職し何やら責任を取らねばなくて署長は交通局へ...

  •  4
  •  -

スリッパよ何処へ&記念日

まだ娘夫婦が居るうちに父さんが「俺のスリッパがない。誰か間違えて履いていないか」と言い出した。残りの3人、自分の足元を見ても違う。「おかしいなあ。」と言いつつ皆でソファーの下までのぞき込んで探したけど見つからない。「気味悪い」などと娘は言いつつ帰って行った。夜、探していたスリッパが出て来ていた。いつの間にやら黙って出て来ていた。翌朝、「ねえねえ、どこにあったの?」とチコちゃん風に尋ねたら「縁側に干...

  •  7
  •  -

起きて来ないので・・・

土曜の夜はお話会が続いていたけど「お先に失礼」と一番に寝てしまった自分。日曜日の朝はなんと9時近くまで寝ていた。10時過ぎに起きてきた娘に「あれとこれがある」と言って自分たちのご飯の用意はさせた。二人で食べていたのはいいけど父さんが起きて来ない。心配で生きているか手をかざして確認する始末だった。昨夜は1時過ぎまで起きていたとかだったので起こさずにそのままにしておいた。このブログを綴っている12時過ぎにも...

  •  4
  •  -

寒かった雨の日

朝から雨の土曜日。父さんは法事へお出かけ。娘夫婦が来るというので掃除をいつもより丁寧にしたあとは夕飯づくりに勤しんだ。白いご飯を炊く前に冷凍の栗をいれたおこわを炊いたがちょっと硬すぎたので蒸し器で10分程蒸した。(「切り取り&スケッチ」のフリーフォームで切り取った画像)顔を見てからの焼き物や炒め物は準備だけしておいた。正月以来の筑前煮。これは事前に煮て置けた。玉ねぎソースなる物を作った。油をどっさり...

  •  4
  •  -

足がつった

なぜか原因は分からないのだが足が攣った。それも最初のレッスンのヨガの時に足の指・足の裏・ふくらはぎ・腿の内側など順番ではないのだが「イテテ」。なぜ、足がつるのでしょうか。そのメカニズムはまだよくわかっていませんが、病気などの直接的な原因がない場合、有力な要因の1つが「電解質異常」です。電解質とは、主にカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど血液中にあるミネラルイオンのこと。これらのミネラ...

  •  8
  •  -

自転車保険

朝、新聞に載っていた。「お前さん、入っとるやろうな」と以前に言われて「入っとるよ」とは言ったが改めて見てみた。あれー。とっくに期限が終わっていた。自動車と同じで1年間の保険だった。この保険は対物や自身の怪我は駄目らしいが、店へ行って点検をして貰って次の1年間の保険に入っておかないとまずいなあ。...

  •  4
  •  -

椅子ごと転倒

パソコンはキャスター付きの椅子に座ってする。狭いところなので何か取ったりする時も座ったままキャスターごと動く。鉛筆を削ろうとして手を伸ばしたがお尻の方がついて行かなくて「あ、あ、あ」と言いながら椅子ごとひっくり返った。すぐそばに色々あるのにどこも触らず(頭も打たず)ずるずると横倒しになったのだった。まことにラッキーとしかいいようがない。横着をせずに自分の脚で移動しようと思った。このブログにもよく登...

  •  10
  •  -

白い朝だった

天気予報通り雪が降ってほんの少しだけど積雪があった朝だった。ごそごそと台所仕事をした後は(大根の漬物の下漬けや蒸し大豆の用意など)パソコン部屋でストーブを背中にしょってあれこれ。朝な夕なに手元に置いて読んだ『カッティング・エッジ」。リンカーン・ライムシリーズの14である。ハラハラドキドキ、「やられた」「えーそんなあ」と楽しませて貰った。アンソニー・ホロビッツの「シャーロックホームズ 絹の家」が待って...

  •  4
  •  -

試し読み

えらく難しい題名の本を紹介して貰えた。矢野 隆「源匣記 獲生伝」難しそうな本なのでネットで見てみた。題から来る感じよりは読みやすそう。25ページで「ハイこれまで」となった。図書館検索したらなかったので次回に行ったらリクエストしておこうかな?もうすぐ順番が回った来そうな「熱源」こちらもチラッと覗いた。名前に苦労しそうだあ。「三冊ご用意できました」との連絡あり。本に追っかけられている感のこの頃である。...

