nekoの日記帳

Archive2016年01月 1/2

嬉しい悲鳴

26日に図書館で6冊も本を借りた。(図書整理のため休館日が続き、最長返却日が1か月近く先の日だった為)1冊読んだところへ電話があり、予約の本が2冊用意できたとの事。図書館の方も閉館日が続くので早く来てほしいらしい。プールの帰りに回って借りてきた。この間、直木賞を受賞した本にしては早く回って来たなあと驚いた「鬼はもとより」久しぶりの 浅田 次郎手元に読みたい本がいっぱいあるのは嬉しいが、本に追いかけ...

  •  6
  •  0

二度美味しい塩豚

豚肩ロースで塩豚を作り冷蔵庫へ。2日後に200g使って焼いた。同じフライパンで炒めたねぎの細切りをたっぷりと乗せて。そのまた2日後は残り300gを野菜(玉ねぎ・人参・キャベツ・蕪)と一緒にスープにして。自分的には焼いたのより酒や水を入れて1時間以上煮込んだ方が好みだった。...

  •  4
  •  0

見切り品のパンジー

ホームセンターへ行った時は寒い日だった。見切り品のパンジーが「私をあなたのおうちへ連れて行って!」と言っていたので連れて帰った。ポットを見ると真っ白に根が回っているけど、何しろ大寒波襲来時だったので植え替えはせずにそのままだった。今年になって初めてのパソコン同好会後「お手玉を持ってきたので遊びませんか」と誘われた。29日30日と2日間は雨の予報なので、何十年振りかのお手玉の言葉に後ろ髪を引かれつつも帰...

  •  6
  •  0

手抜きもいいとこのチラシ

公民館まつりを知らせるチラシ(各戸に配布する)を例年同好会で作ることになっている。しかし年を経るにしたがって気合が入らなくなって来ている。主事さんには申し訳ないが年月日やスケジュールの時間など間違えないように入力してデザインはほぼ昨年通り。イラスト類だけ入れ替えるという手抜き仕事である。昨年は動物たち。今年は果物である。これを使われなくていい。ただ提出しないとまずいなあと思うのでやっつけの手抜きで...

  •  8
  •  0

「未来につなぐ心の糧」

隣町の図書館から借りている本の最終返却日だった。自転車では凍結したりして危ういところもありそうなのでアッシー君を頼んだ。懸念したとおり、図書館の南側の道はその南にある大きな建物の陰になり、つるつるのアイスバーン状態だった。「10分で戻ってくるでね」と言い置いて入館し、リクエストを三冊願い、手近な3冊を借りることにしたら最終返却日が2月21日になっている。本来は2週間なのに休館日が続きそのような日程な...

  •  8
  •  0

ペクチン

最低気温がマイナス5度?何とか水道のパンクはなかったけど「あっちの部屋の中ではマイナス2度だ」とか。父さんは医者へ行く日で血液検査なので朝食を摂らずに出かけた。「そろそろと行ってよ。頼むで事故を起こさんといてね」と心配しつつ自分はストーブの前。甘夏か夏みかんかわからないけど頂戴したのは酸っぱいのでそのまま食べれない。ジャム・あるいはマーマレードに変身させることにした。中の実だけを電子レンジでジャム...

  •  4
  •  0

寒い日は録画用ハードディスクの整理

12月に録画した映画2本がずっと置いてあった。寒い日はこたつに入りテレビを観るのもいいものだ。スピルバーグ監督の「プライベート・ライアン」 トム・ハンクス主演 1998年と「ザ・フアン」 ロバート・デ・ニーロ主演 1996年である。「プライベートライアン」は、見たことがある。でもほとんど忘れているのでもう一度観た。戦場で一人の男を探して帰還させるという任務を帯びた男たち。第2次世界大戦さなかのフラン...

