nekoの日記帳

Archive2011年06月 1/1

みぞれのような枠へ

暑さも極まった。グッタリと萎れないうちに写真に収めた花たち。せめて少しでも涼しげにとmmiさんのみぞれのような枠に花を入れてみた。(JTrimを使って)イタリアンパセリ。花が出来る前に葉を摘み取って冷凍保存しておいた。ゴーヤは雄花しか咲いていない。ヒャクニチソウはいっぱい咲き出した。...

  •  0
  •  0

暑い一日

汗をかいて掃除をしようかとの決意は、あえなく潰えた。(思っただけで汗が吹き出る)白髪を染める事にした。経済的事情により自分でやらねばならない。泡を塗りたくり中に「ピンポーン」と誰やらおいでになったが出て行けない。どうしてもの用事ならもう一度お越しになるだろう。泡頭で時間を待つ間に玉葱を刻んでレンジで水分を飛ばす。その後フライパンで炒めてねっとり玉葱を作った。昼食はテレビを観ながら冷麦に胡瓜やスライ...

  •  2
  •  0

ハタヨガ入門から2年経過

2年前の7月から開講されたハタヨガ。右も左もわからないまま始めたがもう2年も経ったのだ。「このポーズはここの所をこういう風に気をつけて!」と丁寧に教えてもらえるので、出来ないながらも「なあるほど」と納得するのである。他の先生のヨガにも出席するようになった。勿論先生方からすると「見てられないよ」という感じなのだろうけど本人は至って真剣なのである。27日もほぼ同年齢者が3人。一人は首を痛めた。もう一人...

  •  2
  •  0

Gifアニメではずむ手まり

「末摘む花さん」のページそのまま真似をして、手まりを作りアニメで弾ませてみた。永久に弾んでいます。500×500の背景の中に7種類に切り取りした手まりをGiamに入れて、各コマの位置を指定して作成。テキストを見ながらやっても理解できかねる所もあったがそれらしく出来たのでOKとした。...

  •  0
  •  0

高齢者と付いたもの

今年の誕生日以前に市から「高齢者バスカードが欲しいなら申請せよ」とあったのでもちろん頼んだ。これは誕生日直後に届いた。岐阜乗合自動車の3000円分が入金されたカード。終日2割引で乗車できる特典が付いている。(高速などを除く)岐阜市でもはずれに住んでいるので市内中心部へは4回行けるかどうか?積み増し(入金)も出来るのでアッシー君が頼めない時にでも使うとしよう。もう一つの高齢者になって証書が来ないなあと心...

  •  2
  •  0

パッションフルーツその後

17日金曜日、今年初の開花をみたパッションフルーツ。実が膨らんで来た。アニメで!弓削寺のあじさいをスライドショーにしてHPへアップした。下の画像をクリックで直行。...

  •  2
  •  0

ジャガイモ穫り入れ

22日は雨も一休みだったし週末は又天気が崩れそうなのでジャガイモの穫り入れをした。男爵芋1キロのうち半分はもう収穫済み。今年初めて作ってみたキタアカリも種芋は1キロ。収穫量を測ってはいないが、二人で食べる分量は十分にある。そこで発見した事。 芽のところがピンク色。 名称と色が何となくマッチしている。キタアカリは貯蔵性が今一らしいので大事に取って置かないとおぼえておこう。又、粉質なので長時間煮る物に...

  •  2
  •  0

お出かけ写真をHPへアップ

アッシー君を願って花を見に行って楽しんだので、記念に写真をスライドショーにしてHPにアップした。何れも画像をクリックでページへ直行。岐阜県安八郡神戸町のバラ公園。岐阜県大垣市の曽根城公園のハナショウブ。魚釣りの帰りにちょこっと寄った。22日は暑かったのでゴーヤチャンプルーで乾杯!した。自宅ではまだ雌花が一個も見えないゴーヤ。昨年は7月の始めに収穫となっている。待ち遠しい。...

  •  0
  •  0

見回り隊

21日は、午前中は降ったりやんだりしていたが午後から日差しが出てきた。蒸し暑い!廃棄寸前のパソコンのWindowsの更新やウィルスチェック機能の更新やデフラグなどをした。予備なので全然使って無いけどたまには電源を入れて更新してやらないといけない。仕事をさせといて、その間に花の見回り隊をした。朝はまだ蕾だったのに3個も開花したパッションフルーツ。あわてて授粉。「おっ、種を埋めておいたアボガドが発芽している」...

  •  2
  •  0

「レインマン」と録り損ねた「告白」

「録画を予約する時はよーく確認してから」これが今回の失敗に対しての反省である。「告白」を夜中の零時にやるそうだと予約した。先週も放映していたが、その時は他の物と重なって予約不能だったので「今度は絶対に録るのだ」と・・・さて観ようと「録画一覧」を開いたら、ない。よくよく見たら00:00~00:04までのウィンブルドンテニス中継のコマーシャルが録画され、その後の肝心の「告白」はなかった。テレビ欄の案内...

