nekoの日記帳

Archive2015年08月17日 1/1

好かれて困る

外仕事をして家へ入って着替えをしようとしたら何やらもぞっと手に触った。「キャー」と歳に似合わない悲鳴を上げたが誰も助けには来てくれなかった。なんだ!カマキリか。「ほら、出ていきな」とサッシを開けたのに室内がいいらしい。居すわられても困るので、お尻をつついて出て行かせた。最初のインゲン・キュウリ・ゴーヤなどが終わりになり、秋バージョンの物が成長してきた。ネギも何とか活着したらしい。何時のかわからない...

  •  6
  •  0