nekoの日記帳

Archive2012年10月 1/2

曽根城公園のハリヨ

神戸町のバラ公園の開花は今一だと聞いたのだが自分の目で確かめに行った。やはり、残念な有様であった。 とはいえ、ひとつずつ見ればこんな風にきれいなのだが・・・ 折角出かけてきたので南下して曽根城公園のハリヨのご機嫌伺いに行った。 いた!いた! 大きな藻は取り去られていたのであちこちで泳いでいるのが観察できた。 巣作りをしているようなのが見られた。曽根城公園のハリヨと題して動画でアップ。 下の画像クリックで...

  •  2
  •  0

航空写真撮影の現場

近くの幼稚園が創立50年で航空写真を撮ると知らせが来た。 飛行機はまだの様子。 あ、飛んできた! セスナ機。 3回くらい旋回して撮影が終わったらしく、セスナはバンクしながらさよならをし、園児たちは手を振りながら大きな声で「バイバイ!」と別れの挨拶をしていた。 そうか。この幼稚園は50年たったのか。息子も娘も卒園生なのである。むかし、昔のことである。...

  •  2
  •  0

道の駅で買ったもの

紅葉見物であちこちの道の駅へ寄り、その度に買った。 持ち帰った食べ物。 「はさ干し」の文字に引かれてもち米。 飾り物。ラベンダーはトイレ用かな? 生もので赤い実のついたものがあった。「チェッカーベリー」と名札が付いていた。 大株は1000円だったのでケチって400円の方を購入した。 ツツジ科の植物で夏越しが難しそうだが冬じゅうこの赤い実を眺められたら「ま、いいか!」 現地で食べたもの。 午前のおやつに『パスカル...

  •  6
  •  0

GIF動画の覚え書き

ハロウィン用GIF動画を作った。(悪戦苦闘) 素材はあってもなかなか作れずやっとアップした。 作った過程をすぐ忘れるので覚え書きとして書いておいた。 自分に分るように書いたので他の人がみても???かも知れない。 上記のは「満月にこうもりが飛ぶ」。 自分の掲示板に貼ったのは「魔女と満月」のバージョンである。 自分の掲示板ならリンクを貼ってもいいだろう。 「nekoの掲示板」へ...

  •  4
  •  0

紅葉ドライブ

例年行く紅葉ドライブ。 今年も風邪から回復した主人と飛騨方面へ。 美濃から八幡まで有料道路に乗り後は全て下道で、せせらぎ街道→高山へは寄らずに西進し清見から荘川の峠道を通り牧戸から南下してというルートである。 紅葉がまずまずきれいだった所。 クリックで拡大標高の高い所は紅葉がきれいだったが全体的にはちょっと早かった。 快晴で風もなく気持ちのいい空気を沢山吸って来た。 動画をユーチューブへアップした。 「清...

  •  6
  •  0

長すぎた支柱と虫食い白菜

川原で取って来て貰って使っている竹。 長くていいなあとそのままインゲンの支柱に使ったのは失敗だった。 8月に蒔いていい具合になっているのだが、どんどん支柱に巻き付いて登っていく。 手が届かない。 「おーい、インゲン。何処まで行くのかよー」 キラキラネットをかけてある白菜だがご覧のとおり虫食いだらけ。フンだらけ。 毎日虫を探して手で取っているのだが、どうも負けそうな気がする。...

  •  6
  •  0

目に入ったもの

北風が吹き出して本格的な秋模様の日。 自転車で走りながら、青空以外で目に付いた物たち。 まだ夏の服がその辺にぶら下がっている・・・・・・...

  •  0
  •  0

他人の人生を生きる!

