nekoの日記帳

Archive2016年09月 1/1

次のミッションは?

何やら始まった。父さんの仕事。さて、この先は?我がルーターから有線でトタンの下を配線し隣の部屋のネット環境を整える。部屋の壁に付けたルーターからは無線で・・・息子の書いていったテキストを参考にやったらしい。最後の所だけちょっとお手伝いした。以前はこのトタン壁越しの無線だった。「早なったかね?」と訊ねたら、「早なった」と言った。もう一つお手伝いした。スピーカーが置いてあるのにそれから音が出ていない。...

  •  6
  •  -

名残りの野菜と揺れる水面

夏の名残の野菜たち。ほんの少しづつだけどちゃんと食べてやらないといけない。プランターに名残りで残っていたスイスチャード数株を畑へ植えたけど大きくなるのかなあ。 元のプランターに土を入れ替えてまた同じものを種まきした。雷が鳴って強烈な雨が降ったりした一日だったが、しずくがきれいだったので、フリーのソフト「Reflet ルフレ」で遊んだ。鏡面を作ってその部分を揺らすらしい。これは4枚で構成されていたので...

  •  8
  •  -

外仕事と芋粥

久しぶりの良い天気で溜まった外仕事を少しでもこなそうととりかかる。❶ 草取り。❷ 廃棄する野菜や鉢物の始末。 ゴーヤ廃棄処分❸ 種まき。 スターチス・スイスチャード・山クラゲ・二度目のホウレンソウ。❹ 定植。 菜花・虫に食われた白菜の追加植え。蚊の攻勢がすごい。それを薬で避けつつの仕事はあまり捗らず。昼と夕方のシャワーが心地よく、アルコールの効き目がしっかりと出た。まだ小さいサツマイモを探って取り、軸...

  •  6
  •  -

ほっと一息

No image

「私信 まるです。」のまる。今日はブランコに挑戦。よいしょっとブランコに乗ろうとする。 最初はなかなか乗れなくて、「それ!」と後ろから押してやりたくなった。一度乗る経験をしてしまえばあとは上手に乗れる。何もしたくない時に見ているとほっとする。...

  •  8
  •  -

お彼岸の墓参り

プールの帰りに兄の所へ寄った。やせ細って今年の正月ごろの面影はまるでない。しかし、今日は目を開けて何やらしゃべってくれた。どういう意味の事を言っているのか分からないけど、視線が定まっているので調子が良さそうだと思えた。手を握ったり、足をさすったりするだけである。「今日はお彼岸の最後の日だから、これからお墓参りに行ってくるでね」と言ったら何やら返答してくれた。帰宅しておそがけのお墓参りに行ってきた。...

  •  10
  •  -

彼岸花を求めて

午後からの天気予報が良くなかったのでスポーツクラブへの送迎を頼んだ。午後1時半の迎えを頼み、その足で隣町の図書館へ。返却したのは「ミレニアム4」「町長選挙」「遊園地に行こう!」で、借りたのが「村上海賊の娘」「押入れのちよ」「月の上の観覧車」。そしてJAの産直の店「おんさい広場」へ花や野菜を買いに行って貰う。(まだお彼岸のお墓参りがしていない)例年だとお墓のお花もあり合わせで間に合わせているが、今年は...

  •  10
  •  -

頭が混乱

「フォト」で頭が混乱した。MicrosoftのフォトとGoogleのフォトで、自分がいまどっちを開いているのか分からなくなってしまう時がある。Windows10になって「フォト」というアプリが追加された。それまではフォトギャラリーやカメラのソフトを使っていた。フォトギャラリーよりフォトの方が編集機能が多いのでWクリックで開くように関連付けた。そしてよく似たGoogleアプリのフォト。こちらはアップロードした画像などの管理や編集...

  •  4
  •  -

歩いて3分の彼岸花と音声入力

歩いて3分。神社の彼岸花は今年も咲いていた。モミジの幹が大きなうろになっていた。竹が数本で支えてあった。ブラインドタッチで入力が難しいので音声で入力を試してみた。一寸前に試したものなのだが、どこでこれをやってみたのか忘れたのである。「コルタナはまだ使った事がなかったはずだしなあ」数日前に確かに自分でやった事なのに・・・やっと分かってもう一度試してみた。Googleのアプリの「もっと見る」でGoogleドキュメ...

