nekoの日記帳

Archive2016年10月 1/2

友に会いにいく

昨年、ご主人を亡くされ、自身も病を得てしまった古くからの友人を一度訪ねると言いながら延び延びになってしまっていた。「どこかへ出かけよう」と意気込んでいる主人にそのことを話したら「おれが乗せて行く」と言ってくれた。松本の彼女を訪問し、ついでと言ってはなんだが紅葉見物もしようと計画したのは数日前。彼女と約束し(電話での声は元気そうだった)宿も予約した。「相撲取りのように太ったでびっくりせんといてね。顔...

  •  6
  •  -

宇宙芋を拡散

宇宙芋の話をしたら「見てみたい。食べてみたい」と希望があったので進呈した。宇宙芋・スペースポテト・エアポテトなどと呼ばれているそうだと教えた。 ネーミングと芋の色と格好がぴったりだと言われた。食べ方を訊かれたので、自分が食べた方法を列挙した。この動画を見て貰えば一発でわかるかも・・・よく見たらこの動画の中で、お好み焼きの画像にかき揚げとかの文字を入れている。編集し直すまでないのでそのままである...

  •  5
  •  -

自分の補聴器

耳かけ型の補聴器を借りて使用し二週間。耳穴式の自前の補聴器ができた。(ネームが入っている)他人様にわかってもいいと言ったので、耳にはめると前からはほとんど分からないが横からはバッチリ見える大きさのものである。ごく小さいのは指先がうまく動かない自分には使い勝手がかえってよくないかとも思ったのである。何も設定しないままに装用して痛くないかをまず確かめ、その後はこの補聴器とパソコンをつないで、以前測った...

  •  12
  •  -

極早生玉ねぎ50本

補聴器の店へ行った帰りに種苗やさんへ廻って極早生の玉ねぎ苗を求めたが、1軒は扱わない。もう1軒は今は品切れで数日中には入ってくる予定との事だった。ならばと、家を通り越して産直の店「おんさい広場」へと行った。開店早々でたくさんのお客さんに驚きながらも玉ねぎ苗が置いてある場所へ行った。極早生は二人の方が出店しておられた。(出している人は名前付きである)(普通の早生もあった)「貴錦」という種類の一束50...

  •  10
  •  -

ようわからないけどやっておいた事

データのバックアップは容量の大きいメモリーフラッシュにバックアップソフトを使って時々やっている。本体のバックアップってようわからんへんけど、外付けハードディスクの余裕もある事だしとイメージバックアップをした。修復ディスクも作っておいた。何処がどうなったときに必要なのか分からないままにやっているのだ。Windowsのアニバーサリーアップデートのインストールを未だ止めた状態のままだがそろそろやった方が...

  •  2
  •  -

トム・ハンクスが待っている

28日公開の映画「インフェルノ」を前に、テレビではトムハンクスの映画が次々と放映されたり、されようとしている。とり溜めた中で、一番上のは2015年の作でまだ観ていないものであるが、下の2本は観た事があるがあまりにも秀作でもう一度と録画してしまった。とりあえずこの3本をを大事にそのままにしてある。「インフェルノ」の前作「天使と悪魔」「ダヴィンチ・コード」も放映されるらしい。トム・ハンクスが私を待っている...

  •  6
  •  -

頑張れ!野菜たち

インゲンを撤収した。かぼちゃのために立派なネットを張ってもらったのでそれを使ってインゲンを這わせた。立派で背が高すぎて実をが取れなかったところもあった。(大きいことはいいとは限らない)早生の玉ねぎ(50本の予定)を植える場所だけは作った。本当にいい加減な仕事でわれながらあきれるようなマルチの張り方である。オータムポエムと白菜は、虫との格闘の末、数株ずつは持ちこたえた。ジャガイモも春のを植えておいた...

  •  8
  •  -

まれなる100歳の誕生日

我々のパソコンの先生のひとりである、なべちゃんのお母さんが24日で100歳となられる。施設で暮らしておられるが、頭脳も体力もとても100歳とは思えない元気さである。その様子は実際には見ていないのだがなべちゃんのブログで拝見している。ブログで発信されているのは遠くに住んでおられるなべちゃんのご兄弟やお孫さんたちに今のお母さんの様子を見て貰うためだそうである。普通の写真もあるが、外食へ連れていかれた時...