No image

冲方 丁(うぶかたとう)の映画化された「天地明察」まだ読んでいない。しかし、朝日新聞の誰かの書評を読み、「光圀伝」が良さそうだと巡回図書にリクエストしておいた。そして又他紙の書評。海猫沢めろんという聞いた事も無い人が書いていた。素晴らしい本だと賛辞が書かれていたが、自分がハタとひざを打ったのが次の文だった。小説を読む事は人生を何度でもやり直す事に似ている。優れた小説を読む時、人は他人の人生を生き、死...

  •  2
  •  0

もしかしたら・・・

挿し芽で増やしたクラリンドウを頂戴していた。 来年の秋にはきっと花がさくだろうから大事に育てようと思っていた。 え? もしかしてこれは花? ワクワクしながら眺めている。 こちらも順調。切り戻して植え替えをしたパッションフルーツ。 新しい芽も出て来ているので枯れずに根付いたらしい。 霜が降りる寸前まで外に置いて丈夫に育てよう。...

  •  6
  •  0

秋のイメージ

パソコン同好会でPhotoFiltreというソフトを使ってパッチワークの模様を作る事を始めた。 色彩感覚など全くなくて、何でもいいからと子どもの塗り絵感覚で色々な模様でペタペタと塗りつぶした。 題して「秋のイメージ」 こんな事をしている時間が勿体ないと思いつつ、つい遊んでしまった。...

  •  0
  •  0

優れもの

セルトレーに種まきした物をポットに鉢上げした。 今回の優れもの。ミニの移植コテ。 以前のと違って先まで同じ幅で細身なので細かいセルトレーでも脇につかえることなく底まで挿し込める。 無事にポットに鉢上げできた。スイートアリッサム・スターチス・ビオラなど。 しっかり育って寒さが来る前に定植できるよう念じた。...

  •  2
  •  0

稔り

青空が広がり、稲刈りが真っ盛りである。 今穫り入れされているのはおそらく「ハツシモ」という品種だと思う。 先だって「龍の瞳」というお米を頂戴した。  大粒のお米で、価格もびっくりするほどであるから普通に買って毎日食するわけにはいかない。 すぐに炊いて食べたいと思ったが、運悪く旦那さんが胃腸風邪らしく普通のご飯はまだ駄目みたいなのである。 醤油麹で味付けするさつま芋ご飯も食べたいと思っていたがこちら...

  •  8
  •  0

黒豆の枝豆は美味しい!

黒豆の枝豆が収穫時期を向かえ、隣家もご夫婦で豆ちぎりに精を出しておられる。 JAの産直の店へ出されているらしい。 車庫で忙しそうにされている横を「おはようございます!」スポーツクラブへと行く。 (のんびりとしている自分がちょっと小恥ずかしい気持ちを持ちつつ) 「おい!沢山貰ったぞ!」と枝ごと頂戴した。 豆ちぎりは主人がやってくれた。 早速茹でておつまみとし、一部は莢から豆を取り出した。この状態で一...

  •  6
  •  0

鳥の鳴き声とバラの花

鳥の鳴き声が聞こえる。 耳が遠いのに鳥の声は高いのか聞き取れる。 秋は活動期なのか。 動画で音声をとってみた。 鳥の名前はわからない。 こんなに沢山のバラを頂戴した。 きれいなバラそのものも嬉しいが、nekoを思い出して下さったのがより嬉しいのである。 贈り物って「これをあの人にあげたい!」と思う心が相手に伝わるものだと思う。 「ありがとう!」 傍でおもちゃカボチャも喜んでいる。...

  •  6
  •  0

じっくりと観たドラマ

No image

TBSとWOWOWが共同制作したドラマ「ダブルフェイス」やくざの世界へ潜入した警察官と警察へ入り込んだやくざ世界の男。どこかで聞いた話だなあと思ったらずっと以前の香港映画。日本人と違って顔の認識が出来なくて、どちらがどうなのか分からなくなり観るのを放棄したのだった。またアメリカ映画で「ディパーテッド」デカプリオとマット・デイモンでやったのも同じものだった。こちらも二人のイメージが重なって話が分らな...

