nekoの日記帳

身のまわりの気づいた事・思ったことなどをメモ帳代わりに書いていきます

YouTubeへのコメント

パソコンにもスマホにもYouTubeへ新しく動画がアップされたら通知を受け取るようにしてある。
勿論、その範囲は狭い方々だが、すぐに観てすぐにコメントを書きたい。

パソコンでしかコメントを書いた事がなかった。
スマホではコメント欄が見当たらないまま放置してあった。

スマホからのコメント欄のありかをたまたま知った。

動画を表示させた状態で一番下までスクロールするとそこにあった。
いもこさんの淡墨桜の動画へ「音声文字変換」へしゃべったのをコピーして貼り付けた。
YouTubeへのコメント


プログのプロフィールのGIF動画の黒猫を静止画にした。(ちょろちょろと動くのが目障りだったので)
新規_3

同様にプラグインの時計も外した。


テンプレートを変えたい。

今はFC2の共有テンプレートからVanillaaice(Akira)氏の「Bron-Broen]というのを使わせて貰っている。
全文表示というスタイルなのでこれを要約スタイルのテンプレートに変えたいと思っている。
今まではパソコンでしか見る機会がなかったブログもスマホでちゃちゃッと眺める事が多くなった。

同じAkira 氏のテンプレートの「要約」というのからあれこれ探してみた。
この3点に絞ってダウンロードし、自分のブログをプレビューでみてみた。
El-zigzag.jpgFall.jpg
Colony.jpg

プレビュー画面。
これは?1

これは?2

これは?3
うーん。悩む。何も触らなくていいのはちょっぴり寂しいけど、シンプルイズベストという事もありか?

この新コロナウィルスでこもっているうちにテンプレート変更をやりたい。

今さら知った地名の読み方ふたつ

連続テレビ小説「スカーレット」が終わる。
舞台となった信楽はちゃんとシガラキと以前から読めていた。

しかし、三重県の伊賀(イガ市)とセットで覚えている滋賀県の甲賀市はコウガだとばっかり思っていたが、『ブラタモリ』で「え?濁らないの?」と知った。

もう一つはごく近場の川の名前の読み方。
「三水川」と書かれているが読み方はサンズガワかなあと思っていた。

古墳の桜を見に行った時に,、ここのすぐ下から流れている三水川の桜もお勧めだと教えられた。
地元出身とおっしゃる方だったのでその川の呼び方をしっかりと尋ねた。
「三途の川ではないですよ。ミミズガワと読んで下さい」と教えられ、「川の西側の方もこの世の方ですね」と言って大笑いした。
偶然とはいえ間違った読み方をしていたのと、読めなかった川の呼び方を知ることが出来た。

「スカーレット」最終回を記念して窯で燃え上がる炎をイメージしてGIFアニメを作った。
仲良し掲示板の自由課題と兼用である。
フレア


うつ向かない、頭を振らない

発症3日目でまだめまいが収まらない。
絶好の草取り天気だし畑仕事も待っているが、俯いたり頭を動かすとめまいがするのでパソコンやテレビと正対して過ごした。

パソコンでは角田光代さん訳の「源氏物語」の一部を読んだ。(「桐壺」を全部)
全く現代文で書かれているから頭をひねる事もなく読める。
瀬戸内寂聴さんが訳者の先輩として角田さんの訳が完成したことを大いに喜んでおられたのを新聞のエッセーで読んだ。
また、「サワコの朝」に出演し5年間かけて(ほかの仕事は一切しなくて)訳したのが完成したというのもみたので、どんな本なのだろうとは思っていた。
図書館で検索したけど該当する本がなく、ネット検索したら試し読みにたどり着いてなるほどと納得しながら読んだ。
「桐壺」の全部と「帚木」の一部までだからかなり長い試し読みになった。
角田光代源氏物語試し読み

上・中・・下とあって、とても自分では買うお金がない。
リクエストしたいけど在庫がない本はネットではどうやったらいいのか?(今まではカウンターで用紙に書いてリクエストしていたが今は×だとかになっている)
今度行ったら尋ねてみよう。

今読んでいるのはこれ。戦記ファンタージーとか言われている。架空の国のお話。「十二国記」が思い出される。
源匣記 獲生伝



インスタントの吸物をベースに冷凍うどんを使い、前夜のネギ坊主の天ぷらを乗せる簡略化された昼食をたべた。
吸物でうどん

光がお好き?それとも嫌い?

頭はふわふわするけど用心しいしい種蒔き仕事などをした。

以前に蒔いたトマトなど生えて来ていないかビニール内を覗いてもまだ発芽していない。

種を買って来たサラダ用ミックスを蒔いた。
小さいリーフで摘んで添え物にする葉っぱである。
サラダミックス播種

残り種のセロリとペーパーに包んであったゴーヤと今朝食べた中玉トマトも蒔いた。
光好き?
いつまでたってもこれは光が好き?嫌い?と分からなくて迷うのである。
生えてきたらラッキーと言うものばかりである。

「頑張って咲いて!」と願ってクレマチススに立派な手を用意した。
クレマチス手を取る

流石にプールは行かなくて、午後は本を読んで過ごした。
川越宗一 熱源

直木賞受賞作品だけど、どうもお口に合わなくて最後まで読み通せなかった。

医者と図書館

血液検査の予定がはいっているので朝食抜き。
そのせいではないけど何やら頭がふわふわする。ヤバイ!又だ。

先生に注射をして貰いながら尋ねた。
「こんな感じのめまいが年に二度くらいあるけど3日もすれば直る。耳鼻科へ行った方がいいですか?」と。
「平衡感覚を司るのは内耳と小脳なのだが数年も著しく変わって来ていないなら内耳でしょう。
めまいを抑える薬もありますよ。」との事だったので取敢えずそれを飲んでみようと貰った。

