nekoの日記帳

Archive2016年09月26日 1/1

お彼岸の墓参り

プールの帰りに兄の所へ寄った。やせ細って今年の正月ごろの面影はまるでない。しかし、今日は目を開けて何やらしゃべってくれた。どういう意味の事を言っているのか分からないけど、視線が定まっているので調子が良さそうだと思えた。手を握ったり、足をさすったりするだけである。「今日はお彼岸の最後の日だから、これからお墓参りに行ってくるでね」と言ったら何やら返答してくれた。帰宅しておそがけのお墓参りに行ってきた。...

  •  10
  •  -