nekoの日記帳

Archive2017年09月 1/1

蕎麦の花と彼岸花

「え!こんな近い所にきれいに咲いている」と金曜日の朝ブログを巡って発見した。山県市伊自良掛という所なので、Googleの地図で調べ、ストリートビューでそれらしきところもわかった。それを念頭に置いてスポーツクラブへ行き、帰宅してから父さんの状況を観察し(頼みごとを一つしてあった)、良さそうだったので「これからひとっ走りお願い!」と、例のごとく急に頼んだが承諾して貰えた。昔は伊自良村だったが合併で山県...

  •  8
  •  -

やっぱりボケた

ちょっと細めのサツマイモが残っていたので、一度サラダにしてみようと思った。干しブドウをちょっと水に浸しておいた。ああ、それなのにそれなのに・・・調味料を入れて煮てしまったのだ。試食しながら「あ、サラダを作るのだった」と、やっと気がついたのだった。ちょっと前に挿し芽をしたおいたのが発根したらしく新しい芽が見受けられる。...

  •  8
  •  -

プリンターを買った

重症だったプリンターが昇天したのは約10日前の事だ。生存年数は4年と6か月である。(平均的寿命か?)1年位前に二重に印刷されたりするので、あちこちひねくり回したけどどうしても駄目だった。プリンター修復騒動記として書いている。設定を「きれい」としてインクを余計に使いつつ、だましだまし来たけど今度は全く音沙汰もなくダウンしてしまった。買い物に出たついでに電気やさんを2軒ばかり回ってみた。10月にプリンター類は...

  •  6
  •  -

低温発酵してピザの台を作った

カリフォルニアのばあさんブログの記事をみて「これならできるかもしれない」とやってみた。低温発酵させたものでピザの台を作るのである。(忘れるといけないので日付を張って置いた。3日目の午前にピザを焼いた)冷蔵庫から出して常温に戻してから、キッチンペーパーの上で手で伸ばす。(破れそうだったのでちょっと厚めにした)イースト菌が入っているので気泡も見える。初めてにしては上等だった。秋みょうがが出ていたので梅酢...

  •  10
  •  -

畑色々 またも蟻に噛まれた

ホウレンソウを蒔いたけど種が古かったせいか発芽しなかった。(湿ったペーパーに包んで48時間置いたけど)新しい種を買ってきて蒔いた。花菜と小松菜と茎レタスも蒔いた。ジャガイモは土寄せをして追肥をした。インゲンはまだ花は咲いていないがツルは伸びてきている。もう一つ、もしかしたらとちょっとだけ期待しているのがカラーピーマンの黄色。足元から新しい枝が出て来て花が咲いている。喜んで見回りをしていたら、寒菊の様...

  •  4
  •  -

息子を真似してパッションでゼリー

息子の所へパッションフルーツを嫁に出した。「しわしわになったら食べてね」と言って・・・ブログにゼリーを作ったと写真付きで書いてあった。「そうか、その手もあるのだな」と真似してみた。残っていたものすべてを切って中身を取り出し絞った。息子もこの絞るのに苦慮していたようだった。流しの排水溝にセットして使っているストッキング様の袋を使ってみた。いい具合だった。このままでは酸っぱすぎて食べられないだろうから...

  •  8
  •  -

おはぎと彼岸花

秋分の日で全国的に祝日だった。お彼岸の入りに団子を作った残りの黄な粉がある。既製品の小豆の粒あんも、もち米もあるので朝からおはぎ作りをした。お供えだと言いながら、結局は自分が食べたいのである。最近は主人も甘いものも食べるようになったのでこうした物も食べてくれる。土曜日のレッスンはステップとヨガ。これはどうしても受講したいので「午後から彼岸花を見に連れて行って」と頼んでおいてスポーツクラブへ。いつも...

  •  6
  •  -

餃子を焼く 大学芋を作る

羽根つき餃子って作ったことがない。NHK今日の料理でやっていたのでチャレンジしてみた。包んだ餃子を円形に並べ(隣同士くっつかないように大きめのフライパンで)熱湯で溶いた小麦粉液を流し込んでから点火して焼くのだそうである。最初の油はなでる程度だったのが驚き。いもこさん流大学芋もフライパンで作った。テーブルの上に置いてあるので、一つ減り、二つ減りしている。おいしいんだなあ、これが・・・真剣に読んでいる...