  •  4
  •  0

またもや賞味期限切れ品

またもや賞味期限切れ品が出てきた。ナンの粉である。賞味期限切れの物を整理整頓しておなかに収めようという様は、我ながら少し侘しい。「貧乏人なのだから捨てない、捨てない」と、自分に言い聞かせつつ水と油を入れ捏ねた。寝かせておいている時に先だっての冷凍カレーを解凍する。薄く伸ばせず丸っこいナンが焼けた。カレーを付けて食べたがあまり美味しいとは言えない代物だった。おなかは膨れても満足感がないのが残念だった...

  •  8
  •  0

ミステリ「その女アレックス」

「傑作だ」という事を聞いて頼んであった本「その女アレックス」ピエール・ルメートル。最初が本当に怖かった。誘拐された女がどうされたか?目の前で見ているように書かれていて、夢に出てきたくらいである。古い倉庫で女を素っ裸にして身動きできないような木の箱に入れ(隙間はあるが)ロープでぶら下げる。箱よりちょっと上にネズミのエサを入れた容器を置く。大きなネズミたちがエサの争奪戦をするが、それが無くなると木の檻...

  •  8
  •  0

ホット&クール

パソコン同好会がお休みなのでスポーツクラブではホットピラティス30とホットストレッチ30というのを受講することにした。(30というのは30分という事で、ほかには40というのもある。)そのほかにホットヨガ30というのもあったが3本連続は禁止されているので上記の二つを受けた。2週間ぶりのホットのスタジオは扉を開けてもむっとした熱気が顔に来なかった。「今朝の外の気温のせいか、36度しか上がっていません。...

  •  8
  •  0

危ない美味しさ!金時豆寒天

年末に煮た400gの黒豆は一部お嫁に行ったほかは、汁まで全部おなかに入ってしまった。甘いもの好きでご飯の時にも何らかの甘いものがないとさびしい。金時豆があったので今度は250gを煮た。煮汁をたっぷり。甘く味付けした。黒豆の汁ではゼラチンパウダーでゼリーを作った。今回は寒天パウダーで金時寒天とした。二人で午前中からおやつとして食べた。危ない美味しさ! どれだけでも食べられる。...

  •  10
  •  0

パワーポイントのスライド

パワーポイントで作ったスライドを貰った。Wクリックすれはスライドショーは見れる。かわいい写真なので1枚ずつ取り出したい。.ppsxという拡張子なのでパワーポイントを開いたまではいいのだが、さてスライドショーを表示させようとしても分からない。編集できるようにしないと画像も取り出せないはずだったと右往左往した。馬鹿だね。ファイルを開けばいいのだ。画像を取り出す方は、名前を付けて保存からその他形式。jpgやg...

  •  10
  •  0

手羽元のさっぱり煮

新聞記事を見て「作ろう!」と鶏の手羽元を買ってきた。材料鶏手羽元 6本 水気をよく拭いておく茹で卵 2こ酢100cc・醤油と水を50cc・砂糖大さじ3・薄切りしょうが10g・つぶしたにんにく1片を鍋で煮立たせ手羽元と卵をいれ中火で20分。簡単である。酸っぱさはほとんどなくて美味しかった。ただ難点は台所中に酸っぱいにおいが付いてしまって翌日でもその匂いがする事である。...

  •  8
  •  0

賞味期限切れを使って

賞味期限の切れたカレーのルーとマンゴーチャツネ。腹痛にはならないだろうと使うことにした。トロトロ玉ねぎ2個分を解凍し、ほかに生の1個は普通に切って使う。ルーが沢山でカレーが大量に出来そうなので冷凍保存したい。で、この間学習した「ジャガイモは潰してからなら冷凍保存できる」をふまえて、柔らかくなるまで煮てざっと潰す。肉の代わりにこれまた冷凍してあったとり肉団子を投入する。ジャガイモがつぶれた分、こってこ...

  •  10
  •  0

親と孫

正月前には土付きのままで頂戴した里芋。親芋は茹でて味噌を乗せて焼いて食べたし、子芋や小さな小さな孫イモは皮を剥かないでいいようにきれいに洗って雑煮に入れたり味噌和えにして食べた。正月に会った時、「おにいさん、里芋をありがとうございました。こんな風にして食べました」とお礼を言った。今度は洗った里芋を持って来て下さった。親芋と孫の小さな芋だったが全部皮を剥いて一部は夕食用に大根と煮、残りは冷凍保存とし...