  •  4
  •  -

気力が失せる

胚軸切断挿し木法とやらを成功させ、苗が上手にできたと思って定植した白菜とオータムポエム。万全のかまえだと思っていたが甘かった。これ以上どうしたら良いのか分からない。少しだけ種まきした葉物もきっとまた虫に食われるに違いない。気力が失せて、その他の種まきすることも嫌になってしまった。そういいながら、虫がいるにも関わらず、未練で撤収出来ないものがある。...

  •  8
  •  -

大雨と宿題

台風16号の進路や状況をテレビやネットで見る。思いのほか南のコースを辿るようで、風対策は何もせず。大雨が怖い。だけど雨は避難するほどの雨量以外は対策のしようがないのである。前日に食料をいつもより多めに購入して来たので今日は出かけなくて済む。仲良し掲示板へ投稿する課題が出ていた。皆さん、素早く作品を作られて投稿されているので焦った。新聞に読者の投稿され、紙面を飾ったものがまとめて掲載されていた。その...

  •  8
  •  -

韓国物と中国物

韓国ドラマをみるようになった。以前はNHKの放映するのを1本見ていただけなのに、最近はあっちもこっちも観ている。終わってしまったが「夜を歩く士」(全20話)。これは週に2話ずつ放映された。ヒロインがいかにも可愛かった。NHKの始まったばかりのも観ている「三銃士」世子と世子の奥さんがいい。そしてドラマで初めての中国の物。「ろうやぼう」〈難しくて漢字で書けない)月~金の週4回。で全54話だそうな。今8...

  •  6
  •  -

整理に明け暮れた

縦長の棚が転倒しないようにしてくれたので、棚板の位置を調整しながら物を少しずつ収めた。勿論、まだ途中である。敬老の孝行を母親だけにすると父親がひがむといけないという訳で、息子は今度は父さんのパソコンの付け替えをしている。父さんのパソコンはデスクトップ。デスクそのものはちょっと前から大きなものにしてあるので本体を買って来たようだ。本体はサクサクなのだが無線の環境が良くない(ルーターは私の傍にあってト...

  •  12
  •  -

敬老の日かね?

光通信をプレミアムからネクスト隼に切り替えて貰った。速度は速くなったか?数字的には2倍以上の数値が出ているが(155。単位がよく分からない)実際は遅くなってしまった。息子に言わせると「安いプロバイダーがネクストに切り替えたのできっと混んでいるのだろう。他所へ変えよう」との事。お任せする。そして17日は私のパソコン周りの環境を整えるプロジェクトだと称して大きな机とファイルなどを入れるボックスの設置を...

  •  8
  •  -

光通信ネクストへ

金曜日、朝から冷や汗をかいた。「光プレミアム」から「光ネクスト隼」に切り替える事を17日に予約してあるので午後8時までに終了しなければならない。事前にNTTから各種IDやアクセスキーが印刷されたお知らせが来ていた。3日前には機器も到着していた。設置に当たり、この通知を用意しようとしたけど見当たらない。 これが来た時に「大事だ。けどあまり大事に仕舞い込んでしまうといけない。」と思った。 で、どこへしまっ...

  •  8
  •  -

虫の攻勢に負けつつある

ヨトウムシが大発生している我が畑。さつまいも・ゴーヤ・トマト・空芯菜などどれを見てもヨトウムシがいるし、その他カメムシもいっぱい。先だって移植した白菜がもう食べられている。 消毒をして殺さないと今後も大変なことになる。成長して土の中へ潜って冬を越し、ヨトウガとして卵を産み、盛大に勢力を広げる。思っただけでもぞっとする。ゴーヤはもう食べ飽きたし、ナスや甘長は小さいのも千切って、インゲンはまだ花が...

