nekoの日記帳

Archive2019年05月01日 1/1

風が一番の季節

雨なので朝から本読み。朝井まかて「ちゃんちゃら」「季節の中で風がいちばんうまいのは、夏の初めだ」それは、水面から立ち昇る涼気が木々の緑を掬いながら風になるからなのだろう。から始まるその文章だけで心地よい世界に入って行けれる。江戸時代の庭師の話で、拾われたちゃらがめきめきとその本領を発揮して「植辰」で頑張っている。今日も元北町奉行所与力だったお方の庭の手入れに親方と来ている。松の木の上にのぼって樹下...

  •  6
  •  -