  •  12
  •  -

二十日大根を蒔く

はつか大根の古い種が残っている。畑には蒔く場所がないとそのままにしてあったが、テレビで「セルトレーに蒔き、そのまま育てる」というのをやっていた。セルトレーは柔らかいので2重にして使う。この作業が18日。こういうのは力が入っていないので駄目でもショックは少ない。22日には発芽していた。畑では怪しき影。ネギまで食われて・・・図書館からの帰りに円鏡寺へ行った。昨日が縁日の日なのに円鏡寺公園の方が賑わしい...

  •  12
  •  -

欲張って借りた本たち

目についた本をあれもこれもと借りたのが2週間前。全部で五冊も。結局は二冊しか読めなかった。萩原 浩「押入れのちよ」と朝井 まかて「眩くらら」。「押入れのちよ」はちょぴり怖いお話が全部で9編。「お母さまのロシアのスープ」が秀逸だった。「眩」は北斎の娘、栄を描いたお話。絵を描くのが好きで好きでという彼女の父親・母親・甥・兄弟弟子などとの確執や絵を描くときの気持ちなどがぐんぐんとこちらの気持ちに入り込ん...

  •  6
  •  -

補聴器購入決定

耳かけ補聴器の中位くらいのを借りて1週間。どんな時にどんな不具合があったとかを毎日書いたものと、いろいろな疑問点などを書き留めて店へ持参した。ひとつずつこれはこうだとか、この点は改良できるとか、電話の受け方など細かい点も教えて貰ったりした。補聴器を使う事は決めていたが、耳かけ型にするが耳穴式にするかを迷っていた。眼鏡を常時使用するので耳かけ型は耳に2重でかかる。耳穴式は音がこもるのが心配だった。耳...

  •  18
  •  -

キュウリの値段

「安かったで買って来た」と3本パックされた立派なキュウリが野菜室にあった。安い? 税抜きで193円なら1本70円じゃありませんか。最近の値段としてはごく普通の値だと思った。産直の店でもそれくらいの値段がついていた。「どうして3本で47円なんて安く売れるのかなあ」と自分が買って来た店の事を言うので「とうさん、勘違いしてるよ。100gが47円となっているよ」と指摘した。大体キュウリをグラム単位では普通...

  •  10
  •  -

「ハドソン川の奇跡」を観た

「ハドソン川の奇跡」が良かったとのお勧めに心が動いていた。エイと出かけなければまた見逃してしまうので父さんを誘ったら「何処かへドライブかと思っとたが予想は外れた」と笑った。2009年1月15日に起きた飛行機のハドソン川着水の機長が書いた本を元に、クリント・イーストウッドが監督、機長にトムハンクス。時系列で表されないでフラッシュバックで事故と現在の国家運輸安全委員会の公聴会などが交差している。冒頭に...

  •  6
  •  -

焦げ付いた煮物とクイックアクセス

大根と里芋を煮ていた。15分にタイマーをセットして手元に置いて昼食を摂りながらテレビを観ていた。なったので台所へ行き、『煮え田かな?』と串を挿したらすっと通ったし、味もよさそう。これで夕食の一品が出来たと換気扇を止めて再びテレビの前へ。録画した中国のドラマは佳境に入って気分が乗る。何やら香ばしい香りが・・・・またやってしまった。換気扇を止めたけどガスの火を止めてなかった。少しの間この類のポカをやっ...

  •  8
  •  -

岐阜のマチュピチュ

前日に出かけなくて一寸良心が咎めて気持ちが悪かった。天気も良いのでこの頃「日本のマチュピチュだ」と言われているお茶畑の見学に出かけた。東海地方だけで言うのかもしれない「日本のマチュピチュ」は、山の中腹から見るお茶畑の幾何学模様が面白いのであろう。場所は岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合上ケ流(かみがれ)。知人・友人たちも、車で1時間もかからないという近さなのでお出かけである。但し、いわゆる「モネの池」の...

