nekoの日記帳

Archive2016年12月 1/2

後何時間で・・・

あと何時間かで今年が終わる。どう過ごした一年だった?年間の出来事を「メモ帳2016」で拾い読みした。それぞれの兄弟も高齢になってきて入退院をしたりし、ついにはわが兄は亡くなった。若い甥も逝ってしまった。自分たちは医者通いや検査などしながらも入院したりするほどのこともなく過ごせたのは幸いである。決心して補聴器を購入したのも結構な事件の一つではある。サミットの前に鳥羽へ行き、紅葉の時期に長野へ出かけれ...

  •  6
  •  -

やることがいっぱいある

29日の予定をメモ書きしてあるのだが予定通りにはいかないものである。花を活ける。(床の間・仏様・玄関・トイレ)掃除。(洗面所・トイレ・台所)食材の準備。(里芋・大根を洗う)調理。(なべ用につくね・ぶり大根・漬物・味付け卵)など欲が深すぎるのである。朝食後、卵をゆでた。例のようにやったのに、どうしてこうなった?つるりと皮が剥けなくて凸凹きくちゃんになってしまった。これらは正月用ではなくそれまでのつな...

  •  8
  •  -

「よいお年を」

「仲良くしてくださってありがとう!よいお年をお迎えください」と自分としては今年最後のスポーツクラブで皆さんに挨拶をして別れた。30日まで開館しているが自分は28日で納めと決めていた。午後は父さんに運転してもらい、お金をおろし、支払いをし、肌着を買いに行き、産直の店で買い物をし、普通のスーパーでも買い物をしと一回りしてきた。地味なしめ飾り。レモングラスで上手くできなかったのである。ごちゃごちゃと買い物...

  •  8
  •  -

メールの移行出来た?

普段使っている Windowsライブメールのサポートが来年1月7日で打ち切られる。ネット使用なのでサポート終了後にも使うのは危ないかなと、他のソフトへライブメールからお引越しをしようと思った。同じMicrosoftのアウトルックというのが入っているのでそれにしようとしたけど何も設定がしてないので一からのスタートだった。アドレス帳の移行は、なべちゃんがブログで注意事項を書いて下さったので出来た。データの移行も出来たが...

  •  6
  •  -

今読んでいる本

今、借りてきている本は近藤史恵という人のである。書棚にあった本から8冊つかんで借りた。(2冊予約してあったのが用意できていたので)おひとりさま10冊を3週間で読めるだろうか。まずは「サクリファイス」。かちり、とシューズがビンディングペダルにはまった。こぎ出す瞬間は、少し宙に浮くような、頼りない感覚。だが、それは二、三度ペダルを回すだけで消える。この出だしで一気にこの本にのめり込んだのである。バイク...

  •  6
  •  -

遅ればせながら年末掃除

「肩が痛い」「腕を伸ばすととても痛い」と訴えて年末の掃除をせずに日を過ごしていた。が、素晴らしい天気と、あと何日に急かされて遅ればせながら年末モードに入った。洗濯を沢山。浴室そのものと用具の清掃。これがなかなか手間がかかる。レモングラスが刈り取ってぶら下がっているので「なんでもいいや」と編んでしめ飾りの代用品を作る。そうだ!玉ねぎの1回目の追肥は今年中ではなかったかな?とテキストを見たらやはり12...

  •  10
  •  -

食べ物二つと予約した番組

ちょっと前の話である。「冬至の日にはかぼちゃ」と思っていた。20日にお取越しだった。自分はこの数年、お寺様のお茶請けはゆず巻き干し柿と決めている。それを食べながら住職が話されたのは、「このお取越しで2軒のお宅で必ず供されるものにいとこ煮があります。親鸞さんは小豆が大好きだったそうで、聖人の遺徳をしのんで小豆を食べるから遺徳煮、訛っていとこ煮というようになったという説もあります」と話された。かぼちゃ...

