nekoの日記帳

Archive2015年03月 1/2

2週間で読めた本、読めなかった本

隣町の図書館で本を借りたのはついこの間だと思っていたら27日でもう2週間が過ぎてしまった。市のバスの図書館は1カ月ごとだったのでのんびりと読めたが最長14日間は結構忙しい。5冊も借りてはいけないとわかった。完全に読んだのは2冊なのである。最長2週間なのだから2冊くらい借りて来て、早く読み終わってしまったら又借りに行けばいい。これから陽気も良くなることだし自転車こぎこぎ運動がてら何度も出かけよう。読ん...

  •  6
  •  0

「魔女の宅急便」と「アメージング・スパイダーマン」

実写ものの「魔女の宅急便」を観た。尾野 真千子の出演映画として選んだものである。(こういう映画でも魅力的だった)アニメで楽しんだ記憶がよみがえった。「アメージング・スパイダーマン」今回はピーター・パーカーはまだ高校生である。日曜の午後、やることもやらずに映画を観て過ごした。...

  •  8
  •  0

わんわん広場?ドッグラン?

No image

一宮市大野極楽寺公園は市民の公園だ。芝生の広場やサイクリングロードやウォーキングも手頃な距離である。犬を連れた人をよく見かけたのでちょっと驚いた。普通、公園は犬を連れて入れない所が多いような気がする。そしてその訳が分かった。ドッグランと言うのだろうか、芝生の場所が簡単なネットで囲まれてその中で犬とご主人様たちが遊んでいる。交流の場所とでもいうのだろうか。ここは事務所で登録すると無料で使えるらしい。...

  •  6
  •  0

カタクリと桜

毎年見に出かける関市武芸川宇多院のカタクリがもう満開近しの情報を得た。アッシー君は金曜午前と土曜午後それに日曜日も駄目というスケジュールだった。金曜日はヨガへ出かけるのが通例だったがそれを止めて、定期の医者へ行った。12時には二人が揃ったのでまずカタクリの里へ。なるほどよく咲いている。まだつぼみも結構あって満開とは行かないがいい感じであった。欲張りな自分は、一宮市の木曽川堤や大野極楽寺公園の桜がいい...

  •  8
  •  0

寒さが去って道端に春

自転車通勤の傍の公園に早咲きの桜が咲きだした。春である。床とフェンスが木製で作られていたデッキ。風情があったのだが歳月が経てフェンスが腐ったりして危険な状態だった。数か月経ってやっと直された。今度は金属製である。ウォーキング途中のおじさんがラジオ体操やストレッチなどされている。フェンス越しの川ではカモやサギや鯉も泳ぐ様子が眺めれる。春である。...

  •  7
  •  0

花わさびの醤油漬け

道の駅で買った花わさび。ほんの100g程度でどうして食べたらおいしいのか?たまたま見たページではざく切りにした花わさびを80度の湯で10秒程度茹でるとあった。ざるに上げて熱いうちに塩を振り、もみ込む。(怒らせ辛みを出すのだそうな)すぐに密閉容器に入れ3時間。より辛さが出た時点で醤油やみりんを入れて再び密閉容器で保存するのだそうである。茹でる前に噛んでみた。 辛くない。揉んだ後、密閉され3時間経った...

  •  9
  •  0

眼科へ二往復

No image

3週間前に眼科へかかった。「点眼薬が無くなっても症状が好転しない時は左目の白内障検査をしましょう」と言われていた。よくならないので意を決して出かけた。「瞳孔を開くので数時間はまぶしかったり物がよく見えなかったりするのでその点を承知して来て下さい。自動車の運転は不可です」と注意があった。強風の寒い日だが天気はいいし、田圃道だからと自転車で出かけた。凄い待ち人である。高校野球を見つつ待つこと5分で受付で...

  •  9
  •  0

重たい映画で夜更かし

日曜日のテレビは「花燃ゆ」と韓国ドラマ「奇皇后」を観るのが定例である。「ダウントン・アビー」は遅い時間の放映なので後日に観る。映画を1本追加で観たので月曜日がちょっと辛かった。コリン・ファースと二コール・キッドマンに真田広之と役者が揃った「レイルウェイ 運命の旅路」である。どんな映画かも知らず、ただ出演者名で予約した映画だった。昔むかし「戦場にかける橋」という映画があったが舞台はそこと一緒。イギリ...

  •  4
  •  0

草取りの前に

「草取りをするぞ!」と気合を入れて畑へ行ったら春菊の柔らかそうな葉がある。ニラもまだ短いけど柔らかそうな葉が・・・早生玉ねぎがぷっくらと膨らんできている。先に収穫だ。写真も撮っておかなくては・・・という訳で、草取りが始まったのは10時半だった。腰も痛くなるだろうから2時間でやめにした。...