  •  8
  •  -

ロッキーのテーマで

あまりの好天気でお出かけの水を向けられたけど断った。どうしてかと言うと、土曜日のスタジオレッスンの二つが魅力的で休むのが勿体ないからである。その一はステップ。やさしいステップなのだが最近はステップ台の昇降などだけでなく、手の振り付けもありになったのでより頭の体操になる。バックの音楽も楽しい。今日は懐かしい音楽で「君の瞳に恋してる」「カレンダーガール」など。終盤には「さあ、ロッキーのテーマであとひと...

  •  10
  •  -

ぎんなん

天気が安定して父さんのぎんなんが干してある。「もう食べることが出来るかね」と催促をして少しだけ皮を剥いて貰った。その後は自分の担当で、去年もやった方法で薄皮剥きをして炊き込みご飯の中へ入れた。原種ハイビスカス「ロバツス」。種からと挿し芽で増殖中。しっかりと根が張ったら希望者に進呈することになるだろう。アニメ「精霊の守り人」は今も観ている。ただ土曜日に日付の変わった時間帯に放映されるが、何か他の番組...

  •  8
  •  -

一大決心をして

耳の聞こえが悪くなって数年。耳が遠くなって不便なのは自分だが、周囲にも迷惑をかけているし(一番の被害者は父さん)、友達と出かけるのも億劫になって来ている。(おしゃべりが楽しめない)補聴器を使いたいという希望はあったのだが、高価だというのが原因で尻込みして先送りにしてきた。しかし、耳が遠くなったのが原因で何事にも億劫になるのが自分の世界をせばめ、ひいては認知症などにすすむ原因になるかもしれないと、伸ば...

  •  14
  •  -

トマトへの未練絶ちがたく

今年の我が畑のビックニュースは何といってもイタリアントマトだろう。調理して食べたいと苗が売られるとともに買って来て、あちこちのブログなどを見て、ワイルドな育て方をしてみた。伸びるわ、伸びるわ。どれだけ伸びたか測ってはいないがソバージュ栽培とやらはトマトにとっても好きなだけ伸びて行けると喜んだにちがいない。10月11日もまだ切り倒さずにしてある。畑の端っこの方に植えたので、ほかの物の邪魔にならずに済...

  •  12
  •  -

苗を植える

少量ながら買って来た野菜と花の苗を植えたり、準備したりした。ビオラは4連パックの小さなものなので、もう少し大きいポットに植え直して成長を待つ。畑の空いたところへ節操なく植えたもの。古い鉢の土を整理する。同じようなものも買って来てしまった。ピンク色で横に這うスタイルもの。こちらはちょっと前に買って来たもの。種がいっぱい出来るので種まきをしたら発芽して来た。あれこれして午前が過ぎ、午後はテレビとパソコ...

  •  8
  •  -

宿題提出を終えた

仲良しの宿題はやったような気持ちになっていた。借りて使えるようにして貰っている掲示板がストを起したので、また別の掲示板を使えるようにして貰えた。使い慣れた前のとは勝手が違うので、どうやったら作品を貼れるのかなどの練習をした。その練習だけで課題をクリアしたような気分になっていたのである。あと2日しかない事とて、もはや後がない。使いたい画像はトッコス爺さんに許しを得て保存してある白い彼岸花。今にも落ち...

  •  10
  •  -

宇宙芋でお好み焼き

前日は揚げて食べた宇宙芋。今度はお好み焼きに入れて焼いた。小さい宇宙芋(120g)を山芋の代わりにおろして使った。水は入れずに、卵は1個。キャベツは大きな葉が2枚。小麦粉は大さじ6。豚肉の代わりにソーセージ2本、天かす、干しエビなどを混ぜて焼いた。見た目は美味しそうだったがふうわり感が無く、ねっとりとした感じだった。小麦粉が少なかった?卵が少なかった?水を入れなかったから?まだ焼き足りなかった?宇...

  •  10
  •  -

宇宙芋をてんぷらで

大きな葉っぱの宇宙芋は実が生って育つのだが虫に食われ続けている。口惜しいので採って食べることにした。大きいのが250g小さいのは130gくらいである。小さい方に虫がかじり付いていた。どうやって食べようかと検索し、お好み焼きがいいと思ったが、夕食には似合わないので、てんぷらの中の一品にした。250gの方の半分だけ皮を剥いておろした。すごい色に変色したものを磯辺揚げにした。試食したらあまりにもふわふわ...