  •  6
  •  -

曜日がわからなくなった

朝から雨ふりであった。起きる前から寝床の中で本を読み始め(ジェフリー・ディーヴァーの『カッティング・エッジ』)遅くに起きた。洗濯もせずにパソコンの前へ。14日にプレゼントしたチョコレートのおすそ分けが来た。それを食べながらヨガの動画を見ていて思わず笑ってしまった。おそらくこの方のお子さんなのだろう。可愛すぎる。(画像クリックでユーチューブへ飛びます。)午後は胸キュンとする恋愛映画を観た。「イングリッ...

  •  4
  •  -

白菜・白菜・白菜

随分前の「ためしてガッテン!」をあらためて観て白菜のお好み焼きを試してみた。白菜の中の方の上部の柔らかいところを刻んでお好み焼きのように焼くだけのもの。テレビで言っていたふんわりと柔らかいかを目的でやってみた。確かにふわふわだった。葉を半日ほど日に当てた白菜の下部の軸の部分で2点。「これ何~んだ」と言ったら「タマネギやろ」との答え。「玉ねぎ切ってこんな四角になるかね」白菜だと知って頭をかしげていた...

  •  4
  •  -

「ソロモンの犬」と「竹林精舎」

玄侑宗久の「竹林精舎」を勧められた。ネットで検索したら道尾秀介の「ソロモンの犬」の登場人物を使って書いたと玄侑氏も言っている。ので両方借りて来て、まずは「ソロモンの犬」から。うーん。4人の男女の青春物語という感じなのだが自分としては丸はつけられなかった。「竹林精舎」は東北震災の後、出家した若者の生活や気持ちなど描かれていてこちらは良かった。ソロモンの犬の4人の名前は少しは変えてあるが、前の話はそのま...

  •  8
  •  -

河津桜を求めて

本場の伊豆での河津桜見物は流れたのでせめて一目でもと近場へ出かけた。12日の午後から愛知県一宮市へ。まずは萬葉公園へ。早かった。ならばと同じく一宮市の大野極楽寺公園へ。遅かった。暖かいからと急遽出かけたが残念だった。13日も暖かかったので萬葉公園は今日にも満開かもしれない。心がけが悪かった?私です。...

  •  4
  •  -

宿題をやっと片付けた

公民館まつりにパソコンで作った展示物を3点以上提出が宿題になっている。目新しい事は何もできなくて、毎日のように公開して下さるいもこさんのテキストをそのまんま使って描いたJTrimの枠づくり画像をペタペタと貼るだけなのだが、これがなかなか出来なかった。迷っているといつまでも出来ないので「エイヤっ」と印刷してしまった。もうやり直さない。もう一つは仲良し掲示板への投稿。課題を貰ってそれに沿って作品を作る。こち...

  •  6
  •  -

映画「グリーンブック」

8日に放映された映画「グリーンブック」を9日に観た。実話を基にした話で、黒人を毛嫌いしていたイタリア系の白人が黒人の運転手兼ボディガードとして働くことになる。旅をする事によってはぐくむ友情などがテーマの作品。一言でいえば自分好みのいい映画だった。映画の最初に登場した時の黒人のピアニストの気位の高い様子にびっくり!あとでわかるのだがロバート・ケネディにも知己がある位知る人は知っている。ニューヨークなど...

  •  2
  •  -

「鶴瓶の家族に乾杯」

「鶴瓶の家族に乾杯」で岐阜版を放映するとの事で忘れないように予約をした。大河ドラマで斎藤道三役の本木雅弘がゲストとあって、プールでも「今夜放送するねえ」とか「本木はいいねえ」などとNHKの宣伝にあい務めた。「シコふんじゃった」可笑しかったなあ。「おくりびと」よかったなあ。などと言う会話もした。12月中旬の撮影だったらしいから、まだ大河ドラマは放映されてはいない時だったのだが流石に岐阜の人は「麒麟が来る...

  •  6
  •  -

強風にもめげず

日曜日はほぼプールへは行かないのだが、バラエティレッスンでハタヨガがあるので寒くて風もあったけど行くことにした。普段よりスタート時間が遅めなので、出かける前に大根の塩麹漬けの本漬けをした。塩麹がなくなったので仕込んだ。シチューも八分どおり煮て準備した。自家製タマネギが終了した。(あとはとろとろ玉ねぎとみじん切りのが冷凍室にあるのみとなった)ヨガやってサーキットトレやって泳いで歩いて終了。(空いてい...

  •  6
  •  -

流石に萎れた

冬だというのに咲いていたラベンダーだが先だっての氷点下の寒さには流石に負けたらしい。葉の色も茶色になっている。暖かくなったら植え替えてやればきっと大丈夫だろうと楽観はしてるが。バスツアーをキャンセルすべきか、決行すべきか二日間迷ったが、「エイ!」とキャンセルしてしまった。今回のバスツアーはロープウェーやフェリーや伊豆急など乗り物に変化もあり、運が良ければ富士山も見えるという盛沢山の企画だった。しか...