  •  6
  •  0

春分の日は

春分の日の21日はトロリとした日だった。真っ青な空でもなく、花曇りとでもいうのだろう。通り道では白もくれんが満開。川ではカモたちがのんびり泳いでいた。お彼岸の中日でもあり、早朝にお墓参りをしてきた。午後からおはぎを作った。と言っても既成品の粒あんを使ってなので半既成品とでもいおうか。黄粉と黒すりごまの中にも餡をいれた。お彼岸団子は完全なる既成品である。あれやこれやとやっていて結局草取りは殆ど出来なか...

  •  6
  •  0

20日朝のどっきり

朝、9時ちょっと前にパソコンを開いた。(自分のブログが最初に開くようにしてある)コメントを頂戴していたので管理画面へ行ってコメントを書いた。またブログのトップへ戻ったら何故かこんな画面になり、真っ白なのである。どこか変なところを触ったのだろうか?横文字をグーグルで検索してみても訳が分からない。管理画面へ飛んで行けるのだ。あちこちネットを探しまくっていたらこんな所を発見し、こりゃ私だけではなくFC2さ...

  •  6
  •  0

ああ、やってしまった

ああ、やってしまった。慌てると碌な事が無い。いなべの梅とアズマイチゲを撮った17日の写真。デジカメからパソコンへ撮って来た写真を入れたつもりだった。動画はカメラのソフトで取り込み、そのソフトで余計な部分などをカットしてそれをまた保存する。そうして先に取り込んだ物をパソコン内から削除する。静止画も取り込んでから不要な物を削除した(はずだった)ブログに使おうとPhotoすけーぷで加工した。15枚ほど使った...

  •  6
  •  0

梅の次は桜

朝、河津桜が満開だとのブログを見て行きたくなった。午後1時の予約をしておいてからスポーツクラブへ。今日のステップ中級は休まなくてもついて行くのが困難な代物で、「脳細胞活性化のために」と頑張っている。それにしても難しかった。「いよいよ引退でしょうか」と先生に言ったら「この困難を乗り越えましょう。今までも何とかなったでしょう?」と励まされつつも気分は下降線で帰宅した。予約時間から10分遅れて出発し、ナビ...

  •  8
  •  0

晴天だったので

晴天の約束がされていたので朝からお出かけした。三重県いなべ市の農業公園の梅まつりである。全体の4分咲きとあり、まだ早いとわかっていたが天気と各自の都合が合わず、やむを得ずの出発となった。途中でコンビニへ寄り、入場券をゲットすることにした。この前もインクを買う時にドキドキしたので練習だと考えたのである。指定の番号をメモして行ききっと出来ると思ったが結局店の人に手助けをして貰ったのだった。到着した駐車...

  •  10
  •  0

突然折り紙をする

折り紙のページを見ていて突然折りたくなった。きれいだったし、やさしそうだったから・・ピンクと白が無かったのでこんな色の組み合わせになってしまった。参考場所は 意外と簡単。立体的な「花」折り紙"Flower"Origamiその他簡単なものを・・・ちょっと手の込んだものは途中で放棄して終りになる。...

  •  8
  •  0

焼きバナナ

旦那さんの真似をしてトーストと一緒にバナナを焼いた。そのまま食べるよりは美味しかった。...

  •  6
  •  0

発芽と開花

きっと駄目だろうと思いながらもポットに播いて二重にビニールで覆って置いたキュウリの種が発芽した。いつ播いたのか記録がないが2月である事は間違いない。夜は毛布を掛け、(たまに忘れる事もあり)まだかまだかと待っていた。このまま大きくなればバンザイだ。ネモフィラも少しずつ咲きだした。春の訪れ。このネモフィラは珍しく白色である。(いもこさんから頂戴した?)スノーストームというらしい。暖かくなったらもっとも...

  •  8
  •  0

隣の町探訪

今まで床についてから活字を見てから眠りに付く習慣だったのでバスの図書館が終わってから手持ちの本を枕元に置いてごまかしていた。「やっぱり行ってこよう」と隣町の図書館へ出かけた。貸し出し用のカードを作ってもらい、どれを借りようかと迷うことしきり。一度に10冊の本が借りれ、期限は2週間だそうである。まずはこんな本を借りてきた。庁舎新築中の脇を通り懐かしい中学校近辺を回った。モダンな中学校。(自分が通ったこ...

  •  6
  •  0

堂々と

自転車での通り道に野良猫が居る。一匹は自転車で走っていても寄って来る気配がするくらいでとても野良とは言い難い。それも道理で餌をやる人がいるらしい。それも食べきれないくらいなのか、カラスがその餌を食べているのを見たりする。今日は道の真ん中で堂々と寝ころんでいたので自転車を停めて写真撮影を行った。黒は木陰から偵察中だ。「道路でくつろぐ猫たち」と題して動画にしてユーチューブへアップした。...

  •  8
  •  0

「花燃ゆ」の文

プールで水中歩行をしながらのおしゃべりはあちこちへ話が飛ぶ。(11日は水温が高めだったので寒くならずおしゃべりが続けれた。)もつ鍋を食べに行った話と近くの美味しかったという寿司屋さんを教えて貰う。テレビドラマの話になる。「花燃ゆ」の文が結婚する話から、久坂玄端役の東出昌大は杏と今年の1月1日に入籍届を出したそうだ。とか伊勢谷友介は「白洲次郎」で格好良かったねとか。白洲雅子役は誰だったっけ?うーん出てこ...