その足で予約本が2冊もあると連絡があった図書館へ。
貸し借りの仕方も前回で経験済みなのでスムース。
驚いたことは自分だけしかお客さんがいなかった事だった。
退館するときマスクをしてない方が来て「そうなっとるのか」とすごすご帰って行かれた。

クリニックも空いていたがドラッグストアは沢山の人がお買い物だった。
食品を眺めていたら急にお腹が減ってきたので大急ぎで帰宅し前日の茎ブロッコリーを使ってスパゲティを作って昼ご飯を食べた。
最後の茎ブロッコリー

前夜に食べた緑色。
大根葉じゃことごま油炒め

よその桜ばっかり見に行っていては失礼だと二日続けて夕べが池公園へ立ち寄ってきた。
夕べが池23日
夕べが池の桜23日

畑日和

朝、畑用の靴を履いていたら「畑日和ですなあ」とからかわれた。

前日茎ブロッコリーの連結苗を買って来たのでそれを植えようと思った。どこへ?
最後の最後になっている冬からの茎ブロッコリーが3本あるのでそれを撤収する。(その隣の水菜は先日撤去しておいた)

もうそんなに美味しくないとは言いつつも小さな蕾を切り取った。
根元はこんな風にしてあった。
ブロッコリー始末する


耕している間に夏野菜の植え方のように水を苗にたっぷり吸わせておいた。
牛乳パック・砕いておいた卵の殻は用意できたが、茎に巻く太いストローを買って来てなかった。

マルチを張り穴をあけて植えた。
補助の仮支柱もし、ビニールのトンネルをした。
ブロッコリー定植

たったこれだけに3時間もかかった。

紅菜苔も沢山食べたし、もう細い茎しか出て来ないのでついでに撤去した。
紅菜苔終了

耕しておいた。

予定の仕事が出来たので午後はプールへ。
帰宅したら明日用のブログを書いて、夕飯の支度をして、食べて、録画ドラマを観て一日が終了である。


手羽元と新タマネギの煮物

新玉ねぎが実に美味しかった。


山ほど録画した

土曜日にはプールと花見に行っている間などに山ほどの録画を予約しておいた。
中国歴史ドラマ2話分。デンマークのドラマ4話分。
そして本日のメインは福山雅治デビュー30周年の記念LIVE。

本当なら横浜アリーナでたくさんのファンを楽しませるLIVEのはずだったが新コロナ騒動で中止になった。
けれど中止で終えなくて、何とスタジオからLIVE放送をする(時間は短縮)という。
どうやって2時間半以上スタジオだけで盛り上げるのだろうと興味津々での録画である。(まだ観てない)

日曜日の朝になって、ふと思い出したのが本木雅弘のドキュメンタリー番組をやるという事。
でもいつやるかとかなど、おぼろげにしか思い出せなくて焦った。
樹木希林さんの密着取材の番組を見たことがあり、婿殿の番組も見たいのである。

放送済みでなくてよかった。
28日土曜日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」SP版だそうな。

こうしてまた録画予約をいれ、録画した番組が溜まってしまうのである。

日曜日には映画「居眠り磐音」から観た。
松阪桃李は「虎狼の血」「娼年」と最近映画やドラマでよく見るのだが好きかと言われると「うーん」という返事の人である。
それでも最後まで見た。ブルーレイにも焼いた。
松阪桃李の磐音

NHKの時代劇ドラマ(山本耕史の磐音)を父さんはよく観ていたので「映画の磐音観てみるかね?」と言って差し出したら珍しく「おう」と返事が返って来た。


近所の早咲きの桜風景。
早咲きの桜と菜の花

菜の花に近寄ってみればなんとでっかい蕪から出ている花であった。
菜の花の正体

お寺のしだれ桜

てつさんが「護国神社の桜を見て次に行ったところ林陽寺」と書かれ、写真が載っていた。
見事なしだれ桜が・・・行った事がない。
調べたら護国神社から長良川の堤防をさかのぼった岩田西。遠くはない。

プールから帰ったら見に連れて行ってと頼んでおいた。

午後1時半ごろ、好天気の土曜日であちこち道路は渋滞するし(三連休中はあかんと言ったやろとちょっぴり苦情を貰った)、あわよくばと思った護国神社は川原の駐車場へも大混雑のありさまなので、道路から「おお、見事に咲いている」と横目で見てスルー。

林陽寺は堤防を走っていくと「あ、あそこだ」とピンク色の桜ですぐに分かった。
林陽寺のしだれ桜
林陽寺桜2
林陽寺裏手の桜

初めての所って新鮮でいい。
美しいしだれを堪能させて貰ったが、来た道は大混雑だったからそれを避けようというのと、古墳の桜はどれくらい咲いたかな?霞間ケ渓のさくら会館のしだれはいかに?と欲張りばあさんがスマホに道案内させて父さんに走って貰った。
(初めて通る道もあったが無事に行けた)

古墳そばの桜はまだ満開ではなかった。
さくら会館の桜は満開だったが日が傾いて山陰になっていてちょっぴり残念だった。
早咲きの桜3月21日


ばたばたの桜見物だったが早咲きのさくらを見ることが出来て満足な午後だった。