nekoの日記帳

Archive2019年10月 1/2

ポットへ上げる

父さんが栗を拾って来て洗って干してあったのでそれの始末に時間がかかった。かなり虫食いがあって捨てたのも多かったが、きれいにして保存したのと、茹でてから中身を取り出してきんとん(まがい)を作った。たった4個だけどそれなりに美味しい。午後は挿し芽をしてあったカリブラコアが発根したのでポットへ。一人ばえしていたのもポットへ。アリッサムとノースポールはしっかりとした株になったら鉢に植える予定。あとは寝ころ...

  •  4
  •  -

予定では4週間後だったけど・・・

定期の医者通いにプラスして今回は市のすこやか健診(11月末まで)を受ける予定で出かけた。インフルエンザ予防ワクチンの申込書は貰ってあるが次回の定期の時にするつもりであった。受付を済ませて待っていたら「今日、インフルエンザワクチンを接種されませんか」と言われた(勧誘)。「今日はまだいいです」と断れずにうつことを承諾した。ので、健診の採血・インフルワクチンの注射・両膝の注射と体に4回も針を刺された。これ...

  •  2
  •  -

「わ、いっぱい来ちゃった」

リクエストしていた本がなかなか来ないので土曜日にあれこれ借りて来た。夕方メールを開いたら「二冊用意できました」とあり、メールの時間を見たら館を出てほんの10分くらいあとなのである。一週間後にいけばいいやと思っていたら日曜日に続いてメール。結局希望した本は一冊を除いてすべて揃ったということである。嬉しいけどお尻に火がついた感がする。姉の家で食べさえて貰った蒸しパン。真似してみようと黑糖とホットケーキミ...

  •  4
  •  -

自転車で合計19㌔走った

「もしもし、極早生の玉ねぎ苗はありますか?」と開店前のおんさい広場へ電話して尋ねた。「はい。あります」の返事を聞いたら行かずばなるまい。アッシー君はおまつりの交通整理に8時過ぎから出かけていない。帰りは夕方になるだろうからそれまでに苗が売り切れてしまうとまずいと自転車で行くことにした。念のためにグーグルマップで検索し「この道だと側道がある。こちらは確かなかった」など頭の中でシュミレーション。距離は4...

  •  8
  •  -

「岐阜のおきて」ギフを楽しむための51のおきて

図書館でいつもは小説の棚しか見ない自分が何故か他の書棚へ。「岐阜のおきて」という本をパラパラめくって一人で大笑いしたのち、じっくり見るために借りて来た。内容紹介名物が「飛騨牛」だけなんてもう言わせない!日本一勤勉なんて言われるけれど、実は、日本一イカした魅力溢れる県、それが・・・「岐阜県」だ! ! !岐阜県在住者から、今は岐阜を離れている岐阜県出身者、はたまた岐阜に移住を考えている他県出身者まで、この1...

  •  6
  •  -

里芋を一株掘った

9月の芋名月に一株掘った時は子芋はほんの小さなものだった。一か月以上たったのでもう一株掘ってみた。まだ小さいけど大根と煮た。明日は味噌汁の実にしようと3粒残した。いもこさんが「作ってみるかね?」と言って、食用に頂戴された芋の中から下さったのを植えたものである。あと5株残っているので、掘りたての里芋を食べられそうだと嬉しくなった。正月の雑煮用に使いたいと狭い場所ながら二度目の小松菜を蒔いたが、大雨で...

  •  4
  •  -

忘れていたWi-Fi接続

頼まれていた録画のレーベル印刷をしようとしたら「接続されていない」と断られた。新しいWi-Fiルーターにしてから一度も印刷をしていなかったのだ。プリンター本体で手動でやった。無事に「ボヘミアン・ラプソディー」印刷が出来た。「クイーン」も知らないし、フレディ・マーキュリーも知らないけど話題の映画だったので(一年前)観た。フレディ役の俳優、嫌に前歯が出ているけどどこかで見たことがある。ラミ・マレック。名前は...

