nekoの日記帳

Archive2017年12月16日 1/1

タラノキ

タラノキは本当は入れたくはなかった物である。しかし、相方がわざわざ買って来たので嫌々ながら畑の隅に植えた。地下茎となのか思いがけない所まで芽が出て来てお邪魔虫である。タラの芽はほんの少しの間しか採れないし、後は葉っぱが茂るばかりである。憎らしいから切り倒すのではなく、スーパーなどで売っているように早春にタラの芽を食べることが出来たら万々歳だとやりだしたことが、「ふかし栽培」といわれる茎の節ごとに切...

  •  6
  •  -