nekoの日記帳

Archive2014年02月15日 1/1

「火天の城」

1月に巡回図書で借りた本は朝井リョウ「何者」山本兼一「火天の城」  同「花鳥の夢」 安土城を建てた棟梁岡部。 岡部親子の葛藤と共に、石工・瓦・木挽きなど数々の職人たちの心意気を描いている。 大丸太や大石を運ぶシーンも印象的である。 その城に絵を描いたのが狩野永徳で、岡部に案内されて城の中をみてまわるシーンがある。 「花鳥の夢」狩野永徳。 稀代の名作『洛中洛外図』を描き、時代を席巻した永徳が、描くことの極...

  •  4
  •  0