nekoの日記帳

Archive2007年08月04日 1/1

思い出した山岳小説

スイスのお土産から、山の小説を色々思い出した。古い所では新田次郎 「アイガー北壁」(モデルは芳野満彦?)     「銀嶺の人」(モデルは今井通子)最近のでは沢木耕太郎 「凍」(とう)(ドキュメンタリーで山野井泰史を書いてある)何十年か前には本当に新田次郎の本を片っ端から読んだなあ。細かい事は忘れているが、「栄光の岸壁」とか「孤高の人」「八甲田山死の彷徨」「アラスカ物語」など。「アラスカ物語」では一...

  •  2
  •  0