nekoの日記帳

Category未分類 1/9

野菜も熱射病

ジャンボシシトウはやけど?坊ちゃんカボチャも残っていた2個が腐りかけていた。いいところだけ使って焼いて、塩・オリーブオイルお好みでどうぞ!さっぱりとしていると好評だった。いいところだけ使って煮た。 これまた美味しかった。信州ドライブ旅行 その4 「霧ヶ峰 八島湿原の花たち」アップしたが、花の名前が怪しいのであえて書かないまま編集した。(要するに手抜きである)...

  •  4
  •  -

往生されたお義兄さん

施設へ入っていた義兄が入院し、危ないと連絡があったのが6日で7日の夜には亡くなった。大家族の長男として家を守り、家族を守ってきた人だった。小柄な体ながら国鉄の機関車の運転士として勤め上げ、趣味は水墨画だった。その絵も初めは絶対に貰えなかったが、晩年にはかなりの点数を頂戴出来たので、良き形見の物となった。これは、初期の物でまだ雅号が書かれていないが、息子は立派な作品を頂戴して持っている。ひ孫たちと交流...

  •  6
  •  -

朝井まかて「最悪の将軍」

朝井まかてによる綱吉の物語。一般的に我々がイメージしている綱吉は生類憐みの令を出した愚昧な将軍である。柳沢吉保を寵愛し、様々なうわさ話なども小説などで知るし、忠臣蔵などでもあれこれ書かれている。朝井まかては舘林宰相だった綱吉がどうして将軍になったか。兄の4代将軍を敬愛して徳川ももう武ではなく分の世にしていくべきだと考えたとある。弱い者たちを助けねばいけないという思惑で出した生類憐みの令も曲解されて...

  •  4
  •  -

柚月裕子「孤狼の血」

柚月裕子「孤狼の血」を読み終えた。 この著者の本は初めてで、女性が警察とかやくざの抗争を書くとは思っても居なかった。作者名を知らなかったら著者は男性だと思ったような書き方である。昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のや...

  •  4
  •  -

Windows10のバージョンが1703になってから

Windows10のバージョンが1703になってから2週間。自分で気が付いたことの一つに画面の中央に一瞬だが「あ」とか「A」とか表示されるようになったことである。うっとうしいと思いながらも瞬間なのでそのままにしていたが、夏休みでもあるし、検索してそのうるさい設定を外すことにした。言語バーのツール→プロパティで「IME入力通知の切り替え通知」を簡単に外すことが出来た。もう一つはコントロールパネルは何処へ行った?である...

  •  8
  •  -

初プールと白いエプロン

昨年末は28日が最終。今年初めてのスポーツクラブ行き。「おめでとうございます!今年もよろしく!」見る顔、見る顔に挨拶をする。あのお父さんも、ずっと年上のお母さんも元気そうで何よりだ。ご主人の介護の合間を縫ってストレス発散にと来るお母さんも・・・右肩が痛くて回らないのでスイミングはせずに、水中歩行を専門に1時間。コースで一人だけの時は中央を歩いて動作も大きく歩く。友達が来たらもうおしゃべりが中心にな...

  •  6
  •  -

もらって貰った青いトマト

12月になった。いくらなんでももう終わりにしようとトマトを千切った。パソコンの会へ持参して「どう?」と言って無理やり配った。パソコンのピクチャーの中にはイタリアントマトフォルダが作ってあって、今年の植え付けから終了までの様子がずらりと並んでいる。8ヶ月の長丁場。トマトも頑張ったが写真を撮りまくった自分もよく頑張った。動画かホームページ(まだ残してある)にでもアップしたいものである。...

  •  8
  •  -