  •  6
  •  -

ついコーラを買ってしまった事

プールで水中歩行しながらの話題はさまざまで、7日に最初に話しながら歩いた女性は食べ物の話。それも外食は何処へ行った、何を食べた、今度は何処へ行くなど等。自分は貧しいので外食はほとんどしない。自分で作った野菜などを極力使っての食事作りをするから、店の名前を聞いてもどこにあるのかも知らない。でも聞くだけなら別に嫌じゃないので付き合って歩く。親子で焼き肉やさんへ行くと自分はアルコールを摂り、息子はウーロ...

  •  12
  •  -

雲泥の差の白菜とブックマークのインポート

NHK趣味の園芸の白菜我が家の白菜雲泥の差。我が家だって苗を作る時も洗濯ネットでくるんで大事にしたし、畑は入れる時もちゃんと防虫ネットを掛けた。途中で消毒もした。でもこのありさま。NHKのはどうやって育てたのか聞きたいね。小松菜・ほうれん草・大根は全滅状態。インゲンマメも食われているしネギにも虫が・・・気力が萎えてもう一度種まきする気が起きない。nekoの嘆き節は嫌だ。台風18号。予報から風だけは避けられな...

  •  8
  •  -

「えあ草紙・青空図書館」で読んでみた

なべちゃんに教えて貰ったGoogleChromeで本を読む方法。やってみた。「えあ草紙・青空図書館」というところである。最初に歌舞伎役者のエッセーのようなものを読んだ。夏目漱石の「吾輩は猫である」を開いてちょっとだけ読んで、しおりを挟んでおいておわった。次に吉川英治の「三国志」を開いてみた。これもちょっとだけ読んでしおりを挟んで終了した。これをすぐ開けるように、ブックマークバーにあるアプリの中へ入れた。(単に...

  •  10
  •  -

村上海賊の娘と月の上の観覧車

図書館関係のチョンボが二つ。本を借りに行く時、大体は希望の題名を書いて持って行く。メモが袋になかったので口頭で「この本はありますか?」と訊ねた。「村上水軍の娘」と言って・・・お顔を存じ上げない受付の方が検索して下さるが???「本館にはないようですのでリクエストとして書いておいてください。他館から取り寄せておきます」とおっしゃる。書いていたら、いつもお見掛けする方が来られた。先ほどの方が何やら訊ねて...

  •  6
  •  -

Aqua Timez「12月のひまわり」 ミュージックビデオ

No image

岐阜では信長まつりというのがあって例年通りパレードが行われたそうだが、今年はミッキーやミニーなどが先頭を切ってのパレードで大層な人出だったとか。新聞と自然風さんのブログで堪能できた。 『第60回ぎふ信長まつり(ミッキー達のディズニーパレードと武者行列)』信長役の男性が(一般人)が自前のひげもよく似合っていい感じだった。同じ日にメディアコスモスという図書館を中心とする地域交流の施設でAqua Timezのコン...

  •  8
  •  -

Google Chromeで

Google Chromeで出来ることなどを調べたりした。なべちゃんが言っておられた英語などのページを開くとさっと日本語に変換してくれるようにやっと出来た。どこからやった?忘れたかも・・・確か「設定」「詳細設定」「言語」だったよな。こんな風になる。(PhotoFiltreへ行くと以前は全くわからなかった)翻訳についてはもう一つ。「Google翻訳」音声で聞けるところがミソである。英語の発音。イタリア語の発音。正確かどうかは分か...

  •  8
  •  -

壮絶な戦いを終えて

No image

10年の長きにわたり闘病を続けていた甥が力尽きた。父親が亡くなり(こちらも10年の闘病だった)、自分の家を建築した後に発病した。脂肪肉腫、それも悪性の物で、腹腔内の大きくなった肉腫を手術で取り去る事を何度も繰り返した。つてを頼ってあちこちの医者を訪ね歩き最終的には熱海のお医者さんを頼っていた。姉に(本人の)付き添ってもらって車椅子で訊ねたその先生もあまりの病状に「病院を紹介するから入院しなさい」と...

  •  10
  •  -