  •  0
  •  0

書き換えカード

病院へ付いていって不思議に思っていた事がある。 診察券を科の受付で出すと裏に番号が印字される。 その番号が流れたら(画面で)受診できる。 (流石に眼科は音声で名前を呼んでいたが) 診察を終えたら会計の受付番号札を取り(これは単なる順番の札)会計へ進む。 パパッとコンピュータ入力されると診察券が返され、そこには次の予約日時が印字されている。 「来ました」と診察券を出すと本日の受診番号(二つの科でも番号は共...

  •  2
  •  0

秋月、あちこちで・・・

葉室 麟著「秋月記(あきづきき)」を読んだと書いた。土曜日の新聞の「作家の口福」というコラムで、葉室さんがテレビの対談を秋月で収録した事と地元の方達がシシ鍋を作って待っていてくださった事。その方達は「秋月記」を書いた自分が直木賞を受賞したお祝いだとのこと。 僅かな関わりを大切にして温かく歓待してくださる秋月の人の心遣いを嬉しく思った。 などが書かれていた。 葉室さんの文でしか知らない秋月だが身近に感じ...

  •  2
  •  0

茹でたサケは・・・

たまたま点けたテレビでサケを茹でて食べるというのをやっていた。 また偶々買い置きがあったので茹でてみることにした。 「さっと流水で洗って塩をふり」とあったので、「さっと流水で洗って塩麹をまぶし」、酒を少々入れた80℃の湯に5分。 そして今回は和風の味でと、ネギとポン酢で。 「如何でしょう?」と訊いたら「コメントは控える」との事だった。 自分も同意見だった。 ホイルに包んで野菜の色々とを蒸し焼きなんぞの方...

  •  8
  •  0

桑の木豆と観賞用トウモロコシ

桑の木豆は何時収穫したらいいのかよく分らないまま、さやが色づき実がぷっくらしたのをちぎってネットで干した。 少しだけ天ぷらにもしてみた。 確かにもっちりした感触である。 しかしあまり色づき過ぎたのは筋が残る。 試食したので今後はよく実らせてから千切り、乾燥させ保存する事に決めた。 ハムレット的心境から脱した。 お飾り用のトウモロコシ、虫に食われて全滅かと思っていたが、ささやかにこれだけ採れた。 難を逃れ...

  •  4
  •  0

ああ、忙しい!

「ああ、忙しい!」 これは彼?たちの代弁の語句である。 秋さわやかな好天に色鮮やかにダリアの花が咲いている。(自分ちではない) 蜂たちが誠に忙しげに飛び交って蜜を集めている。 その様子を動画で撮影した。下の画像をクリックでユーチューブの「大忙しのミツバチ」へ直行。(出来ると思う)...

  •  4
  •  0

ハムレット的心境

今年初めて作った桑の木豆。 何とか花が咲いてちびっ子ながら実ってきた。 虫に食われた物もある。しかし、さやの色づいてきたのもある。 桑の木豆はインゲンの仲間であるがじっくり実らせて収穫してもさやごとでも食べられるとある。 この種を買ったところではさやごとのフライか天ぷらで食事についてくる。 それで悩ましいのはじっとこのまま大きくなるまで待とうか、それとも若いさやを食べようかということである。 沢山あるな...

  •  8
  •  0

ハヤトウリ

ハヤトウリを頂戴した。 半分に切ると・・・ 来年栽培するには食べないでそのまま(勿論切らないで)を土に埋め、発芽させるのだそうな。 しかし、この瓜は短日性なので初夏に植えても収穫出来るのは10月だとか。 長期間育てなければならないらしい。 気の短い自分には無理か? 蔓なのでグリーンカーテンも可とか。 食べ方を検索してやってみた事は ① 漬物 ② 炒め物 いずれも塩をふってから軽く揉み、さっと水に晒してアクを取...