  •  9
  •  -

処分できた物、保留の物

ほんのちょっぴり自分の本の処分をした。何故かカセットテープが残っていた。これは即座に捨てた。いいおじさんおばさんになっている子供たちの文集とかがまだ置いてあった。捨てようとしたが出来なかった。午後はパソコン同好会へ出席し、次回にやるものなどを提示して貰ったり、前作品を提出物と出来るように印刷などをした。(自分はまだできなかった)大急ぎで帰り、補聴器の点検に行った。夏を過ぎて不調になっていないか調べ...

  •  9
  •  -

お団子を供える

彼岸の入りである。いつもなら既成のの団子を買ってきて供えるのだが、寄った店がドラッグストアでお彼岸団子は見当たらなかった。粉は売っていたので買い、ついでに黄な粉と緑の粉を買って来た。夕食後粉を練って団子にし、茹でてから粉をまぶした。お供えした。二人も試食した。「美味い!」だそうである。仏さまも喜んでくださったろうか?スポーツクラブからその足で図書館へ行く通り道にはこんなかわいい子供たちが迎えてくれ...

  •  6
  •  -

白菜の定植

朝、パソコンで自分のブログを確かめていたら「ええ天気やなあ」と水を向けられた。自分も出かけたい気持ちはあったが畑で半分倒れたような花や野菜を直したり、野菜の手入れもしたい。「昼前にちゃちゃっとやるで、それが済んだら連れて行って」と頼んだ。まずは、ピーマンやシシトウ・ナスやネギ・ゴーヤなどを起こしたり、始末したりした。その後は、たった10株だけど、購入した白菜苗を定植した。これが結構面倒である。起こ...

  •  6
  •  -

里芋の親芋

わっ!テーブルの上に里芋の親芋が2個入りが2パックも・・・リンゴも買って来たみたい。リンゴはいいのだけど親芋を4個もどうするの?昔人間の二人とも子供の頃は里芋の親もちゃんと食べさせられた。「腹減ったー」と帰って来ると「芋の煮たのがあるで食べよ」と子供たちのおやつだったような気がする。ご希望に応えてこの2個を昔風に煮た。二人で朝な夕なに食べたので足掛け2日で食べきった。流石に連日は自分も嫌なのでちょ...

  •  8
  •  -

残り野菜を冷凍保存

残った野菜などを刻んで、混ぜて、冷凍保存。前にも保存してあった。こちらの一部をコンソメ味のスープにした。まあ、それなりにいけまっせ。味付けは洋風・中華風・味噌汁と何でもOK。汁物だけでなく、炒め物にも使える。手抜きだが、萎れさせたり腐らせたりするよりはいいかな?三度目の殺人じゃなくて三度目の「そして父になる」を観た。何度見ても素晴らしい。脚本も書いた是枝監督がいいのだろう。ただ、今回は民放だったの...

  •  6
  •  -

台風対策の手抜き

台風もまず雨からやって来ている。本体はまだなので風は吹いていないからアッシー君でスポーツクラブへ行き、お迎えアッシー君で一緒に食品などの買い物も済ませた。数日は買い物に行かなくても大丈夫。パソコンをしている部屋は南にあり、この元玄関には雨戸がないので大きい台風だと古い不要になったが残してある板の雨戸を打ち付けるのである。ベニヤが駄目になったので張り替えて用意したその雨戸を打ちつけようとしたのを「ち...

  •  4
  •  -

敬老会デビューならず

我が地区の自治会主催の敬老会は17日に予定されていた。今年初めて招待状をが送られて来たので、行けるうちに一度くらいは出席したいと返事を出しておいた。ところが「台風18号接近で17日の敬老会は中止いたします」と広報の放送か流れた。あちこちで「敬老会デビューするでね」としゃべっていたが残念なことになってしまった。主催者はこれを決定するまでには協議を重ね、役員やお手伝いの皆さんなどへの連絡と大変だっただろうと...