  •  0
  •  0

アジサイを見に行ったこと

日曜日に出かけることはないのだが、梅雨空と相談したら「今日お出かけください」との事。午後3時前、アッシー君を願って西を向き、岐阜県揖斐郡池田町にある弓削寺へアジサイを見に行った。山の中腹なので東を見るとこんな風に見える。咲いていました。咲かせてありました。こんなのが・・・欲を言えば湯華庵(お寺が経営?すぐそばにある)で精進料理なんぞ食べたら花も一段とよく見えたことだろう。帰りに同じく池田町のハリヨ...

  •  6
  •  0

ケチケチ大作戦!

夏野菜が育ってきた。棒や紐で縛って折れたりしないようにする。ビニールなどもいいのだが今回はケチに徹してみた。黄ばんだ古シーツを裂いて紐に使う。(何かを包むほこりよけになるかも・・・等と思い、とってあった)端に鋏を入れておいて「ビリビリ」っと裂くのはある面、快感であった。「口惜しいー!」と思った時なんぞに、発散するのにいいかもね。17日(金曜日)待望のパッションフルーツの開花第1号を確認し、授粉させ...

  •  0
  •  0

子鮎を調理

14日。今回は子鮎が齢の数ほど釣れたので煮ることにした。現地で鋏で腹を切り、はらわたを出して来た。自分は縦に切ったけど主人は横に鋏を入れたらしい。「切腹の仕方も作法があるよ」と縦横の違いをしっかりと見て貰った。まあまあの味になった。(酒・砂糖・醤油で2時間)従兄弟たちとの食事会があったので持参したら「美味しい!美味しい!」と食べて貰えた。追記 刃物で切らなくても、腹のほうを半円に伸ばし指先で押し出...

  •  2
  •  0

犬上川子鮎つりその2

No image

前回10尾しか釣れなかった子鮎。 もう一度出かけた。 今回は齢の数以上釣れた。 デジカメも忘れず持参し動画も撮った。 又もやユーチューブへアップした。 釣れた子鮎の料理編は後日にアップしよう。...

  •  4
  •  0

栄養過多?なトマトと作り主

順調だと思っていた中玉トマト。どうも元肥が多すぎたようである。太い茎。垂れ下がった葉っぱ。そして・・・野菜は何でも元肥が大事だと思っていたがトマトは違うようである。でっぷりと太った姿は作り主さんとそっくりである。「栄養は大事だけど過多はいけません」という見本がここにある。(涙)...

  •  4
  •  0

黒豆で・・・

頂戴した黒豆がまだ残っていたので食べる事にした。茹でて柔らかくなった所で半分は煮豆に。みよさんのコメントやいも子さんのブログなどで知った「黒豆ご飯」も炊いてみることにした。分量も何もいいかげんで塩で味付けし、茹で汁も適当に入れた。刻んだ梅干しも入れた。二人とも二膳食べた。大きな黒豆がモッチリとして美味しかった。茹で汁を入れすぎたかと心配したがまずまずであった。残りはおにぎりにした。これを持って何処...

  •  4
  •  0

パッションフルーツの花芽

パッションフルーツ2株育成中。(勝手に大きくなっている)よく見たら花芽があるではないか。円錐形の手の方。グリーンカーテンの方。何れも今までにない花芽の数だ。これは期待できそう!よーく観察してないと開花と受粉を逸する事になりそうだ。毎朝ご挨拶をしなくっちゃ。...

  •  2
  •  0

ピラティスにおけるロールアップとロールダウン

誕生日の1週間前、ヨガやエアロ・ピラティスを教えて貰っている先生にそっと打ち明けた。「来週の誕生日が来ると私の目標の一つが達成します」と。70才までスタジオのレッスンを続けると言うのがその目標だったのである。そして先だっての誕生日に先生はそっとプレゼントを下さった。拡大する とある。そしてレッスンの最後に「nekoさんはこういう目標を達成されました。拍手?」と言って下さった。そして「次の目標は?」...

  •  4
  •  0

可愛いベビーちゃん

昨年結婚した二人に2世が誕生した。赤ちゃんを連れて挨拶に来てくれた。ずっと眠っていたがムッチリした足やくびれのあるお手手を触らせて貰った。そして頂戴した内祝いだという品。包装だけでも驚いたのに中を見て「おお!」若い二人はセンスに脱帽した。胡遥ちゃんよ 健やかに!...

  •  0
  •  0

田んぼ道で見たもの

相も変わらず自転車通勤?田んぼ道の途中で見たものは・・・早く刈ってよと言わんばかりの小麦こちら5月に植えられた稲見とれていてスポーツクラブのスタジオレッスンに遅刻しそうになった自走式の噴霧器。動画で撮ったので、適当に編集し、ユーチューブへアップした。題して 無人噴霧器そんなお遊びをしつつ今日も一日過ぎていった。...

  •  2
  •  0

人生の残りはいかほど?

