nekoの日記帳

Archive2007年11月05日 1/1

またまた秋の干し物

去年、渋柿を貰い干し柿を作ったら、ほっぺたが落ちてしまう位美味しかった。 年賀状でお礼方々、その美味しさを絶賛したら、今年も50個持ってきて下さった。 (催促したみたいで悪かったと思っている) 包丁を研いで準備し、皮を剥く。 紐で2個ずつからげ、ふと思い出した。 「そういえば干す前に何かやったなあ」 熱湯の中をくぐらせて殺菌する工程があった。 軒下の雨の当たらない場所に、柿どうし触れ合わないよう、紐にもなる...

  •  4
  •  0