nekoの日記帳

Archive2019年12月06日 1/1

里芋・あくまき・柿

小さい里芋は皮を剥くと中身がなくなってしまう。レンジで蒸して皮を剥き、既製品の甘みそをかけて食べた。飾ってあった鬼ユズの皮を少し削って散らした。 美味しかった。頂いてもう一度その名前を確認した「あくまき」もち米を灰汁で炊いてつくられるのだそうである。生まれて初めて食べた。ねっとりとしたわらび餅という感じがした。腹もちがよい。自宅で柿を栽培している人に教えて貰った。カメムシが大発生して大変だったと・...

  •  9
  •  -