nekoの日記帳

Archive2016年11月17日 1/1

ご縁に会うこと

兄が亡くなって一連の仏事は済んで、七日ごとに寺の住職が(ごえんさんと言っているが御院さんがなまった?)来てお経をあげて下さるので、近くの自分もお参りに行く。当家の家族と次男夫婦と二七日の今回は正信偈を詠んだ。死亡して最初に来られたのが枕経で、その時「分からないことは訊いて下さい。お年寄りに訊ねるより私に訊いて下さい」と言われた。長男の甥夫婦は50歳を過ぎている。その彼らに主人が「何を訊いたらいいの...

  •  4
  •  -