nekoの日記帳

Category周りの事 1/74

今さら知った地名の読み方ふたつ

連続テレビ小説「スカーレット」が終わる。舞台となった信楽はちゃんとシガラキと以前から読めていた。しかし、三重県の伊賀(イガ市)とセットで覚えている滋賀県の甲賀市はコウガだとばっかり思っていたが、『ブラタモリ』で「え?濁らないの?」と知った。もう一つはごく近場の川の名前の読み方。「三水川」と書かれているが読み方はサンズガワかなあと思っていた。古墳の桜を見に行った時に,、ここのすぐ下から流れている三水...

  •  4
  •  -

苦慮して工夫し開館

我がスポーツクラブは開館している。スタジオのレッスンはやっていないが個人で行う段にはジムもプールも使える。流石に来る人は少なくなっているが、自分は横着なので泳ぎと水中歩行と戸外のジャグジーは利用している。職員はアルコールスプレーとタオルを持って始終あちこちを拭いてくれている。勿論アルコール消毒スプレーは館内のあちこちに設置されているし、注意書きも掲示されている。また、今までではなかった廊下や更衣室...

  •  4
  •  -

古いレコードを洗う

「居ないときに配達が来たら受け取っておいてくれ」という事が二度ほどあった。一つは受け取った。レコード針だった。自分で受け取ったのはプレーヤーだったらしい。その前にも何か買っていた。お小遣いの範囲でのことだから何も言わなかった。木曜日に車庫にレコード盤がぶら下がっていた。我が家のレコードは以前に処分したはずなのにおかしいなあと思った。眺めてみると種々雑多である。アバがあると思えば白鳥の湖があり、オフ...

  •  8
  •  -

暖かいので気になった

風は強かったが気温は高く、背中に陽が当たると暑いくらいだった。工事現場で大きなクレーンに見とれる。横目で見ながらだと転倒するといけないので下りて口を開けてぼーっと眺めた。この暖かさで開花はどこまで進んだか?三重県のいなべ梅林の様子をライブカメラで見た。「うひょうー!」である。ここへは行きたいから、焦ることはないがのんびりし過ぎていてもいけないな。玉ねぎを使って二種類仕込んだ。酢玉ねぎは酢を一度沸騰...

  •  4
  •  -

流石に萎れた

冬だというのに咲いていたラベンダーだが先だっての氷点下の寒さには流石に負けたらしい。葉の色も茶色になっている。暖かくなったら植え替えてやればきっと大丈夫だろうと楽観はしてるが。バスツアーをキャンセルすべきか、決行すべきか二日間迷ったが、「エイ!」とキャンセルしてしまった。今回のバスツアーはロープウェーやフェリーや伊豆急など乗り物に変化もあり、運が良ければ富士山も見えるという盛沢山の企画だった。しか...

  •  4
  •  -

よく当たる天気予報

この頃は天気予報は生活に欠かせない。天気の良しあしだけでなく、気温もバッチリ予想してくれる。7日の朝はマイナス3℃くらいとか言っていたのでパジャマの下にババシャツを着て寝た。プールへは完全武装で出かけた。10時頃だったが川の流れのよどんだところは氷が張っていた。張っていない所にコガモたちが集まっていた。フルコースの運動後の帰り道での風景。くだんの工事現場では建物が立ち上がりつつある。その向こうの方には...

  •  6
  •  -

コハクチョウは見つけられず

「西の川にコハクチョウがいる」との情報をいもこさんから得たが、午前に出かける途中ではゆっくり出来なかったので帰りに堤防へ上がった。念の為、教えて貰った付近よりまだ南の方から、自転車を引きながら川面をながめてもカモばかりしか見えなかった。毛色の変わったのが一羽。オオバンだとか。帰宅したらいもこさんがバッチリとコハクチョウをゲットして動画にしてYouTubeへアップされていた。ぽこんとひっくり返ってお尻を天...

  •  4
  •  -