  •  11
  •  -

補聴器点検とChrome再インストールなど

22日の事。今年最後の補聴器点検に行った。始めて女性が応対してくれた。不都合な点はないか?どういう風にしてほしいか?など尋ねられた。また時間的にはどれ位装用しているかなども。音楽をきれいに聞きたいという希望に「ではチャンネル3で設定してみます」として試しに聞いてみたけど、これは「ノイズカット」をゼロにしてあるそうで、他とは違って雑音がダイレクトに入ってくるからやはり使えないと分かった。自分の声がこも...

  •  8
  •  -

バージョンを戻した

21日は好天気だった。長良川を渡し舟で渡って弘法さんへお参りに行くはずだった。しかし、のんびりとしていられない状況にあったのである。12月13日にWindows10のバージョンを1607にアップデートした。やっとアニバーサリーアップデートとやらを済ませたと喜んでいた。しかし、しかしである。日にちが経つうちにあちこちで不具合が出て来たのである。まずはサイトを開けないのが出て来た。開いても画像が乱れるのも出て来た...

  •  6
  •  -

白みそのユズ味噌と白菜の漬物

いもこさんの作り方で、西京味噌を使ってのユズ味噌を作った。焦がさないように気を付けた。茹でた白菜と食べるのが一番の目的である。白菜と言えば漬物。(お勝手口の外に置いてある)漬けこんで2日経ったので見に行ったらこれが、大失敗。プラスチックの桶の底にひびが入っていて折角出た水が上まで回らないうちに外へ流れ出てしまったのである。仕方がないので全部取り出し少しだけ塩を足しながら漬け直した。さて塩加減がどう...

  •  6
  •  -

お経を聴きながら

夕方我が家へお取越しに来て下さるというのに前日までのんびりと構えていた。お供えのお餅は買って来てあったし、お茶菓子はゆず入り干し柿と決まっているのでその点は大丈夫。いつもなら掃除をしてくれる強い味方は、犬走りのコンクリートを打つのだとそちらへ行ってしまった。おもちゃのようなお仏壇でも掃除をし、紅葉見物で買って来た打ち敷きを敷いたらちょっとはみられる。義姉さんの掛け軸もかけると「お取越し」という雰囲...

  •  8
  •  -

「おーい、電池やあ~い」

補聴器は風呂に入る前に外す。そして自分が休んでいる間、翌朝までは彼らもケースに入って休む。本体は乾燥剤の入ったところへ。電池はその上に別の容器に入れる。(この空気電池は乾燥剤が苦手らしいので一緒にしておけない)本体を耳から外すのはテグスがあるので大丈夫だが、本体から電池を外すときに手が滑って電池がどこかへ行ってしまった。小さいし、丸いし、手先がおぼつかないのである。耳も悪いが、目も悪い。何処へ転が...

  •  6
  •  -

お掃除日和だけど

晴天で暖かい日曜日だった。全くのお掃除日和だというのにうろうろしていたら午後になってしまった。何をしていたか。土井善晴さんの白菜漬けが新聞に載っていたので我が家の白菜で漬けようとおもったのである。(巻きは硬くないけど現在2個目を食べている途中である)正月にちょうどいいころ合いにしたいので2株採ってきてとにかく水洗い。小さくて黒くてつるつるした虫が葉の間に入りこんでいる。水と共に去って貰った。数時間...

  •  6
  •  -

法要と正信偈の調子

11月に死去した兄の四十九日の法要が営まれたのでお参りに行ってきた。午後2時から4時まで休憩をはさんで「大無量寿経」と法話・「観無量寿経」「正信偈(お取越しを兼ねて)」を読める者は導師と一緒に、そうでないものは目で見ながら奉読した。最初の無量寿経は「先請伽陀」から始まり「表白」で兄の四十九日の法要を行うと宣せられる。またこのお寺特有の経文が途中で入る(本にはない)ので、足踏みして待っていてくれとの事...

  •  10
  •  -

クイックアクセス

Windows10のパソコンが来たのが4月で、8か月以上経っているのに全く使いこなしていない。アニバーサリーアップデートもやっとしたところである。よく分からない一番はクイックアクセス。読んで字のごとしと言えばそれまでなのだが、エクスプローラ―を開くと( Windowsキー+Eで開けることを覚えた)左の上に「クイックアクセス」下へ下がってデスクトップがあり、ユーザーのnekoがあり、PCがあり、ライブラリのフォルダもある。ラ...