  •  8
  •  -

時計の新旧交代とGoogle Doodle

台所の掛け時計が止まった。電池だと思って替えたけど動かないので父さんに見て貰ったら「こりゃ駄目だわ」と言われた。父さんの甥の結婚式の引き出物なのである。ちょうど30年。時計は動かなくなったけど彼らは円満に過ごしている。自分が食卓に座ったり、洗い物をしたりしてちょっと見るのにないと不便である。父さんの正面にも一つ時計が掛けてあるのだが、流し傍からは冷蔵庫の陰になって見えない。ホームセンターで同じよう...

  •  8
  •  -

プリンター修復騒動記 

キャノンMG6330においてのプリンター修復は結局失敗に終わった。2日間にわたり、合計7時間を費やした修復の仕事(半分以上がネット検索だが)は「エンコーダーフィルムの掃除」と言うのが出来なかった。プリンターの蓋がこの6330はぱっかりと開かないのである。他の機種の動画など見てみると全面的に開いてフィルムの掃除が出来るようだ。(キャノンの動画もあった)ネットで同じ型の人が質問されていたが、お答えはばらして...

  •  7
  •  -

一難去ってまた一難 プリンター

プリンターはキャノンのMG6330で、買って3~4年経っている。インクは2年くらい互換を使用している。ちょっと前に、昨年12月にネットで買ったインクのうち1本が「感知しません」と出た。イエローは予備はそれしかなく、仕方ないのでホームセンターで買ってきて間に合わせた。1年以内なら交換してくれるとあったので、すぐに連絡しようと思ったが、「まてよ。あと最後の2本も不具合が生じるかもしれない。そのインクを取り換...

  •  10
  •  -

白菜とオータムポエムを定植

来週は天気が悪そうなので頑張って畑仕事をした。例の胚軸切断挿し木法で作って洗濯ネットに入れてあった白菜の苗の本葉が4~5枚になったので畑へ植えなくちゃと焦った。知らなかったけど、白菜はポットで根が回り過ぎると定植した時によくないそうだとか。起して準備してあった二畝に定植をした。NHKの「野菜の時間」の藤田先生の白菜の植え方でやってみた。溝施肥というスタイルだった。(半分疑問視しながら・・・)といっ...

  •  10
  •  -

車椅子バスケとUSオープンテニス

錦織選手のUSオープン準決勝の第2セットと第3セットのタイに持ち込んだところまでを観た。結果を知ったのは午後である。 残念!夕方にパラリンピックの車椅子バスケの対スペイン戦をほぼ全部見た。前日に続いて負けてしまった。パラリンピックの試合をみたのは初めてで、そもそも見てみようと思ったのは「サラめし」に及川へッドコーチが出ていて「あ、バスケ見てみたい」と思ったのである。NHKの事前の番組を見たので感化され...

  •  6
  •  -

ハイビスカス原種 ロバツス

モネの池へ行ったときに隣で花を買った。ハイビスカスの原種で「ロバツス」とあった。這うタイプで花も小さい。よく見るとなるほどハイビスカスの花である。種が出来るので春暖かくなったら種をまいてもよし、9月に剪定がてら挿し木をしても増やせるらしい。冬は切り戻して室内で越冬させるのだそうな。来年我が家はこの花ばかりになったりして・・・...

  •  8
  •  -

雨降りの日は

8日の午前は雨降り。雷も鳴っての大雨だった。珍しく朝から台所に立った。頂戴したバターナッツかぼちゃ。前の晩はてんぷらにして食べた。シンプルに焼いて食べてみたり、スープを作ったり。このスープには、みじん切りで冷凍して置いた玉ねぎ2個分をを炒めて、(四分の三は玉ねぎしょうゆだれに使い)残りを使った。玉ねぎしょうゆだれの写真がない。もう少しだけ残しておいたのはどうやって食べようか?スーパーでは玉ねぎも高...

  •  8
  •  -

奥田英朗「東京物語」で賭けをした事

奥田英朗「東京物語」が面白かったと本好きの知人に話したら「『インザプール』とか書いた人だろう?」とおっしゃる。沢山本を読む方なので、知ってはいるのだが、「ひであき」だと言われる。「いいえ、ひでおです」という自分。奥田英朗の朗の読み方を(ろうかおか)確認したばかりだったので絶対の自信があったのである。奥田英朗岐阜県岐阜市生まれ。金華小学校・岐山高校卒。著書多数。(自分は家日和が印象に残っている)賭け...

