nekoの日記帳

Archive2013年09月01日 1/1

神去なあなあ日常

移動図書にお願いして持って来て貰った 三浦 しをん著 「神去なあなあ日常」 何と不思議なタイトル! 「神去」はかむさりと振り仮名ついているが「なあなあ」とは? 奈良県との境に近い三重県の山奥「神去」という村の林業に就業することになってしまった横浜の高卒男子が、全く経験がない仕事の数々と神去という村・人・信仰や自然に触れて次第にこころ惹かれていくさまを描いている。 「なあなあ」は村人たちが使う言葉で「ゆ...

  •  2
  •  0