ついこの間還暦だと驚いていたのに、古来稀なる年齢になってしまった。(「古希」数え年で言うのらしいから本当なら昨年なのだが・・・)あっという間の10年だった。喜寿・傘寿・米寿と寿げるのだろうか?60歳の時は自分が年をとったという感じはしても、先行きの事はさほど思わなかった。しかし今度は「あとどれ位?」と思うと、物に執着するのはやめようと思う。「これを残してどうするの?」とか「少しは整理しなくっちゃ」...

  •  8
  •  0

スポーツクラブでの応援

No image

震災の応援(スポーツクラブへ行ったらその都度100円ずつカンパ)を中止してしまった。3月から5月末までは「チャリン」と入れていた。しかし、そのチャリンに、受付の方が「ありがとうございます」と言われるのが反対に恥ずかしいような気になってきたのである。ずっと続けてきたのでやめた事に、居心地が悪いような気もする。それでと言うわけではないが、息子が応援している大槌町を支援する所へ主人と自分名義で寄付する事...

  •  2
  •  0

歩いた魚釣り

「かやのたも」さんのブログで滋賀県犬上川の子鮎つりを読んだ。ここ数年「今年も駄目らしいよ」とか聞こえてきたり、実際出かけてみても「やっぱりねー」という具合で全然関心がなかったのに沢山の子鮎を見てしまったのが運の尽きだった。(ビギナーの自分たちも釣れるような気分になってしまったのだ)「子鮎つりに行かない?」と餌を撒いたら「ええなあ」と食いついてきた人が一人。例の如く、とても魚釣りに行く時間ではない時...

  •  8
  •  0

幼き子(?)たち

夏野菜の花が咲き、幼い果が見え出した。野菜を育てていて一番楽しい時かもしれない。毎日眺めて「昨日より大きくなった!」などと幼い子どもを見るように眺めて楽しむ。サツキが五月晴れの空に映えている。HPトップの花。毎年同じものしかないのだが5月分をアップした。          クリックで飛びます。...

  •  9
  •  0

撤収と収穫と植え付けと経過

スナップエンドウとツタンカーメンのエンドウを撤収した。 両者とも種を採りたくて今まで放置しておいた。 「お後がよろしいようで・・・」とゴーヤや西村茄子植え付けを待っている。 玉葱も全部倒れたわけではないが結構大きくなっているし、あいだにモロッコインゲンが入れてあるので穫り入れた。 昨年は不作だったが今年は豊作と言えるかもしれない。(たかが100本程度だが・・・) とう立ちが1本もないのは近年稀なことだ...

  •  2
  •  0

雨後の畑で

盛大に雨が降った後の私の畑。予想通りグチャグチャで、ナメクジやカタツムリの這った後がくっきり。ナスは何に食べられているのか?大きな葉を広げたズッキーニ。葉陰でドカンと大きくなっていた。今回はトウガンのように薄味の和風煮物にし、ワサビを添えて食べた。これは老夫婦向きの食べ方だ。...

  •  0
  •  0

「サラバンド」の終焉

玄関前を彩っていたバラ「サラバンド」が雨に打たれ終わりをむかえた。散るに任せておいたので掃除をしなくちゃいけないな。一方今年買った「バレリーナ」はまだまだ健在である。こちらは四季咲きだというのでまだ今後も楽しめそうだ。大事にして今後の花を見たいものである。畑のみまわりは長靴が必要だ。きっと悲惨な状態になっているだろう。天気が回復すると忙しい。...

  •  0
  •  0

捨てられない工業用ミシン

今から15年以前の25年間位はずっと内職仕事として工業用ミシンで子どもの洋服を縫っていた。当地方は繊維産業(既製服)が盛んだったので、外へお勤めに行かない人は何らかの形で縫製の仕事をしていた。若い人はミシン仕事をし、おばあちゃんたちは纏め(ボタンをつけたりまつったりの仕事)に勤しんだものだった。結婚する前に洋裁はおろかミシンも使った事がなかったのに、義姉から(彼女は超ベテランの縫製者)が「良かった...

  •  6
  •  0

「まめに暮らそかね」その2

そら豆、今度は洋風料理として登場。玉葱1個を薄くスライスして炒め、塩コショウを振りマヨネーズで和える。耐熱皿にそれを入れ、サッと茹でて薄皮を剥いたそら豆をのせてチーズも散らしてトースターへ。チーズが良い色になって来たらOK。イタリアンパセリを散らし、タバスコを振って出来上がり。これは上出来の味だった。「だし醤油で和風も可」とあったがタバスコを選択して正解だった。ピリ辛が何ともいえずよかったのだ。一...

  •  2
  •  0

お墓ってなあに?

月末は定例の膝のヒアルロンサン注射と生活費降ろし。加えて31日は上天気だったので久しぶりにお墓へお参りに行ってきた。枯れた花に腐った水。雑草も生えていた。本家と実家のお墓にお参りをした。  自分ちの墓を建てるという予定で墓地の権利はある。勿論まだ墓は建立していない。周囲で家族が亡くなったお家がぼちぼち(シャレではない)建立されている。そこを草とりしながら「ここへ主人か自分が死んで墓を建てても守をす...

  •  2
  •  0