nekoの日記帳

Archive2015年06月05日 1/1

「鹿の王」

やっとか かかってとりあえず読んだ上橋菜穂子著 「鹿の王」。   よかった?面白かった?わが頭ではついていけなかった。じっくり入り込めそうで入り込めなかったといったほうが適切かもしれない。この手の本は寝床へ入ってから2ページも進むともう眠気がさしてきてバタンと本が閉じられるのである。次はもうちょっと軽い本にしよう。...

  •  4
  •  0