  •  2
  •  -

久しぶりの塩麹と喫茶店での補聴器の聞こえ

12月1日に仕込んだ塩麹がいい具合になって来たので冷蔵庫へ。ひところはよく使っていたが最近は忘れがちで、今年はこれが2回目の仕込みである。鶏肉などこれをまぶしておくと調理した時に柔らかくなっている。どちらかと言うとしょうゆ麹を使う頻度が高くで塩麹は置いてけぼりであった。鳥についばまれる前に画像で南天を保存。パソコン同好会は今年最後の日だった。終了後、喫茶店へ行きおしゃべり会となった。今までは耳が遠...

  •  12
  •  -

始末

まだ花が咲いていると大事にしていたメキシカンブッシュセージも色あせて来たので始末することにした。ゴミ袋に入れやすいように長さを揃えて切ってぎゅっと紐で縛る。いくつも出来た。有終の美をJtrimで飾ってやった。畑では、これまたもうちょっととビニールで風よけしていたトマト。流石に連日の最低気温が零度以下では駄目である。こちらも同様に記念にきまぐれさんの既成枠をお借りして飾った。20日は在家報恩講(お取越し報...

  •  4
  •  -

やっとアニバーサリーアップデート

「ちょっと待ってよ」とアニバーサリーアップデートを更新せずに今まで来た。いくらなんでももう変な風になるという事はないだろうと思いやる事にした。ちょっと前に全体のバックアップはしたのでデータ類だけ改めてバックアップを取り、「さあ、やって!」Microsoftさんは「待ってました」とばかりに始めた。時間を見るとスタートが10:40で本格的にインストールし構築とかが始まったのが11:00。心配でパソコン...

  •  2
  •  -

冬の風物詩

知り合いの年下の人が亡くなるというのは気が滅入る。一年余りの闘病の末の旅立ちゆえ、彼女の面影をさがすのに苦労するほどのやつれようだった。頑張ったのに残念だった。自分なりの冬の風物詩。シラサギが下水処理場家屋の屋根にじっとたたずむ風景。(一部画像加工あり)これから屋根がフンで白くなってゆく。スイスチャードはきれいな色になって来た。きまぐれさんの「万華鏡のような枠」をテキストにさせて貰って作った。...

  •  4
  •  -

夏目漱石没後100年

朝日新聞を購読している。やたらに漱石の記事が多い。没後100年とか。(記者として朝日新聞に就職していた)過去の小説の連載もされているが読んでいない。刊行された本を一冊も読んでいない。没後100年とかでNHKもドラマをやった。9月に放映されたのは「夏目漱石の妻」漱石(長谷川 博己)と悪妻と言われた鏡子(尾野 真千子)が出演だった。12月10日放映は「漱石 悶悶」と題して豊川悦司が漱石役で京都祇園のお茶...

  •  8
  •  -

身近な所をテレビで見る

金曜日の夜に放送されるNHK「新日本風土記」を見る。今回は「渡し舟」だった。もしかしたらと思っていたら、ごく身近な長良川の小紅の渡しが登場した。風土記は風景だけを映すのではなく、そこに生活する人たちを映し出すのでいい味が出る。小紅の渡しも校区の人が登場し、ごく普通の感じで話をされた。知っている人は知っているであろう。渡しの船頭さんたちも登場し、この渡し舟の一番繁盛する日、鏡島の弘法さんの様子もあり...

  •  5
  •  -

頂戴品を頂戴品の枠に入れて

プールの友人から貰った正月用の飾り品。きまぐれさんが我々に「使ってもいいですよ」と下さった枠に入れた。早く咲いたキンセンカはsachiさんの「輝き自慢W968」の枠にカラーモザイクを掛けて入れた。粒粒を足してみたキンセンカ。遊んだ。...

  •  6
  •  -

バタバタと過ごすのは危険

朝から青トマトチャツネをのせたトーストをかじりながらあれこれとした。青物を茹で、タッパーに保存。大根葉を茹でてから煮る。頂戴品のヤーコンをきんぴらにする。昨夜から浸してあった昨年の大豆を蒸す。蒸しあがって圧力鍋が空いたのであわれな細いサツマイモと芽が出てきた小さなジャガイモを一緒に蒸す。さつまいもは干しイモに。ジャガイモはサラダに。そこまでで台所仕事は終わり。畑へ行って貰ったアルストロメリアの植え...

