nekoの日記帳

Archive2008年05月22日 1/1

生命いきいきと

気持ちの良い天気であった。ささやかな畑や庭先をを見回ると、子孫繁栄のために花が咲いたり、実がなっている。白い花を咲かせたヤマブキ。この実が熟して黒い種がこぼれると自然に生えてくる。「みのひとつだに・・・・」と詠われているけど、実を付ける。   チャイブ。またの名をエゾネギ。アサツキのように薬味などに使う。花は観賞用だが熟すとやはり黒い種が出来、こぼれる。   柿。わが家の柿はヤマブキで詠われる「み...

  •  6
  •  0