  •  4
  •  -

ドラマに触発されて読んだ本

No image

「怪談牡丹燈籠」を観ているので図書館へ行って目に付いたのが『圓朝』 奥山景布子著。怪談牡丹燈籠の元の作者の噺家の三遊亭圓朝という人はどんな人だか知りたかったのである。この小説によればだが、圓朝は江戸末期に生まれて明治33年に62歳で亡くなった大噺家。あれこれ話を作り、素で話すだけでなく、舞台装置とか人形を使ったりとか小道具を使ったり(牡丹燈籠を登場させたり)してお客さんの想像をかきたてて興味を増してい...

  •  6
  •  -

今日の料理から

先週大腸カメラのお供に持って行ったNHK今日の料理9月号。(図書館で前日に借りて来た)小説などは頭に入らないだろうと読んでいたのだが周りは空腹の方ばかりだったことに気づいて慌てて隠すようにみていた。今日になってその中からポテトクリームなる物を作った。マッシュポテトのより柔らかな感じ。(バターも少なめだし生クリームをいれてない)昼には野菜たっぷりのパスタとセロリのスープ。ジャンボシシトウの辛いのか混じって...

  •  6
  •  -

セロリ

6月2日に蒔いて8月19日に定植したセロリ。4本中1本は枯れたが3本はネットの中で育ってきていた。久しぶりにしっかりと眺めたら脇芽などがいっぱいある。数本掻きとった。(何せ3株しかないから、こういう採り方を続けるつもり。)そうだ!と思い出した。軟白化。茎を遮光すると白っぽく柔らかいのが取れるらしい。栄養的には劣るそうだが本当に白っぽくなるのかやってみようとビニールを巻いてみた。3~4週間かかるとあった。昨...

  •  2
  •  -

おから炒りと初ぎんなん

珍しく昆布やかつおでだしをとった。大根を煮たのだがその残りがあったのでおから炒りをを作った。(大根は流石に美味しかった)材料は竹輪・人参・しめじとネギという残り物である。味も適当に・・・でも好みに出来た。ぎんなんを頂戴した。時間を置くより早く食べた方がいいだろうとレンジで食べられるようにした。適当な封筒や紙袋がなかったのでクッキングシートを使った。茶わん蒸しの具に使うほかは塩をふって食べよう。虫食...

  •  4
  •  -

不機嫌なトイレ

金曜日の朝、普通に使えていたトイレだったのに午後に帰宅したらリモコン操作しても水が流れない。その時はレバーで流した。使用説明書を見ながらあれこれ弄ってみたが駄目だったので、翌土曜日の朝にとりあえず設置して貰った工務店へ見てもらうように依頼した。プールから帰ったら父さんが「何でか直った」との事。電話してこうこうだと話したがやっぱり一度見た方がいいだろうと午後から来てもらえた。「ビデもお尻もノズルも出...

  •  4
  •  -

Chromeの拡張機能 RSS Feed Reader

Chromeの拡張機能でブログなど更新されたら分かるようにしてあった。それがいつ頃からか表示されなくなったりするようになった。息子に教えて貰ったやり方で以前の登録をしたあったサイトを削除して新しく設定し直そうとしたが、当時のちゃんぺら(これの意味を分かる人は少ないかも)とはやり方が違ってしまっていて悪戦苦闘していた。先だって帰省した時に見てもらってもう一度指導を受けた。方式が変った。以前はすぐに更新が通...

  •  7
  •  -

下部消化管内視鏡検査に付き添う

主人が便での検査を受けたら陽性だったので紹介を受けた大学病院で大腸カメラで検査をすることになった。予約を取って来て「一緒にいってくれるんやろ?」と言う。高齢者が高齢者に付き添ってもどうかなあとは思うけど、一人より二人なら間違いがないだろうと一緒に行った。3年前(と思っていたら2015年とあるので4年前だった)にも同じところで検査を受けているので大体の流れは二人ともわかっている。前夜の食事は「おかゆ...

  •  6
  •  -

あれこれ

秋ジャガイモの発芽がばらばらである。こんな調子で収穫まで行くのかなあ。鷹の爪はどこかで一枝買った物が乾燥できた。バラの花摘みをさせてくれないかなあ。...

