nekoの日記帳

Archive2019年12月 1/1

焼きバナナ

朝食にパンをトーストするときに一緒にバナナを焼く。硬いバナナでも焼くと甘みが増して美味しくなる。しかし、トースターの中へ焼いたまま忘れることがある。自分もそうだが主人もたまにはある。夕方までトースターの中で眠っていることもあった。原因はパンだけ取り出し後でバナナを食べようとするから・・・今日は一緒に取り出した。金曜日に図書館でスタンプラリーの景品を貰った。最近の本にはページに挟む細い紐(スピンとい...

  •  4
  •  -

申し訳ないのとありがたいと思う気持ち

小川 糸 「ライオンのおやつ」恩田 陸 「祝祭と予感」リクエスト本を先週の土曜日に受け取り、木曜日には読み終わった。両方とも重たくなくてさっと読めた。家計簿を購入しようとたまたま書店へ行き平積みにされている本の中にこの2冊もあった。隣町の図書館へ厚かましくも新刊のリクエストを出し、もう読ませて貰った自分。申し訳ない気持ちと本を借りる順番を待つ身を考える。「ライオンのおやつ」は一人、「祝祭と予感」は3...

  •  4
  •  -

干して・干して

渋柿の最初のが干しあがったのを待ちかねたようにまた渋柿を貰った。干す場所はばっちりOK。一緒にさつまいもも貰った。発泡スチロールに保存してあったのと一緒に蒸して干した。干し網が空いているので大根を1本取って来て、ちょっと細めの切り干し大根にした。外側から見ると虫食いだらけの白菜。バリバリと外皮をめくって、めくって・・・まだそれでも油断は出来ないから一枚ずつめくって確認しよう。題して「危険がいっぱい!...

  •  4
  •  -

鬼ユズ

二個買って飾ってあった鬼ユズの一個をジャムにした。皮だけでなく、ワタも使いなさいとあったので一緒に使った。わたでかさが増えたがその分、ぼんやりとした味になってしまった。レモン汁でも足したらよかったかも・・・ ユズ茶にして飲んだらまあまあだった。NHK「今日の料理」で放映された「大根をピーラーで削って調理する」というのは初めてだったから試してみた。歯ごたえが残っていていつもの大根とはまた違う感触...

  •  2
  •  -

驚いたユニクロのセルフレジ

朝食後大根を引いてきてふろふき大根を作るべく用意した。皮を厚く剥きなさいとかなのでそのようし、昨夜から浸してあった昆布を入れたまま大根をコトコト煮る。皮をすててはもったいないのできんぴらにした。その後は懸案事項だった枯れかけて元気がないローズマリーを撤去した。暖かいので引き続き畑仕事(えんどうやまだ残してある里芋の保温など)をし、陽が傾いた頃から買い物に行った。父さんの下着がたらりと伸びてしまった...

  •  8
  •  -

誰が食べた?

2本のサツマイモを蒸して干した。加減を見ているうちにこんなに少なくなってしまった。誰が食べた?父さんは二切れだけ。寒い日が続いた時に覗いて見た紫の折り菜。中心部にはそれでも蕾が・・・花菜も同様に小さな蕾が見える。人間様は「今日は寒い」だの「今日は暖かい」だの言っているのに植物は寒くても黙って成長している。長年通ったスーパー。閉店後、駐車場はあっという間にコンクリートを剥がされていたが、本体も早くも...

  •  4
  •  -

若院へのお茶菓子

昨年の在家報恩講は若院にお越しいただいた。今年の案内状にも新発意が伺いますとあった。ずっと以前から報恩講のお茶菓子は手製の干し柿だったが、今年はスタートが遅れて間に合わなかった。頂戴品の北海道土産の菓子を封を切らずにとってあった。(賞味期限を確かめておいた。)「こけもものタルト」試食して美味しかったのでそれを出した。おいでになる前に昨年伺った名前を確認した。何処へ書いておいた?Excelでの2018年メモ...

