nekoの日記帳

Archive2019年06月23日 1/1

うれしい悲鳴

直木賞の候補作品が発表になった翌日、図書館でそれらの本があるか確認したら、一冊を除いて、借り出されてはいるがあったので予約しておいた。樹木希林さんの本と横山秀夫さんの新刊も頼んでから2か月以上になるので順番は如何と調べたら、予約者の一番になっていた。わっと、いっときに「ご用意できました」と連絡が来た。計4冊。それだけで、もういっぱいなのに欲張りな自分は、今日プールで「この頃どんな本を読んでるね?」と...

  •  4
  •  -