  •  8
  •  0

テストしてみた

ソニーカメラの動画はPlay Memories Homeというソフトでパソコンに取り込んでいる。(これしか取り込めない)頻繁に「アップデートしますか」と聞いてくるので「はい、はい」としている。カメラとパソコンを繋がないと更新されたPlay Memories Homeが表示されないのだとやっと知った。ずっとSDカードをPCに差し込んで画像を取り込んでいたのである。柿を食べている鳥を撮ってきたので試してみた。「ツール」の「ビデオの編集と...

  •  6
  •  0

新年会

パソコン同好会でみんなで集まっての会食は年に一度。新年会である。当番役員さんがたのお骨折りで楽しい時間を過ごさせてもらった。こんなバスが公民館までお出迎え。マイクロバスでは一同が乗っていけないので大型のバス。行先は長良川に面するこんなところ。沢山食べて、沢山飲んで帰ってきてもぼーとしている。役員のみなさんありがとうございました。お土産はなべちゃんのお母さんのアクリルたわし。自分は名づけて長寿たわし...

  •  8
  •  0

動画などをDVDへコピー

データファイル2015として1年分のブログの画像とテキスト(ダウンロードしたもの)・仲良し掲示板・デジカメ静止画像などを1枚のDVDに焼いた。デジカメでも動画として撮ったのは別枠にしてあるので「デジカメ動画元素材」としてDVDへ。動画や静止画などを編集してビデオにしたものは「編集した動画」としてやはりDVDへコピー。全部で5枚やったのだが最後の最後に急いだせいかフリーズしてしまった。一枚DVDを廃棄した。前年201...

  •  4
  •  0

ばらの剪定と誘引とグローブ

バラと言ってもこましなのはつるバラのサラバンドだけ。地植えの2本のバラは枯れそうで枯れないというような状態である。挿し木したりした鉢植えは病気がひどい。しかし、それでも冬の剪定はしようと始めた。わざわざこんな手袋まで買って来て・・・去年までは父さんの昔々のドライバー用の皮の手袋を借りてやっていた。テレビのつるバラ誘引をみていたら手首よりもっと上まである所が気に入った。ホームセンターには流石に皮は置...

  •  7
  •  0

黒豆解凍

暮れに冷凍しておいた黒豆を解凍した。黒豆の汁で寒天を作った記事を読み、汁ごと冷凍保存してあったのを解凍してゼリーと蒸し物を作った。ゼリーは美味しかった。蒸し物は小麦粉(100g)・ベーキングパウダー(小さじ1)に黄粉(20g)も足して黒豆の汁(100cc)と豆そのものも混ぜて蒸した。あまり「美味しい!」と大声でいうほどではなかった。無理やり父さんにも勧めた。...

  •  10
  •  0

パッションフルーツは元気

二階の窓辺に置いてあるパッションフルーツの鉢植えは今のところ順調に冬越しが出来ている。こんなにたくさんどうするの?こぼれ種で生えていたペチュニアがなんと開花した。スイートアリッサムやビオラの隣で頑張っている。畑ではお正月の雑煮用にと作った小松菜がでかくなっている。早く食べないと硬くなってしまう。...

  •  6
  •  0

映画とドラマを観る

映画は2008年公開の「ディファイアンス」全く知らない映画なのに出演者名にダニエル・クレイグ(現在のジェイムズボンド役)とあったのでとりあえず録画したのだった。ユダヤ人を助けるというと、映画では「シンドラーのリスト」が有名だし、現実では最近とみに杉原千畝が新聞などに登場する。この映画はユダヤ人自身が、森の中に集まってコミューンを作り解放されるまでの数年間暮らしたという実話を映画化したものである。ポ...