  •  4
  •  -

パッションフルーツほぼ終了

8月から9月は日差しが斜めに差して暑い日が多い。パッションフルーツはその日差しを和らげてくれる他に、美味しい実まで生ってくれるお利口物である。豊作とは言えなかったが実の落果もほぼ終了である。やはりジャムは作りたい。出来た。ジャムづくりの片手間に旧パソコン( Windows7)の止めてあったアップデートを解禁した。( Windows10にしたくなかったので自動アップデートをしなかったのである)パソコンが壊れたのでは...

  •  10
  •  -

さつまいも 見てみるだけのつもりが・・・

市販のさつまいもから芽を出させ、苗を作って植えたのが6月だった。肥料はやっていないが葉も茂っているし「どんなふうになっているかな?」とこっそりと覗いてみた。ちゃんとイモが出来てる。嬉しくなって見るだけだったはずなのに2本だけそっと掘り出した。スマートだから筋だらけかもしれないがその姿を確認したので安心できた。後は大きくなるのをじっと待つのみである。...

  •  10
  •  -

防虫ネットカプセル

8月25日に試しにやってみた胚軸切断挿し木のうち、キュウリは畑へ定植した。アスパラ菜・白菜・花菜は一部枯れたのもあるがそこから根が見えているのでポットに植え替えをした。畑へ植えるにはまだ小さいのでそのままも居ておくのだが、いつもその間に虫に食われたり、徒長したりする。「ニャハハの家庭菜園」さんで防虫ネットカプセルなるものを紹介されていたので、プールの帰りに百均へ寄り材料を買って来て植え替えした苗を...

  •  8
  •  -

イタリアントマトの夏

3種4株のイタリアントマトの苗を購入することから今年の夏は始まった。トマトに適した、雨が少ない日が続いたりして、ビギナーズラックとも言える豊作だった。希望通りに焼いたりしてたくさん食べたし、ソースとして保存も出来た。秋冬野菜を植える場所がないので、挿し木して育てたトマトたちに泣いてもらった。最後になるであろうトマトソース。タマネギも炒めず、トマトも半分くらいのざく切りで煮てからミキサーに掛けようと...

  •  6
  •  -

胚軸切断挿し木法の秋きゅうりとネギの土寄せ

胚軸切断挿し木法の秋きゅうりは本葉がかなり大きくなってきた。という事は発根しているという事。徒長させたくないので手を尽くしたけど、元のも挿し木したほうもヒョロヒョロである。畑へ移植した。この方法は本当に家庭菜園で本数が少ない時はいいけど沢山だったら面倒で出来ないだろう。白菜やアスパラ菜も生きてはいるがまだ成長が出来ていないので移植はできない。教科書通りにまっすぐに植えたネギ。肩の土に肥料を混ぜてか...

  •  12
  •  -

泳ぐ鯉を見て堪能する シモネの池

待望のシモネの池へは行けたが、スイレンの季節には遅すぎて、水に浮かぶ葉も茶色くなったりしたのがあった。水中から新しい赤っぽい葉が伸びて来ている。さまざまな色の鯉が放流されていて悠然と泳いでいる。スイレンが楽しめなかった分、泳ぐ鯉で楽しんだ。あ、そうそう。 池の傍で「兄貴が昨日捕ってきたきた天然鮎の一夜干し。小さいけどどうかね?味は保証するよ」と朴訥な感じのおじさんが言うのでつい買ってしまった。さっ...

  •  6
  •  -

今更ながら・・・「モネの池」

岐阜のみならず、他県からの訪問者があるという関市板取の名もなき池。誰が名付けた通称「モネの池」へ遅ればせながら行ってきた。「きれいだ、素晴らしい」と評判が良すぎて、あまのじゃくの自分は「ふん!昔の夕べが池はこんこんと湧き出した水でもっと透明で素敵だったよ」などと口惜しまぎれに言う。それでも一度くらいは自分の目で見ておかないと話にもならない。紫陽花の季節に行こうかと思っても、朝からすごい見物人だと聞...

  •  4
  •  -