  •  4
  •  -

あちこち うろうろ

伸び放題だったバーベナを刈り込んだ。セロリの中に生えていたトマトを鉢に植え替えた。ひとりばえのキンセンカ。花が咲きだしたと喜んだが中心軸に例のごとく虫が入り込んでアウト。つぶしたり、オルトランをふり掛けたりして移植した。セロリがちょっぴり育った。ビーツはまだちいさいまま。セルトレーに蒔いたホウレンソウを移植し、茎ブロッコリーに支柱を立てた。ささやかな収穫物。行ったり来たりうろうろして一日が終わった...

  •  5
  •  -

忘れていた無線ランの設定

Wi-Fiルーターを変えて一週間。機器に設定しておかなったのがドアホンで(まったく気が付かなった)「ドアホンコネクト起動しました」とプールでスマホを開いた時に表示された。以前はそこで誰がチャイムを鳴らされたかを「録画一覧」で分かったのに「接続されていません」といって見れなかった。よく考えたらドアホンの機器に新しいWi-Fiの設定がし直してなかったのだとわかった。機器取付は父さんがやって説明書も保存しているの...

  •  6
  •  -

自転車でぐるりと回った

台風19号は本当に何事もなく済んで我らはほっとした。朝6時に目が覚めて父さんとトイレで鉢合わせ。父さんはもう一度お布団へ行ったが、自分は移動したりした鉢物などをまた戻したりしなければいけないのでそのまま作業に入った。父さんは運動会へは交通安全委委員としていくはずなのに起きて来ないので見に行ったらちゃんと枕元に携帯が置いてあるのにぐっすりとお休み中。カレンダーを見たら8:15集合とあるではないか。「行...

  •  8
  •  -

朝井まかて「落花狼藉」

台風19号、当地はありがたいことに雨風も少なくホッとしながら本を読んですごした。朝井まかて「落花狼藉」江戸の初期、お上に願い出て遊郭として町を形成した人物がいた。その人物の妻になり傾城屋「西田屋」の女将として年月を経ていく「花仍かの」が見た・感じた吉原の話である。最初の遊郭は日本橋付近の人形町。「そこから移れ」と奉行所から命令されて移転した先が浅草寺の裏手の日本堤近く。店の太夫が生んだ子を育て、婿養...

  •  6
  •  -

台風前日

12日に台風が近づくとかなので、11日朝に畑の野菜や鉢花など整理したりしばったり屋内へ持ち込んだりした。その後はいつも通りプールへ行った。いつものレッスンを受け、プールでは歩きながら昨日見た「マディソン郡の橋」の感想を語り合った。こんな古い映画を同じ日に観た人がいて、同好の士だなあと嬉しくなった。食品スーパーは結構な人出であった。いつもの帰り道。帰宅後は前日作ったいもこさん流大学芋をつまみながら「スマ...

  •  4
  •  -

ローゼル、余禄でおやつも出来た

トップ画像にもなっているローゼルを形を残したまま乾燥させることにした。試しに数個作ってお茶にしたら大丈夫だった。ので天気の良かった先週に第1弾を作った。まだ残っている枝に実が大きくなってきたので第2弾を干した。(来年の種を採るのを残して)ジャムを作った時には捨てていたヘタと実を煮だして液を作り砂糖を入れ、ぜライスパウダーでゼリーを作った。「美味かった」の感想に気をよくして第2弾でも作った。今度は容...

  •  6
  •  -

真っ青な空

空をぐるりと眺めまわしても雲一つない青空の日だった。台風が恐い。...

  •  4
  •  -

スマホの不調?

この2週間くらい前からスマホの不調に悩んで来た(ブログを開こうと思っても途中まででストップしてしまったり、天気予報もさっと開かないなど)データ使用量は繰り越しもどっさりあって不足という事はない。タブも(息子に注意されてから)30くらいまでになったら「すべてのタブを閉じる」にしてからっぽにしている。閲覧履歴の削除もしてみた。それでも、いつもではないがネット関係がさっと開かない。Wi-Fiでなく4Gでなら開く。...