  •  2
  •  0

気の向くままに

祭日の月曜日。きれいな青空に、洗濯物を干し、布団類も外へ出した。 青空を眺めているうちに、「いい天気やねえ。ちょっと何処かへ行こうか?」と私。 「いいぞ」の返事を貰って、干した布団は屋内へ、洗濯物も軒下へかたづけて「さて何処へ行こう」 山ではなく、田圃・ソバ・彼岸花・すすきやキラキラ光る水面などがイメージとして出てくる。 西を向いて走り、土手や畦の彼岸花を車中から眺め、ソバの花も見、ススキを眺めて「鋏...

  •  4
  •  0

実り

よそのだがギンナンが色づいている。 囲いも何も無い道端だし誰かに盗られないかちょっと心配だ。 こちらは田圃の中にごろごろとカボチャが・・・ ハロウィン用にでも使うのか? 早生の柿も色づき始め、稲穂も頭を垂れている。 実りの秋、本番だ。...

  •  2
  •  0

鳥の声

No image

最近鳥の鳴き声が耳につく。秋って鳥がよく鳴くのだろうか?難聴の自分にもよく聞こえる。動画で鳴き声をとったので鳴き声で名前が分る方は教えて欲しい。...

  •  0
  •  0

芽が出てきた

お彼岸頃から9月末にかけて蒔いた種や球根が発芽してきた。  プランターに入れたラッキョウやワケギ、ルピナスも芽が出てきた。自分で種まきし、移植した白菜も何とか生き延びているし、毎日眺めて楽しんでいる。ちゃんと我が口に入るまで無事かどうかが問題だが・・・...

  •  4
  •  0

『24 -TWENTY FOUR-』キーファー・サザーランド

キーファー・サザーランドと名前を見て「え?もしかしたら」と頭に浮かんだのはドナルド・サザーランド。 やはり親子であった。 キーファーも『24 -TWENTY FOUR』というドラマも全く知らなかったが、キーファー主演の新しいドラマが放映されるので宣伝がてら古いものだがシリーズを放映しまくっていた。 題名から分るように24時間を放送と同じようにリアルタイムで並行して作られている。 コマーシャルの前後に時間が表示される...

  •  2
  •  0

「秋月記」

葉室 麟 著『秋月記(あきづきき)』 良かった本「蜩ノ記」に引き続き、葉室麟を3冊リクエストしたら偶然この本があった。 藤沢周平「蝉しぐれ」を彷彿とさせる。 地方の小藩、秋月藩は福岡藩の支藩であらゆる面で支配をされている。 今で言う所の出向者や家老たちの専横著しく、若者グループは決起する。 しかし、それらも全て織り込み済みで彼らは苦労を背負って藩のために頑張る。etc,etc. 「山は山であることに迷わぬ。雲は...

  •  2
  •  0

ファイナライズする

主人がブルーレイプレイヤーを買ってきた。 接続したので早速試してみた。 まずは「寅さん」 「あかん、観れん」 「じゃこれは?」 「やっぱりあかん」 「じゃこれは?」nekoのダビングライブラリーから持って行って試したが「ファイナライズされていません。本器ではファイナライズできません」 nekoのテレビの手引書をひっくり返し探した。 ビデオ形式でダビングすると自動的にファイナライズされるとある。 確かディスクを入...

  •  2
  •  0

食欲と芸術の秋

まずは食欲の秋。 栗を頂戴してさてどうしよう? もち米の古いのが4合。 赤飯用小豆と汁(インスタント風な)2合分。賞味期限が切れている。 双方を使い栗おこわにする事にした。 こんな方法でやってみた。 翌日インスタント風ゆで小豆&汁と共に炊飯器で。 初めてやったみた砂糖をまぶしてわざわざ冷凍保存した栗は、ほこほこで美味しかった。食欲いや増す。neko困るのことよ。 そして芸術の方はちょっぴり。 閉館していた...

  •  6
  •  0