  •  6
  •  0

ドキュメンタリー番組を観る

NHKの田中陽希「グレートトラバース日本二百名山一筆書き」「晩秋北アルプスから西へ!」を録画しておいた。2014年版「日本百名山 一筆書き」も5回に分けて放映された。南から北へと人力のみで移動と登山というすごいことをしながら深田久弥の百名山を踏破していったものである。しかし、最初の編だけしか見ていない。ありがたやとすべて録画した。今年は北海道からスタートして南下。「グレートトラバース日本二百名山一...

  •  4
  •  0

印刷範囲と改ページ

年の初めのエクセルは、昨年記帳していた家計簿・メモ帳・運動記録を今年用に新しくする事と、去年の家計の出入りと主な出来事を一覧表にして印刷し主人に見せるという仕事がある。読んだ図書・野菜と花の記録帳はシートだけ新しくしていくだけなので簡単で助かる。毎年こわごわの家計簿も、前年のをすべてコピーして新しいブックに貼り付け、数値のセルだけ選択して消せば大丈夫と分かってからはさほど時間はかからなかった。「年...

  •  8
  •  0

危なかった

車に乗れなくて普段自転車を愛用している。年賀状も自転車に乗って元気に暮らすという意味を込めてこんなものを出したのだった。ところが年が明けて1週間にもならないうちに「ごめんなさい!すみませんでした」という事態になってしまった。スポーツクラブへ行く途中、狭い川を渡る。橋には側道があるので安心なのだが(片側しかついていない)その直前の通り道は、川と並行している道を行き、東西の道を横切ってその側道へと行く...

  •  8
  •  0

「流」は中途で挫折

「流」は27年上半期の直木賞受賞の本でやっと借りることが出来、読み始めた。しかし、半分まで辛抱して読んでいたがとうとう棒を折ってしまった。台湾のお話。冒険?ノンストップで行くのだが心躍るというのとはちょっと違っている。もうやめよう。無理やり読まなくてもいいや。日本文藝作家協会編の「代表作時代小説平成25年度」光文社バラエティに富んだ作品が17篇。こちらの方が自分には合っている。次の年度のも借りて来てあ...

  •  10
  •  0

初畑仕事

こんな時期に畑へ出かけることはまず無い。しかし、暖かいので草取りや空いている場所を起こしておこうと始めた。2ヶ所の天地返しをして終了。畑で生育中の物。プランターで生育中の物。いずれもあたたかい冬でどんどん成長している。ありがたい。...

  •  8
  •  0

新春撮影会

2日の朝、父さんの主なる生活場所の部屋へ行ったら「あらまあ」三脚を立ててあるのを見て思い出した。息子が帰ったら写真を撮ってもらうのだと言っていた。遺影の準備かと尋ねたらナンバーカード申請用の写真を撮るのだそうな。写真の注意書きをそのままに、ほとんど無地の壁紙の部屋で撮るのだと三脚まで用意したのだった。タイマーを使って何枚も撮った。各人で写真を撮り、ついでだから二人で撮り、ついでだからと息子も一緒に...

  •  6
  •  0

ペペロナータと今年の幕開け

初参りに行っての帰りに大量に買ったパプリカ。これはずっと以前に新聞の料理面にカラフルに写真入りで、直火でじっくり焼く「ペペロナータ」というのが掲載されていて(夏に)それをずっと保存してあったのが頭に残っていたのである。畑で夏野菜のパプリカを何度か作ってみたが色づく前に虫に食われて失敗ばかりするし、肉厚のはなかなか難しく断念していた。買おうとしても結構な値段で、1個や2個買うのがせいぜいだった。3人...

  •  8
  •  0

「世はこともなし」

大みそかに元旦の予定を3人で確認しあった。8:30頃には雑煮やおせちを食べ、9時過ぎには村の神社へお詣りする。その足で谷汲山華厳寺へ参り、夫婦それぞれの実家へ年賀とお仏壇のお参りに行く。というものである。少しずつ時間が遅れては行ったが無事に予定は終了した。村の神社では同級生夫妻や友人とも出会えたし、主人の実家では、われわれ同様外へ出ている弟夫婦や兄夫婦などとも顔を合わせることが出来た。本家の皆も、...

  •  6
  •  0