nekoの日記帳

Archive2011年11月22日 1/1

時雨と虹

天気予報の晴のマークを信じてはいけない。なぜなら自分の住んでいるのは明らかに美濃地方で平野部といえるのに、冬の天気に関しては「山沿い地方は雨またはしぐれるでしょう」と言っていたらそちらを信じなければいけない。雪雲なども西の方の山からおこぼれが飛んで来るのだ。21日の月曜日は全くその通りの天気になった。朝のうちは洗濯物も外へ干せたが午後からのお出かけは傘を持ち、洗濯物は軒下へ。寒さ対策も怠りなく自転...

  •  2
  •  0