nekoの日記帳

Archive2011年03月29日 1/1

可哀想なモクレン

ついこの間きれいに咲き出したと喜んでいた浄水場の白モクレン。最低気温がマイナスになったせいか哀れな姿になっていた。すぐ隣ではコブシ?はきれいな姿のままである。我が家の軒下ではビニールを掛けてあるプランターでフリージアが咲き出した。「こうやって保護してもらえる物はいいよなあ」と白モクレンの嘆きが聞こえてきそうである。霜注意報や低音注意報が出ていても何ともしてやれなくて可哀想だ。...

  •  4
  •  0