nekoの日記帳

身のまわりの気づいた事・思ったことなどをメモ帳代わりに書いていきます

痛恨のミス

レースカーテンを受け取りに行って貰った土曜日。
プールから帰ったら古いカーテンと付け替えの最中。
縁側に下がっているのが「え?どうしたの」
寸足らず

丈はちゃんと合っているのに幅が全く足りない。
仕様書の出来上がり幅は180㎝となっている。
店へ持参した紙をみると採寸170㎝と書いていた。(出来上がり幅は何%かプラスした物になる)
もう一つ前の最初に採寸してそれぞれの絵もかいて寸法を書いた物を見たら・・・
270㎝だった。
メモから注文書に書き写すときに間違えたのが判明。

泣いても口惜しがっても自分のミス。泣けてきた。

4ヶ所中、その他の所はぴったりと合っていた。
ほかの所
「もう一度買って来なくちゃしかたがないやろ」と慰めの言葉はあっても落ち込むことに変わりはなし。

予想していたより遮光性が高くて今までより暗く感じられる。

気を取り直して再度店へ行き縁側1間半分のを注文して来た。
再注文品

16000円余り余計な出費になってしまった。
ミスしたカーテンは1間分なので、今回は新しくしなかった二階の窓に寸を詰めて使うことにし、少しは慰めとした。

畑仕事日和

雨が降るかと思っていたら、案に相違して曇りから後には晴れて暖かい日だった。

朝一番に白菜や大根の跡地に施肥をしてスコップで耕した。
ミミズもカエルもごめん!
畑を耕す
これで来月にジャガイモを植える準備が出来た。
その後は草取りをした。
一枚、また一枚と服を脱いでの暖かさで仕事がはかどった。

数輪だけど芝桜が開花。
芝桜

夜にはNHKの料理番組から「ほうれん草入りのハンバーグ」を作った。
レンジでチンしてというのは初めてだ。
レンチンハンバーグ

甘辛のたれも初めての味でご飯を食べ過ぎた。

残りの白菜

残っていた白菜2株を収穫した。
外皮をいっぱいめくって新聞紙にくるんで涼しいところへ置いた。
残りの白菜2株を収穫
跡地を耕すところまでやりたかったが出来なかった。
一週間雨の日が続くというのにどうしましょう。


いもこさんのブログを見て「そうだそうだ」と寒菊に同色の紐を結んで行方不明にならないようにした。
赤の紐で
黄色の菊用の黄色の紐を探さなくっちゃ。

根元がちょっぴり膨らんで来た極早生タマネギ。
極早生タマネギ1月25日

Full Page Screen Capture

いもこさんがほぼ毎日JTrimを使っての画像加工の手順をアップして下さっている。
すぐには真似できなくてもやり方だけは保存しておく。
スニッピングツールで手本の画像と作り方を一緒に切り取って名前を付けて保存する。
便利なスニッピングツールだがページをスクロールしながらは切り取れない。

24日分は四角と丸の画像見本と作り方が書かれていたので縦に長くてズームを50にしても一度に切り取れなかった。

ウェブページ全体を画像で撮るのがあったような記憶。
「Full Page Screen Capture」Chromeの拡張機能で入れてあったのを思い出した。
全体と欲しいとこだけと

画像の形式はPNGだったのでカットした物でも900KBもある。
「Full Page Screen Capture」のオプションを眺めたらPNGでなくてもいいみたいだったので変更した。
(精密な画像でなくてもテキストとして使えればいいので)
オプションんで画像形式を変更


拡張機能を使わなくても出来る方法もあった。
キーボードでフルCapture

理屈は分からないけどやってみたら出来た。

足りない脳みそを駆使して

吉田篤弘 「天使も怪物も眠る夜」
天使も怪物も眠る夜

足りない脳みそを総動員しても読み進みたくなる本。
昨年の中央公論社の螺旋プロジェクトの一番未来となる2095年頃が舞台である。
登場人物が多い。
ので、貰ったブックマーカーを挟んでおいて「あ、これって誰だったけ?」と戻って確かめたり、また本文に戻ったり。
登場人物は多数

未来において 海族と山族の対立はどのような決着をみるのか。 壁により隔たられた人々はどうなるのか。
不眠が蔓延した世界では 寝る間を惜しんで読んでしまう面白い本は排除され、 眠気を誘う面白くない本がベストセラーになっている。

さすれば自分にとってこの本は排除されるべき本に分類される。(夜も読みたいし、許されるなら朝も昼も読み進みたい)
そうはいってもまだやっと半分に到達した所だからこれからどんな展開になっていくのかという楽しみもとっておかなくちゃ。



恩田 陸 「歩道橋シネマ」は18の短編からなる本だった。
ホラー・SF・ミステリなどなんでもありだった。
面白かったのは「トワイライト」と「柊と太陽」だけだった。

「祝祭と予感」以来の恩田陸だった。