nekoの日記帳

Archive2017年09月21日 1/1

お団子を供える

彼岸の入りである。いつもなら既成のの団子を買ってきて供えるのだが、寄った店がドラッグストアでお彼岸団子は見当たらなかった。粉は売っていたので買い、ついでに黄な粉と緑の粉を買って来た。夕食後粉を練って団子にし、茹でてから粉をまぶした。お供えした。二人も試食した。「美味い!」だそうである。仏さまも喜んでくださったろうか?スポーツクラブからその足で図書館へ行く通り道にはこんなかわいい子供たちが迎えてくれ...

  •  6
  •  -