  •  8
  •  -

電池の場所は?&フォントで外枠

トイレのリモコンに電池が残り少ないという表示が出た。あれ?電池はどこにあるのだ。情けない事にはわからないので便器の説明書を開く。ああ、そうだった。このリモコンは引っ掛けてあるのでまっすく上へ持ち上げれば外れて、その裏で電池の交換をするのだった。何年か前にやったことがあるのを思い出した。やったことは思い出したがどうやったかを思い出せなくて情けなかった。sachiさんのw1142の作り方でキバナコスモスを...

  •  7
  •  -

畑仕事種蒔きなど

畑などというと笑われそうな狭い家庭菜園。しかし、二人家族が食べる野菜のうち、かなりの割合で自家品が占める。秋冬野菜のシーズンであるからやらなくちゃと朝食前に一仕事をした。とは言いながらもまだ名残りの夏野菜も残っている。ナス・ゴーヤ・ツルムラサキ・シシトウなど。こんなかわいい姿を見たら切り倒せない。いもこさんの手順の枠に入って頑張っている。...

  •  8
  •  -

本読みに終始する

雨が降っているしスポーツクラブは休館日なので、ほぼ一日中本読みとテレビ録画を見て終わった。本は読みかけの「晩夏の墜落」を終えて、諸田玲子の「ともえ」に取り掛かった。松尾芭蕉と河合智月の交流と木曽義仲と巴のことを交錯させながら、どうして芭蕉の墓がこの大津の義仲寺の義仲と巴御前の墓と並んであるのか?その秘密を諸田玲子は大津の芭蕉門下の女性俳人である智月にあると読んでの小説である。テレビ録画はさだまさし...

  •  6
  •  -

苗が追い付かない

トマトやインゲンを整理して耕し、植える場所は確保できたのだが茎ブロッコリーの苗がまだ小さい。もう少し辛抱しよう。大根やホウレン草も蒔きたいが、こちらももう少し辛抱して気温が下がってからにしよう。というわけで、畑仕事はお休みして本読みした。ノア・ホーリーの「晩夏の墜落」作者は全く知らないけどをアメリカ探偵作家クラブの最優秀長編賞をとった作品だから結構深くて読みごたえがある。超金持ちのプライベートジェ...

  •  6
  •  -

保険証を探す&スープうどん

最近は生命保険会社から年に一度は内容確認などに来てくれる。先だっても主人の払い込み済みの保険会社が来た。ここは代理人請求の手続きがしていなかったのでそれをしたらしい。自分のも9月の契約なのでそろそろかな?と保険証を出して用意しておこうとした。ところが一つは終身なのでいいのだが、もう一つは数年前に契約をしたはずなのに古いのしか見当たらない。焦りながらも「落ち着いて、落ち着いて」と言い聞かせてあれこれ...

  •  10
  •  -

絵本三冊に癒される

先週に続いて童話を借りてきた。「りんごかもしれない」は予約して。後の二冊は「館内用の本です。貸出可能な在庫があるかは受付でお尋ねください」とあったので尋ねた。両方ともあった。「はらぺこあおむし」は本の作りが素敵だった。リンゴをたべた。イチゴを食べた。と、食べた数によって小さいページから大きいページにになっていく。そして満腹になったあおむしがさなぎになって蝶になる。 「はらぺこあおむし」はYouTu...

  •  8
  •  -

本当に最後

パッションフルーツの最後の一個。ミニトマトの最終。パプリカを全部倒さずに残してあったのがちょっぴり黄色くなったので今年最後のラタトゥイユにした。(ミニのズッキーニの半分が冷蔵庫に残っていた)この夏の元気は、たくさんのトマトやこれらの野菜から貰ったような気がしている。ありがたや、ありがたや。...

  •  4
  •  -

合計で二十二里?

掘ったばかりのサツマイモを頂戴したのは確かお盆の前だった。一個だけは天ぷらにして食べたが、サツマイモは追熟させるとより甘く美味しくなると聞いていたのでじっと辛抱していた。早生の栗を頂戴した。これは早く食べた方がいいので早速栗ご飯にした。うるち2合:もち米1合を使った。栗を食べるならサツマイモも。甘辛味に煮た。秋・秋・である。下さった方たちに感謝しながら大満足であった。ありがとう!晩生のタマネギなの...

