nekoの日記帳

Archive2011年07月13日 1/1

宮部みゆき「小暮写眞館」

ゴロゴロしながらテレビも観たが本も読んだ。宮部みゆきの「小暮写眞館」。勿論借り物である。昨年5月発売だからまあ新刊といっていいだろう。写真館だった古い家を買った家族。主人公の高校生・小学生の弟・父母と住むのだが写真館の亡くなったおじいさんの気配が濃厚で、近所の人は幽霊が出るとか言う。心霊写真など謎解きもあり。高校生の交友もあり。4部作で700ページという大作で、今回の腰痛がなければ読み通せなかった...

  •  4
  •  0