nekoの日記帳

Archive2015年01月27日 1/1

小説と現実

No image

「イスラム国」なる組織に拘束された日本人のニュースが流れてから1週間。一人は殺されたのであろうか?「イスラム国」と聞いた時、イスラムのどこの国?とおもったほどそんな勢力がある事さえ知らなかった。今読んでいる本にサウジアラビア生まれのテロリストが登場している。父親を殺されて逃れたバーレーンで信仰に目覚め、ソ連と戦うアフガニスタンで2年間外国人戦士として働く。「ソ連は兵器はあっても信仰心が無かったから負...

  •  5
  •  0