  •  10
  •  -

通行止めで

ちょっと広めの道路なのだが、また拡幅工事のため通行止めになっている。近くに何やら出来るとかなのでその為の用意だろうか?自転車で出かける時、車の通らないような田んぼ道を使っているのだが、この通行止めの影響で普通の車が田んぼ道を通るのでしばしば立ち止まって降りて車が通過するのを待ったりする。「気を付けてね」と言葉を掛けてもらうので横着な走り方はしないようにはしている。水田の稲は穂が出掛かっている。手入...

  •  8
  •  -

宿儺(宿儺)カボチャ

宿儺かぼちゃは岐阜県高山市丹生川町の特産品だそうで、登録商標されているそうな。すくなカボチャと呼べる本物の苗は、宿儺(すくな)かぼちゃ出荷組合に加入しないと入手できません。しかし、このカボチャから種を採り、自家栽培した苗が直売所やホームセンターで売られています。商標登録に抵触するため、「飛騨かぼちゃ」「長かぼちゃ」「スクナ系かぼちゃ」「ながちゃん」の名前であります。とあるので、主人の弟が自作のすく...

  •  8
  •  -

芽が出た出たジャガイモとタマネギ

床下へ置いておいた秋植え用のジャガイモや如何にと取り出して見た。順調に来ているので、雨を待たずに植えた。デストロイヤー12個と追加でアンデスレッド8個。上手くいったらご喝采。駄目でも泣かない。8月15日にプランターへ植えたホームタマネギも緑の葉が出て来つつある。畑へ入れたのも同様になっているのでちょっと楽しみ。(吊るして保存してあるタマネギが腐るのも出てきた)すぐ近くの家で一人暮らしをしていた男性が亡く...

  •  4
  •  -

始末して食べきろう!

少量ずつしか作っていない野菜たちも、ちょっと食べないと冷蔵庫にたまる。うっかりして捨てることになっては野菜たちに申し訳ないので何とか工夫して食べつくす。自家種のキュウリも一時はちゃんとした物だったがさすがに終盤になって腰まがりなどになって来た。それらをまとめて調理した。自家種の甘長トウガラシの発芽が不調だったので万願寺トウガラシの苗を1本だけ買って植えておいた。毎日少しずつ採って来ては冷蔵庫へ。こ...

  •  6
  •  -

さだまさし&高校生ボランティアアワード2017

さだまさしのファンである。8月26日の「今夜も生でさだまさし」の録画に続いて27日にチャリティコンサートも録画しておいた。見よう観ようと思いながら一日伸ばしで、先にコンサートの方を観た。タイトルを見て風に立つライオン基金とかあるので海外で頑張っている人への募金集めかと思った。海外への応援だけではなかった。さだまさしが、創設した「風に立つライオン基金」という公益財団法人の応援の一環で、前日に行われた高校...

  •  4
  •  -

メンバーズカード

スポーツクラブ更衣室のリニューアルに伴って個人会員のメンバーズカードが更新された。何故か在籍年数で色が違う。開業以来の在籍なので30年以上。支払った金額も計算するとすごいことになっている。最初から法人会員になって置けばよかったのだが、その頃はまとまったお金もなかったし、10年償還だったのでそれほど長い事このクラブに通ううとも思えなかったので個人の会員にしていた。法人会員は少ししたら募集が亡くなってしま...

  •  6
  •  -

運動お休み4日目は

スポーツクラブが更衣室のリニューアル工事を行うとのことで、定休のほかにあと2日つけ、合計4日間の休館となっていた。「4日間、どういう予定や」と言う主人に、「畑仕事・草むしり・美容院・医者」と何処へもアッシー君を頼まないとのスケジュールを伝えていた。畑仕事や草むしりなどと言っても一日中やるわけでもないが、ざっと予定していたことは出来た。最後に残っていた葉ボタンと茎レタスのポットへの鉢上げも済ませた。ど...

  •  4
  •  -