nekoの日記帳

Archive2010年09月22日 1/1

記憶を呼び覚ます匂い

先日、糠床が緩んで来たので米ぬかを調達してフライパンで煎った。焦がさないように慎重に・・・焦がしはしなかったが、おからを煎る時と同じくフライパンの外へこぼした。(サラサラしているのが共通事項だ)いいにおいがしてきた。(茶色の3本は、温泉マークではなく、漂うにおいを表わしている)懐かしいにおいだ。連想で頭に浮かんだのが、「ガラスのびん→煎った米ぬか→魚を捕った」である。旦那さんに尋ねたら詳細に説明して...

  •  2
  •  0