  •  4
  •  -

よく当たる天気予報

この頃は天気予報は生活に欠かせない。天気の良しあしだけでなく、気温もバッチリ予想してくれる。7日の朝はマイナス3℃くらいとか言っていたのでパジャマの下にババシャツを着て寝た。プールへは完全武装で出かけた。10時頃だったが川の流れのよどんだところは氷が張っていた。張っていない所にコガモたちが集まっていた。フルコースの運動後の帰り道での風景。くだんの工事現場では建物が立ち上がりつつある。その向こうの方には...

  •  6
  •  -

ハムレット的心境

伊豆の河津桜を見に行った事がない。旅行会社からのパンフレットで年末に見つけた。『空・海・列車!3つの乗り物から絶景を満喫 伊豆半島ぐるり周遊!早春の河津桜と7つの花めぐり 2日間』【大垣・モレラ岐阜・岐阜出発】出発は3月2日なので例年なら桜も大丈夫だと思い、1月半ばに申し込んだ。2月になって桜や梅の開花状況を見たら・・・「うへえっ、もう咲き出してる」「今年は早い開花です。早めにお越しください」だって。河...

  •  8
  •  -

レース布のタッセル

残ったレースでタッセル13本を縫った。すぐ縫えるだろうと甘くみていたが結構時間がかかってしまった。レースカーテン騒動記もこれでやっと終了した。暮れの紅白でたまたま観た(聞いた)、朝のドラマ「スカーレット」の主題歌になっている歌を聞いて「素晴らしい」と思った。穴窯で器を焼くようになって薪の炎の映像で主題歌の「フレア」が活きて来たと思うようになった。5日の放送でもそうだった。...

  •  6
  •  -

カーテン再生と実写版「キングダム」

午前中は畑の草取りをし、午後からは寸法を間違えたカーテンの丈を詰めて二階の窓用にとミシン仕事をした。掛かっていたレースカーテンは1、5倍の既製品なのでフックの数が合わない。予備用にと買って来てあったのを父さんに入れ込んでもらい無事に一ヶ所だけだけど新しいカーテンになった。レース用のタッセルを切り落とした布で作るため裁断をした。引っ掛ける紐がないので百均の手芸コーナーで見繕って来たが縫うのは翌日にす...

  •  4
  •  -

やっと閉まったカーテン

大チョンボして頼み直したカーテンがやっと掛かった。今度はちゃんと閉まった。ちょっぴりだけどプールで節分の豆を貰ったので、二人で食べて節分行事は終わった。立春に合わせたように玄関先でやっと金色の花が咲きだした。...

  •  4
  •  -

明智光秀の関連本「岐山の蝶」

大河ドラマの「麒麟が来る」の明智光秀は生まれも育ちも「とある」という類しか分からない人らしく、「あそこで生まれた」「この系統だ」と諸説いっぱいあるからドラマにはどうにでもなる。同様に光秀と従妹だと言われている道三の娘の帰蝶。この人も道三の娘であることは確かで、信長に嫁いだところまでは本当らしいが、その後どの史記などにも登場していないので消息は不明。(大河ドラマでは最初に土岐氏に嫁いでいる)だから小...

  •  4
  •  -

知らぬとはいえお恥ずかしい

ガーリックソルトとハーブソルトなる物を買った。それを最初に使った時。蓋を取って振っても何も出て来ない。「何だこれは。」ともう一度振った。出て来ない。よくよく見たら「ミル付き」とあった。「ガリガリ」とやって使うのね。「ガリガリ」とその場で使うのは煎りゴマを擂るのしか使ったことがない。知らぬとはいえ、80歳目前にしてお恥ずかしい話である。前日の大根スープにはハーブソルトを振った。お試しで食べたべったら...

  •  6
  •  -

大根を貰って

「カササギ殺人事件 上・下」をやっと読み終わった。勿論「えー。そんなあ。やられた」という結末であった。しかし、しかしである。上巻では女性編集者が読んでいる原稿をそのまま我々も読む。下巻では編集者が足りない原稿を探し求める探偵役なのだが、本の中の人物と本の作者の話がごちゃ混ぜになりそうだった。ちょっぴり疲れた本だった。農家でない人にリクエストして大根を貰った。(その他の野菜も)自分ちは乏しい本数の大...

  •  4
  •  -