  •  6
  •  -

三日連続で

 今年の3月の公民館まつりの時に無料で頂戴したヨーグルトメーカーは我が家で大活躍である。米麹からの甘酒づくり。(頻度が高い)たまに塩麹や醤油麹作成。気温が低くなったのでヨーグルト作成。三日間連続でこの器具が登場して活躍した。通りすがりのおうちの踊り子葉ボタン。見事!我が家は夏に枯らしてしまって直立のが1本だけしか残らなった。...

  •  4
  •  -

家でする唯一のストレッチ

家ではストレッチも筋トレも出来ない。唯一するのが歯磨きをしながらする足のストレッチ。ふくらはぎと足首腿の後ろ側足の付け根もっといろいろやればいいのねえ。又こってりおかずを作ってしまった。豚の角煮。圧力鍋で一度茹で、取り出したものを焼いてから、ゆで汁の一部・調味料と共に大根もいれて再び圧力鍋へ。半熟卵は煮詰める時の最後にだけ。ネギもトロッとなってほっぺたが落ちた。...

  •  6
  •  -

里芋・あくまき・柿

小さい里芋は皮を剥くと中身がなくなってしまう。レンジで蒸して皮を剥き、既製品の甘みそをかけて食べた。飾ってあった鬼ユズの皮を少し削って散らした。 美味しかった。頂いてもう一度その名前を確認した「あくまき」もち米を灰汁で炊いてつくられるのだそうである。生まれて初めて食べた。ねっとりとしたわらび餅という感じがした。腹もちがよい。自宅で柿を栽培している人に教えて貰った。カメムシが大発生して大変だったと・...

  •  9
  •  -

テレビの料理番組から

テレビで冬野菜を使って簡単な料理を作っていたので真似をしてみた。「とろとろ白菜と鶏肉のクリーム煮」二人分で500gくらいの白菜・鶏肉300g・タマネギ半分。鶏肉は塩コショウで下味をつけて置く。とあったが自分は塩麹をまぶしておいた。プライパンにざく切り白菜・細切り玉ねぎ・適当に切った鶏肉を放り込み、バター小さじ2と水1/3カップを入れ蓋をして15分くらい蒸し煮にする。塩コショウで味をかげんし、生クリームを100...

  •  4
  •  -

よく出来ました!

在庫がなくなったので里芋を一株掘った。よく出来ました!遅れていた自家蒔きタマネギをもう辛抱できずに植えた。細々とした苗50本、畑に預け、先に買って来て植えた苗と共に「トップジン」で殺菌消毒をした。遅くにセルトレーに蒔いたものだがこれが収穫出来たらバンザイ!である。...

  •  6
  •  -

今月の月曜日のヨガは

「12月になりました。今月は4回のレッスンがあります。108回の太陽礼拝を4回に分けて行いましょう」とハタヨガの先生の言葉。勿論、最初は足腰など身体を伸ばしたりしてからだが、その後はひたすらに太陽礼拝を繰り返した。下向き犬のポーズの時だけは3呼吸するが、そのほかの動きは吸って吐いての呼吸と共に動く。自分は腕や肩に力が入っているらしく途中でちょっとしんどかった。誰も脱落する事がないまま25回の太陽礼拝を終えた...

  •  4
  •  -

やっとポットから鉢へ ビオラ

最初に買ったビオラはすぐに鉢やプランターに植えたのに、二度目に買ったビオラはなかなか鉢に植えてやれなかった。毎朝、足もとを見ながら「ごめん」と心で謝っていた。たった5株をやっと植えることが出来た。(マトリカリア1株を含む)眺めれば、まだ咲いている花やこれからの花花に、だんだん手をかけなくなった。ま、これも致し方ない。10時に西の川の堤防を南下してコハクチョウに会いに行った。堤防上に3人の男性たちが大き...

  •  4
  •  -

コハクチョウは見つけられず

「西の川にコハクチョウがいる」との情報をいもこさんから得たが、午前に出かける途中ではゆっくり出来なかったので帰りに堤防へ上がった。念の為、教えて貰った付近よりまだ南の方から、自転車を引きながら川面をながめてもカモばかりしか見えなかった。毛色の変わったのが一羽。オオバンだとか。帰宅したらいもこさんがバッチリとコハクチョウをゲットして動画にしてYouTubeへアップされていた。ぽこんとひっくり返ってお尻を天...

  •  4
  •  -