  •  6
  •  0

自動車図書運行終了と図書館難民

バスによる図書館。数十年(大げさでなく結婚直後から借り出し、途中数年中断はあったけど)に亘り、借りる本はここでまかなっていた。年間の利用者数やバスの維持費・人件費などを考えたのだろう。この方式はなくなり最後の収集である。先月、もう借りるのはやめようと思って入ったバスの中にこの本を見つけた。本屋大賞候補作品 吉田修一「怒り」   作家名から読んでみたいと思っていた本だったので最後の借りる本にした。し...

  •  6
  •  0

大通寺のアセビ盆栽

日曜日に出かけた大通寺と馬酔木展を動画にしてアップした。シロハナたんぽぽとフクジュソウで遊んでみた。...

  •  6
  •  0

セツブンソウとアセビ

米原市大久保(伊吹山の西ふところ)のセツブンソウまつりが15日に開かれるとの事。その日はアッシー君が用事があって行けないし、天気も分からない。開花情報を見たら3分咲きとあったし、大久保の区長さんの携帯の番号も載っていたので土曜夜に直接電話してお聞きしたら「咲いてます。咲いてます。どうぞお越しください」との事だった。土曜日の雨も上がり日曜日は気温の上昇もあるよい天気の予報だったので出かけた。日曜日だっ...

  •  4
  •  0

初めて知った漢字 おうばんぶるまい

No image

おうばんぶるまい先日新聞で初めて知ったこの漢字。椀飯振る舞い大盤振る舞いの「大盤」は当て字で、本来は「椀飯振る舞い・椀飯振舞(おおばんぶるまい)」と書く。 「椀飯」とは椀に盛った飯のことで、「わんばん」から「わうばん」、さらに「おうばん」へと変化した。 大盤だとばかり思っていた。この歳にして初めて知った漢字だった。ウヘーである。...

  •  6
  •  0

偵察かたがた

今年は梅の開花が遅いと聞いた。偵察かたがた墨俣光受寺へ。しだれの白梅は見ごろだが紅の飛龍梅はまだ一分咲きていどである。街中ではテレビカメラが回っていた。地元のテレビの取材があったせいか土日しか登場しないぽぽ姫なるキャラクターが登場。ついでにまわった百梅園は、木が密集しているせいか例年のごとく短く切られた枝がどうも相に合わない。地元のお母さんたちの野菜や食べ物を買って退散した。...

  •  6
  •  0

ネットで互換インクを買う

プリンターのインクのうち、マゼンタが少なくなってきたので用意をしなければいけない。現在はOHMという所の互換インクを電気店かホームセンターで買ったのを使っている。ネットで検索すると純正以外はピンからキリまで値段があってどう理解すればいいのか分からない。まずはお勉強から。純正以外に互換とリサイクルがあり、互換はカートリッジは新品でインクは非純正。リサイクルはカートリッジが純正の使い回しでインクは非純正...

  •  6
  •  0

シクラメン満開

年を越して咲いているシクラメン。ちょっとだらけてみっともない姿になっている。ではしゃっきりしたのをとパソコンで描いてみた。こちらは永久に枯れない。しおれない。...

  •  6
  •  0

葱で洋風

3月の声を聞けばいろいろな野菜がとう立つ。ネギも硬くなってそのうちネギ坊主が出て花が咲く。そうなる前に食べようと試したのは、楽子さんのブログで発見した葱の洋風な食べ方。しかも多量に・・・白ネギを縦半分に切ってスープで煮、柔らかくなったら冷ましてソースをかけて食べる。かけるソースはヴィネガー、塩コショウ、粒マスタード、オリーブオイルで作ると書いてあった。柚子のしぼり汁とオリーブ油の割合は1:3で作っ...

  •  12
  •  0

定員オーバーと涙のオーバーフロー

No image

月曜日一番最初のレッスンであるヨガは人気があり、定員オーバーにならないか心配しながら行く。10時の開館前からレッスン希望者が並ぶ。(10分前にかなりの人がいたそうだ)10月から3か月間は他のレッスンとの兼ね合いがあって出席しなかったが1月から出るようになった。1月2月は開館5分前に行けば20名のうちに入れたし、殆ど定員いっぱいか少ない程度であった。ところが3月に入ったとたん、出席者が増えたらしく5分前に...

  •  8
  •  0

公民館まつり

校区の公民館まつりが開催された。朝から雨降りで寒い日になってしまし、出かけるのが億劫だった。自身はパソコンでの作品を3点出品しただけで舞台での発表はないので欠席してもどうという事は無いのだが何となく気がとがめ、自発的に送迎を申し出てくれた主人に乗せて貰ってやっと出かけた。展示された種々の作品を丁寧に見て回り、感嘆することしきりである。才能がある人がいっぱいである。とても写真は撮りきれないし、載せき...

  •  6
  •  0