  •  8
  •  -

青トマトのチャツネ

以前、カレーを作る時にマンゴーチャツネを入れて作ったらとても美味しかった。チャツネって何?分からないままに青トマトのチャツネを作った。(青トマトのフライばかりしていても仕方がないと思ったので)簡単なレシピもあったけど、あえてハーブ類を使ったりした面倒そうなのを挑戦してみた。調味料は砂糖が三温糖と黒砂糖となっていたが手持ちがなかったので普通の白砂糖をトマトの30%。酢も最初に入れるのと最後に片栗粉を...

  •  13
  •  -

廃棄処分品の再生

義兄(85歳)は我が家のごく近所に息子たちと暮らしている。我々はなんでも大事に取っておきたい世代である。しかし次の世代は、余計な使わないものは身辺から整理するのが普通らしい。「お父さん、使わないものは処分して下さい」と言われて植木鉢はかなり多数片づけた。簡易のビニールハウスはバラシて処分するように用意はした。でも義兄は我が家を訪れて「要らんか?」と確認しに来た。「欲しい」と私。という訳で、父さんの...

  •  12
  •  -

テレビ三昧

時代劇から宇宙ものまでテレビを見放題の時を過ごした。時代劇は「鬼平犯科帳ファイナル』前後編を2本。久しぶりに見たのでレギュラー陣は老けたなあという感想。全編の若村麻由美が出色の出来だった。何といういい女だと女の私が惚れた。後編の方は尾上菊之助も出ていたが田中泯がすごかった。さだまさしも出ていた。宇宙物は待ってました!「オデッセイ」マットデイモン様ご登場。本で想像したよりもたくさんのジャガイモが、芽...

  •  10
  •  -

雨の前の畑仕事

ホットヨガのレッスンに行くつもりだったが畑仕事を始めたら途中でやめて行けなくなってしまった。(夕方には雨が降るという予報もあり)やむを得ず、白菜と茎レタスに殺虫剤を散布。このあいだ、皆さんに未熟なトマトを押し付けたがよくみると、まだまだ残っている。今日こそは全部撤収すると意気込んで根元から切ったかというとそれが出来ず、大きそうなトマトを手でちぎって、その枝を切っていく。裸になった主の茎は、ぐにゃぐ...

  •  8
  •  -

青空・ナンキンハゼ・レモンソルト・芋虫

午前は雲一つない青空だった。通りがかりのクリニックの駐車場にナンキンハゼが4本。見事にはぜて真っ白な花が咲いたようだった。冷蔵庫内を整理しなければいけないのだが手つかずのままで、奥の方から2014年7月1日付けの塩レモンの瓶が出てきた。昼食の焼きそばをこのレモンソルトで味付けした。さっぱりした味だった。スポーツクラブの友人が「はい、これあげる」と握った手をわが手に押し付けた。手の中へ何やら入った。開くと...

  •  8
  •  -

付き添いで大学構内散歩

「付き添いで大学構内散歩」など書くと親が子供の受験に付き添ってそのついでに構内を歩いたと思われるかな?大学付属の病院の光学医療診療部で消化器下部の内視鏡検査をする主人付き添って行ったついでの話である。書けば長い話になるが昨年9月に同病院で検査を受け、ポリープ2個の除去を受けた。「1年後においで」と言われていたのが伸びて今になった。(かかりつけで検便をしたら潜血があったので予約しておいてのことである)...

  •  10
  •  -

もらって貰った青いトマト

12月になった。いくらなんでももう終わりにしようとトマトを千切った。パソコンの会へ持参して「どう?」と言って無理やり配った。パソコンのピクチャーの中にはイタリアントマトフォルダが作ってあって、今年の植え付けから終了までの様子がずらりと並んでいる。8ヶ月の長丁場。トマトも頑張ったが写真を撮りまくった自分もよく頑張った。動画かホームページ(まだ残してある)にでもアップしたいものである。...

  •  8
  •  -