  •  8
  •  -

令和元年版 怪談牡丹燈籠

BSプレミアムドラマ「令和元年版 怪談牡丹燈籠」を録画で観た。「カランコロンの下駄の音」をさせて恋しい男を訪れるお露さんの話としか知らなかったので第1回を観てびっくり!三遊亭圓朝原作の長編愛憎劇のドラマ化である。尾野真千子・柄本祐他ずらっと並んだ芸達者たちがぞくりとするようなお話を見せてくれ、今後が楽しみである。(全4回)二人とも好きな俳優なので点が甘いかも・・・第1回の再放送は13日(日)午後4時から。本放...

  •  6
  •  -

バンザイ!テンプレート変更できた

9月からAkira氏の「Bron-Broen」というテンプレートを使わせて貰っている。トップの画像が4枚でズームインやズームアウトで切り替わるというものである。自宅に咲いた花などのの画像を使いたいと取り換えたりしていたが、季節はめぐっても手持ちの画像が少なくて在庫が払底しそうである。4枚でなく1枚の画像で変化するようにしたいと厚かましくも作者に頼んだ。すぐに「これこれを検索すると2ヶ所出て来るからこうしろ」とか...

  •  6
  •  -

映画 蜜蜂と遠雷

本を読んだときはこれは映像には出来ないのではないかと思っていた「蜜蜂と遠雷」が映画になって公開された。どんな作品になったのだろう?NHKの番組 ららら♪クラシック「feat.“蜜蜂と遠雷”」で亜夜役をやった松岡茉優さんと、その演奏を担当した河村尚子さんが登場した番組を興味をもってみた。コンクールの本選に残った4人の男女が演奏するのだが俳優は演技をし、そのピアノ演奏はそれぞれ別のピアニストが演奏するのだそうで...

  •  4
  •  -

近頃読んだ本

近頃読んだ本。「将軍の子」 佐藤巌太郎二代目将軍秀忠から認知してもらえなかった子が周囲の人によって助けられ、成長してのちは徳川家を支えていく人になった保科正之を周囲の人の目から描いている。「教場0」 長岡弘樹教場シリーズのスピンオフというか、そもそも警察学校の教官になる前の話。「血縁」 長岡弘樹短編ばかりなのだが読解力がないせいか、さっと読んでは分からない部分があった。「八本目の槍」 今村翔吾豊臣...

  •  4
  •  -

あと1時間

曇っているので外仕事をするには絶好だとあれこれ始めた。茎ブロッコリーと水菜を定植。ビーツを定植。まばらな小松菜に追加で種蒔き。ホウレンソウも蒔いた。不作だったパッションフルーツを切って始末しようとしていたら一天にわかにかき曇り、ざっと降って来た。あと1時間あればもう一方のパッションも整理出来たのに残念。...

  •  4
  •  -

期待が外れたドラマ

「盤上の向日葵」原作は読んでいるのでどんなふうにドラマになったのかと観たが・・・千葉雄大ファンには悪いけど彼はミスキャストだった。というか上条桂介という役をしていないように思えた。原作では男性だった元奨励会会員の警察官が女性になっていた。(おどおどし過ぎ?)県警の刑事役の大友康平はいい味だった。第1回を観て期待が外れたのに全4回全部を見てしまったのは時間の無駄遣いだったかも・・・・ゆかりを混ぜたおに...

  •  6
  •  -

ローゼルで遊ぶ

ローゼルの生でのお茶は飲んでみた。それはそれでいいのだが時期が終わるとそれも出来ない。昨年はお茶用に乾燥させたけど自分では2回ほど飲んだだけで「欲しい」と言われる方に進呈した。それでも今年も乾かして置けば貰い手があるかもしれないと、ハイビスカスティーと呼ばれるお茶にすべく乾燥しようと思った。(テストとして)ネットで「どうせならバラバラでなく丸い形のままの方が淹れた時に素敵でしょ」とあったのでその方...

  •  4
  •  -