nekoの日記帳

身のまわりの気づいた事・思ったことなどをメモ帳代わりに書いていきます

いいおしめりで・・・

待望の雨が降ってカラカラの畑の土を潤した。

大根の種蒔きと白菜の定植した。
昨年やってみた「まこちゃん農法」での大根の調子が良かったので今年も牛乳パックや卵の殻の再利用をした。
ままごとみたいな畑仕事

夕方から娘夫婦と息子が来た。
いつも食べている物を食べて貰った。
あれこれ普段と同じ料理
鶏肉アーリオオーリオとシャキシャキじゃがいも
天ぷらもやゴーヤ・なす・カボチャ・みょうがやニンニクなど野菜物ばかりだったが完食してくれたので嬉しかった。

〆は梅味噌をつけた焼きおにぎりにした。

長岡弘樹 「119」と休館日

少し前のことだが、頼んであった本、長岡弘樹「119」が借りれたので読んだ。

教場シリーズは警察学校だったがこちらは消防署に関しての連作短編でスタイルは教場とほぼ同じである。

消防士の全体的な任務は、「火災の鎮火」と「人命救助」であり、「消火隊」「救急隊」「救助隊」がある。
人命にかかわる大事な仕事ならではの訓練などと共に、様々な人間模様も描かれている。
長岡弘樹 119

字も大きいのでササっと読めてしまった。
次の人が待っておられるとの事だし、「ご希望の本が用意できました」とメールも入って来たのですぐに出かけた。
それが17日の火曜日の事。
月曜日が休日の時は次の火曜日が休館日というのを失念していた。
返却ボックスがあるので返す事だけは出来た。
借りる方は1週間以内に受け取りにいけばいいのでまあよしとしよう。

青空に映えて

7月半ばに第二弾のズッキーニの種を蒔いた。
種が残っていたので、夏の終わりに採れないかと思ったのである。
ぐんぐん大きくなって来て雌花もいっぱいなのだが授粉させても結実しなくて腐っていく。
「今度はどうだ!」とやってみたけど一つも収穫できず。
二度目のズッキーニ
冬野菜に場所を譲ってもらうことにした。

日差しは強いが西から風が吹いて空の色も澄んでいる。
やっと本当に秋がきたらしい。パジャマを長袖にした。
青空に映えて


※ ラグビーワールドカップ
今日からラグビーワールドカップが開催される。
それに合わせたテレビドラマ「ノーサイドゲーム」を観ていた。

今夜はラグビー映画を放映する。「インビクタス 負けざる者たち」
南アのネルソンマンデラとラグビーチームの交流を描いた実話を基にした映画。
モーガン・フリーマン(大統領役)マット・デイモン(低迷していたラグビーチームキャプテン)に監督がクリント・イーストウッドという大好きなキャストだったので父さんを誘って映画館まで見に行った記憶がある。
「重複しているのでこれ以上は録画出来ません」というのでやむを得ず一つを消して「インビクタス」をもう一度見るべく予約した。

ひき肉シリーズ その3

新聞の料理でのひき肉シリーズ最後は豚肉を使ってのシューマイだった。

シューマイは一度も作った記憶がないから初体験だ。(この頃は記憶もおぼろになっているので怪しいが・・・)
初めてのシュウマイ1

この包み方が新聞に載っていたので真似はした。
シューマイ簡単な包み方

初めてのシュウマイ2

形は肉団子化しているし最高の味とは言えないが、やってみた事、出来た事に丸をつけてもいいかな?

ホウレンソウの種蒔き用意と買った苗

昨年買って残っていたホウレンソウの種。

駄目でもいいやと蒔く準備をした。
ホウレンソウ播種準備


白菜金将2号連結セル6個入りと早生無双のポットを2株・水菜1ポット(3本生えている)を買って来た。
白菜と水菜の苗

一度お湿りがあったら植えよう。