nekoの日記帳

Archive2009年01月31日 1/1

「春朧(はるおぼろ)」

昨日まで読んでいた本は外国のシリーズミステリー。骨から色々推理するスケルトン探偵という物。骨の名前が続出で、読むのにも骨が折れた。このブログにもコメントくださるあらじいさんは岐阜の事についてはエキスパートで、岐阜を舞台にした文学なども紹介されているのに触発されて  水上勉の「その橋まで」  高橋 治 「春朧」これらを巡回図書にリクエストしておいたらこの間持って来て貰えた。ストーブの前にどっかと腰を...

  •  0
  •  0